尖圭コンジローマ

出典: meddic

condyloma acuminatum, condylomata acuminata
陰部疣贅 genital wart性病疣贅 venereal wart尖圭コンジローム
ヒトパピローマウイルスウイルス性感染症




  • ヒトパピローマウイルスによる感染症
  • 潜伏期:3週-8ヶ月間(平均2-3週間) (G9M.72)
  • 外陰部に鶏冠状外観を呈する腫瘤を形成する。
  • 子宮頚部や腟内に鶏冠状外観を有する腫瘤を形成しうる。
  • 産道感染により新生児に多発性咽頭乳頭腫や若年性再発性気管乳頭腫症を来しうる。


[show details]

国試

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/04 00:04:44」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肛門部尖圭コンジローマ症例のHPVタイプについての検討 (第二報) : HIV陽性症例におけるハイリスク型HPVの関与
  • 指山 浩志,辻仲 康伸,浜畑 幸弘,堤 修,赤木 一成,星野 敏彦,南 有紀子,角田 祥之,松尾 恵五,中島 康雄,高瀬 康雄,新井 健広,北山 大祐,金 忠日,齋藤 謙吾,白澤 浩
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 64(1), 11-16, 2011-01-01
  • 目的:肛門部尖圭コンジローマ症例(ACA)におけるハイリスク型,ローリスク型HPVの関与を調べる.方法:33例のACA切除標本についてhybrid capture II(hcII)法とpolymerase chain reaction(PCR)法でHPV型を検索した.結果:ハイリスク型HPV陽性例はPCR法では51型1例であり,hcII法では10例であった.hcII法とPCR法で相違が見られたため …
  • NAID 10027718671
  • ウイルス性性感染症のワクチン戦略
  • 川名 尚
  • 帝京平成看護短期大学紀要 (21), 15-18, 2011-03
  • NAID 40019017884

関連リンク

尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ、ラテン語: condylomata acuminata)あるいは 尖圭コンジロームとは、ヒト乳頭腫ウイルス (HPV) の感染によって発症する性行為感染 症。 陰茎・亀頭・陰嚢・肛門・小陰唇・大陰唇・膣内・会陰部・大腿・まれに口唇・口腔内 ...

関連画像

232_6子宮 腟 部 周囲 イボ の 症状 痛くない尖圭コンジローマ治療尖圭コンジローマ 炭酸ガスレーザーの保険適応 尖圭コンジローマ263_1外陰部尖圭コンジローママクロ


★リンクテーブル★
先読みウイルス」「venereal wart
国試過去問102I041」「103D042」「108E041」「105E045」「101F049」「106A017」「105I005」「104I003」「103I021」「102A012
リンク元感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則」「性感染症」「産婦人科学」「ヒトパピローマウイルス」「condylomata acuminata
拡張検索子宮頸部尖圭コンジローマ」「尿道尖圭コンジローマ」「巨大尖圭コンジローマ
関連記事コンジローマ」「尖圭

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




venereal wart」

  [★]

性器疣贅性病性疣贅性器いぼ

condylomata acuminatagenital wart


102I041」

  [★]

  • 27歳の女性。1回経妊、未経産。子宮頸癌検診での細胞診の結果がクラスIIIbのため来院した。特に症状はなく、既往歴にも特記すべきことはない。喫煙は15本/日を5年間。母が子宮頸癌で、58歳時に手術を受けている。内診所見では膣鏡診で異常なく、双合診で子宮は鶏卵大に触れ、両側付属器は触知しない。直腸診で両側の子宮傍組織に抵抗を触れない。コルボスコピー所見を以下に示す。
  • 最も考えられる子宮頸部疾患はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102I040]←[国試_102]→[102I042

103D042」

  [★]

  • 24歳の初妊婦。妊娠14週。子宮頸部細胞診の異常と外陰部腫瘤とを指摘され来院した。細胞診はクラスIIIa。視診では、腟壁および外陰部に鶏冠状外観を呈する腫瘤を認める。外陰部の写真を以下に示す。
  • 正しいのはどれか。3つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 103D041]←[国試_103]→[103D043

108E041」

  [★]

  • 39歳の女性。子宮頸がん検診の細胞診で異常を指摘されたため来院した。不正性器出血はなかった。初経 12歳。月経周期 28日、整。腟鏡診で分泌物は白色少量である。酢酸加工後のコルポスコピィの写真 (別冊 No. 7)を別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108E040]←[国試_108]→[108E042

105E045」

  [★]

  • 22歳の女性。無月経と右下腹部痛とを主訴に来院した。体温37.8℃。脈拍104/分、整。血圧88/60mmHg。妊娠反応陽性。経腟超音波検査で子宮内腔に胎嚢はみられず、右付属器周辺に22mmの腫瘍陰影を認める。
  • この病態の原因となった可能性の高い性感染症はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E044]←[国試_105]→[105E046

101F049」

  [★]

  • 尖圭コンジローマで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F048]←[国試_101]→[101F050

106A017」

  [★]

  • クラミジア感染症が原因となるのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106A016]←[国試_106]→[106A018

105I005」

  [★]

  • 外陰の潰瘍をきたすのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I004]←[国試_105]→[105I006

104I003」

  [★]

  • 外陰部疼痛をきたすのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104I002]←[国試_104]→[104I004

103I021」

  [★]

  • 苛性カリ<KOH>直接検鏡法が診断に有用なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I020]←[国試_103]→[103I022

102A012」

  [★]

  • ウイルスが原因でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102A011]←[国試_102]→[102A013

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則」

  [★]

感染症法法令

第1条

五類感染症

 第三章 感染症に関する情報の収集及び公表

(医師の届出)

第4条

  • 3 法第十二条第一項第二号に規定する厚生労働省令で定める五類感染症(法第十二条第一項の規定により、当該感染症の患者について届け出なければならないものに限る。)は、次に掲げるものとする。
  • 一 アメーバ赤痢
  • 二 ウイルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く。)
  • 三 急性脳炎(ウエストナイル脳炎、西部ウマ脳炎、ダニ媒介脳炎、東部ウマ脳炎、日本脳炎、ベネズエラウマ脳炎及びリフトバレー熱を除く。)
  • 四 クリプトスポリジウム症
  • 五 クロイツフェルト・ヤコブ病
  • 六 劇症型溶血性レンサ球菌感染症
  • 七 後天性免疫不全症候群
  • 八 ジアルジア症
  • 九 髄膜炎菌性髄膜炎
  • 十 先天性風しん症候群
  • 十一 梅毒
  • 十二 破傷風
  • 十三 バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症
  • 十四 バンコマイシン耐性腸球菌感染症
  • 十五 風しん
  • 十六 麻しん

(指定届出機関の指定の基準)

第6条

  •  法第十四条第一項 に規定する厚生労働省令で定める五類感染症は、次の表の各項の上欄に掲げるものとし、同項 に規定する五類感染症の発生の状況の届出を担当させる指定届出機関の指定は、地域における感染症に係る医療を提供する体制、保健所の設置の状況、人口等の社会的条件、地理的条件等の自然的条件その他の地域の実情を勘案して同欄に掲げる五類感染症の区分(以下この条並びに次条第一項及び第三項において「五類感染症指定区分」という。)に応じ、原則として当該各項の下欄に定める病院又は診療所のうち当該五類感染症指定区分の感染症に係る指定届出機関として適当と認めるものについて行うものとする。
RSウイルス感染症咽頭結膜熱、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、感染性胃腸炎水痘手足口病伝染性紅斑突発性発しん百日咳ヘルパンギーナ及び流行性耳下腺炎 診療科名中に小児科を含む病院又は診療所
インフルエンザ(鳥インフルエンザ及び新型インフルエンザ等感染症を除く。) 診療科名中に内科又は小児科を含む病院又は診療所
急性出血性結膜炎及び流行性角結膜炎 診療科名中に眼科を含む病院又は診療所
性器クラミジア感染症性器ヘルペスウイルス感染症尖圭コンジローマ及び淋菌感染症 診療科名中に産婦人科若しくは産科若しくは婦人科、医療法施行令(昭和二十三年政令第三百二十六号)第三条の二第一項第一号ハ及びニ(2)の規定により性感染症と組み合わせた名称を診療科名とする診療科又は泌尿器科若しくは皮膚科を含む病院又は診療所
クラミジア肺炎、(オウム病を除く。)、細菌性髄膜炎ペニシリン耐性肺炎球菌感染症マイコプラズマ肺炎無菌性髄膜炎メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症、薬剤耐性アシネトバクター感染症及び薬剤耐性緑膿菌感染症 患者を三百人以上収容する施設を有する病院であって、その診療科名中に内科及び外科を含むもの

(感染症の発生の状況及び動向の把握)

第7条

  •  法第十四条第二項 の届出は、当該指定届出機関に係る五類感染症指定区分の感染症の患者又はこれらにより死亡した者については診断し、又は検案した日の属する週の翌週(診断し、又は検案した日が日曜日の場合にあっては、当該診断し、又は検案した日の属する週)の月曜日(前条第一項の表の四の項の上欄に掲げる五類感染症、ペニシリン耐性肺炎球菌感染症、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症、薬剤耐性アシネトバクター感染症又は薬剤耐性緑膿菌感染症に係るものにあっては、診断した日の属する月の翌月の初日)に、当該指定届出機関に係る疑似症指定区分の疑似症の患者については直ちに行うものとする。ただし、次に掲げる場合は、当該届出をすることを要しない。
  • 一 当該指定届出機関(患者を三百人以上収容する施設を有する病院であって、その診療科名中に内科及び外科を含むもののうち、都道府県知事が指定するものに限る。)に係る前条第一項の表の二の項の上欄に掲げる五類感染症の患者に係るものにあっては、当該患者が入院を要しないと認められる場合
  • 二 当該指定届出機関に係る疑似症指定区分の疑似症の患者に係るものにあっては、当該疑似症が二類感染症、三類感染症、四類感染症又は五類感染症の患者の症状であることが明らかな場合
  • 2 法第十四条第二項 に規定する厚生労働省令で定める事項は、前条第一項の表の二の項の上欄に掲げる五類感染症に係るものについて前項第一号の指定届出機関が届け出る場合にあっては診断した患者に係る集中治療室及び人工呼吸器の使用の有無並びに脳波検査その他急性脳症の発症の有無を判断するために必要な検査の実施に関する事項とし、前条第一項の表の五の項の上欄に掲げる五類感染症に係るものにあっては原因となった病原体の名称及びその識別のために行った検査の方法とする。
  • 3 法第十四条第三項 に規定する報告は、五類感染症指定区分の感染症の患者又はこれらにより死亡した者に係るものについては同条第二項 に規定する届出を受けた後七日以内に、疑似症指定区分の疑似症の患者に係るものについては直ちに行うものとする。

法令

  • 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則(平成十年十二月二十八日厚生省令第九十九号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10F03601000099.html


性感染症」

  [★]

sexually transmitted disease, STD, STI
性行為感染症
性病

定義

  • 性行為を介して、ヒトからヒトへ病原微生物が直接伝播する感染症の総称
  • 性行為は性交のみに限らず、また異性間の場合も同性間の場合も含まれ,性器以外の性交に類似した行為も該当する。

疫学

♂:淋菌性尿道炎 > クラミジア性尿道炎 > 性器ヘルペス > 尖圭コンジローマ ♀:クラミジア性尿道炎 > 性器ヘルペス > 尖圭コンジローマ > 淋菌性尿道炎

性感染症

病原体 感染症 原因ウイルス
ウイルス 性器ヘルペス 単純ヘルペスウイルス
尖圭コンジローマ子宮頚癌 ヒト乳頭腫ウイルス
B型肝炎 B型肝炎ウイルス
C型肝炎 C型肝炎ウイルス
エイズ ヒト免疫不全ウイルス
成人T細胞白血病 ヒトTリンパ球向性ウイルス
サイトメガロウイルス感染症 サイトメガロウイルス
伝染性軟属腫 伝染性軟属腫ウイルス
伝染性単核症 EBウイルス
細菌 梅毒 梅毒トレポネーマ
性器クラミジア感染症 クラミジア・トラコマチス
淋病 淋菌
軟性下疳 ヘモフィルス・デュクレイ
鼠径部肉芽腫 肉芽腫カリマトバクテリウム
赤痢 赤痢菌
非淋菌性尿道炎 クラミジア・トラコマチスマイコプラズマウレアプラズマ
真菌 口腔カンジダ症 カンジダ
非淋菌性尿道炎 カンジダ
寄生虫、
原虫
いろいろ トリコモナス
非淋菌性尿道炎 腟トリコモナス
アメーバ赤痢 赤痢アメーバ
毛ジラミ症 Phthirus pubis
疥癬 疥癬虫
白癬 Trichophyton rubrum, Trichophyton mentagrophytes
ランブル鞭毛虫下痢症 ランブル鞭毛虫

治療薬

QB.Q-265
淋疾 淋菌 ペニシリン、セフェム(セフトリアキソン)
非淋菌性尿道炎 クラミジア・トラコマティスなど テトラサイクリンマクロライド
外陰ヘルペス 単純ヘルペス アシクロビル
梅毒 梅毒スピロヘータ ペニシリン
鼡径リンパ肉芽腫症 クラミジア・トラコマティス テトラサイクリンマクロライド
軟性下疳 ヘモフィルス・デュクレイ マクロライドテトラサイクリン
疥癬 疥癬虫 安息香酸ベンジル
伝染性単核球症 EBウイルス  

URL

  • 性感染症
http://sks.oriaca.net/
  • STDの現状と取り扱い
http://www.jsog.or.jp/PDF/51/5109-203.pdf




産婦人科学」

  [★]

gynecology

婦人科学 類腫瘍病変

婦人科学 外陰の腫瘍

婦人科学 膣の腫瘍

婦人科学 子宮の腫瘍

婦人科学 卵巣腫瘍

婦人科学 卵管腫瘍

婦人科学 絨毛性疾患


ヒトパピローマウイルス」

  [★]

human papilloma virus, HPV
ヒト乳頭腫ウイルス
ウイルス、Human papillomavirus infection

ウイルス学

感染症

種類

  • 低リスク:6型、11型 → 尖圭コンジローマ
  • 高リスク:16型、18型 → 子宮頚癌



condylomata acuminata」

  [★]

尖圭コンジローマ尖圭コンジローム

condyloma acuminatumgenital wartvenereal wart


子宮頸部尖圭コンジローマ」

  [★]

condyloma acuminatum of uterus, pointed condyloma of uterus


尿道尖圭コンジローマ」

  [★]

urethral condyloma acuminatum
尖圭コンジローマ


巨大尖圭コンジローマ」

  [★] ブシュケ・レーヴェンシュタイン腫瘍

コンジローマ」

  [★]

condylomacondylomata
コンジローム
-condylomata



尖圭」

  [★]

acuminate
先鋭形



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡