小脳炎

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Flutter-like oscillation と体幹失調を認めた急性小脳炎
  • 樫葉 恵子,瀬尾 徹,坂 直樹,阪上 雅史
  • 耳鼻咽喉科臨床 102(5), 343-346, 2009-05-01
  • On March 3, 2005, a 28-year-old woman consulted our hospital complaining of truncal ataxia and disequilibrium. She had experienced a common cold at the end of January. Since she could not stand alone …
  • NAID 10024763012

関連リンク

小脳の炎症。 小脳炎(しょうのうえん)小脳の炎症とはどんな病気か 炎症性の疾患としては、まず小脳炎と呼ばれる病気があります。これは細菌やウイルスが脳に直接害を及ぼす髄膜脳炎(ずいまくのうえん)の仲間ではなく、かぜ goo ...
「小脳炎」について詳しく調べられる「QLife家庭の医学」。炎症性の疾患としては、まず小脳炎と呼ばれる病気があります。これは細菌やウイルスが脳に直接害を及ぼす髄...
妻が小脳炎ですが原因不明の症状もあります なべしん 2013/10/07 (月) 初めて投稿します。今年の 1 月に妻がインフルエンザがきっかけで小脳炎になりまして、運動能力や知能の面で障害が残りました。正式に小脳炎と認定された ...

関連画像

技術 小脳炎の診断補助方法小脳炎乗り越えた鳰の湖「上 ヘルペス脳炎 (法典 都内で警告基準を超えた大流行


★リンクテーブル★
国試過去問103D003
リンク元眩暈
関連記事小脳」「脳炎」「

103D003」

  [★]

  • 麻疹の合併症はどれか。3つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103D002]←[国試_103]→[103D004

眩暈」

  [★]

げんうん、めまい
vertigo, dizziness
vertigo
めまい発作 dizzy spell
めまい、耳鳴り

めまいの分類

IMD. 276

SOD.134

原因部位による分類

めまいをきたしうる疾患

IMD.277

原因部位と眼振

原因部位の鑑別

研修医当直御法度 症例帳 p.22
  末梢性めまい 中枢性めまい
眼振 水平性 水平性
回転性 回転性
  垂直性
耳鳴、難聴
頭位 増強 軽度変化
カロリックテスト 陰性/低下 正常
意識消失 なし あり
神経症状 あり
IMD.279
  末梢前庭性めまい 中枢性めまい
性状 回転性が多い 回転性は少ない
強さ 強い 軽度
持続時間 数日まで 数日以上
眼振の方向 一方向性 注視方向性
自発眼振の性状 水平回旋性が多 純回旋性、垂直性
固視の影響 抑制される 抑制されない
注視眼振の増強する方向 健側 患側
蝸牛症状 多い
中枢神経症候 なし あり
悪心・嘔吐 軽度~重度 ない or 軽度

疫学

IMD.277
  • 1. 末梢前庭性眩暈:4-5割 → 良性発作性頭位眩暈が多い。
  • 2. 中枢性眩暈  :3割

眩暈、難聴をきたす疾患

    前庭症状 蝸牛症状 特徴
眩暈 難聴 耳鳴
薬剤性 ループ利尿薬 投与歴
アミノグリコシド系抗菌薬 投与歴
感染症 内耳炎  
新生物 小脳橋角部腫瘍 CT, MRI異常
特発性 突発性難聴 単発
特発性 メニエール病 発作性、反復性
特発性 良性発作性頭位眩暈症 ×   特定の頭位で発生。眩暈頭位の反復で減衰
炎症 前庭神経炎 × × 単発

検査

  • 中枢性めまいを疑う → 頭部単純CT
  • 末梢性めまいを疑う → Dix-Hallpike test

参考

  • 1. [charged] Benign paroxysmal positional vertigo - uptodate [1]




小脳」

  [★]

cerebellum
  • SP. 392,393
  • PT.105

発生

解剖

血管

機能概要

  • 運動のタイミング決定と一つの運動から次の運動への急速な切り替え

機能

  • ①運動開始に関与
  • ②運動学習に関与
  • ③多関節にわたる運動に関与
  • ④フィードバックモード、フィードフォワードモードに関与
  • フィードバックモード~
熟練した運動で、早く動かさないとき
  • フィードフォワードモード~
素早い運動を行うとき。学習を行うとき

入力経路

  • 3)視覚、聴覚入力
  • 5)運動の誤差情報の入力 

障害 (KAPLAN USMLE STEP 1 QBOOK p.54)

障害

  • 小脳性運動失調
  • 平衡障害、筋緊張異常、運動障害に分けられる
  • 平衡障害
  • 体幹失調=姿勢の制御不良
  • 失調性歩行
  • 注視方向への眼振(注意方向性眼振=注視眼振)
  • Tomberg兆候(-)(両側をそろえて開眼して立つ、その後閉眼しても倒れない)
  • 体幹筋失調による歩行障害(体幹歩行失調, 失調性歩行)
  • 酩酊様歩行
  • 開脚歩行
  • 継ぎ足歩行
  • 四肢の運動失調(協調運動障害)
  • ①推尺障害
  • ②変換運動障害
  • ③運動解離
  • ④共同運動不能
  • ⑤失調性構音障害

臨床関連




脳炎」

  [★]

encephalitis, cephalitis

脳炎

  • 急性
  • 遅発性


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡