小脳橋角部腫瘍

出典: meddic

cerebellopontineangle tumor, CPA tumor, cerebello-pontine angle tumor
聴神経腫瘍



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 9.三叉神経痛で発症した小脳橋角部腫瘍(脳腫瘍の画像と病理)
  • 今泉 陽一,水谷 徹,澁谷 誠
  • 脳神経外科ジャーナル 19(Supplement_2), 51-53, 2010-10-20
  • NAID 110007818581

関連リンク

聴神経腫瘍を専門的に手術する脳神経外科医が、聴神経腫瘍や小脳橋角部腫瘍 につき解説します。

関連画像

聴神経腫瘍・小脳橋角部腫瘍 小脳 橋 角 部 という 部位 の 写真) 小脳橋角部腫瘍の 聴神経 腫瘍 小脳 橋 角 部 腫瘍 聴神経 腫瘍 小脳 橋 角 部 腫瘍  部門 紹介 小脳 橋 角 部 腫瘍


★リンクテーブル★
国試過去問105A057」「107B022」「081C004
リンク元眩暈」「聴神経腫瘍
関連記事小脳」「腫瘍」「小脳橋角」「脳橋

105A057」

  [★]

  • 60歳の女性。右耳の耳鳴難聴とを主訴に来院した。最近、電話の受話器を左手に持ち左耳で聞くことが多くなった。頭部MRI(別冊No.21)を別に示す。
  • この患者にみられるのはどれか。 3つ選べ。


  • a 歩行時によろめく。
  • b 右側の同名半盲を訴える。
  • c 右側の嗅覚が低下している。
  • d 右側の顔面神経麻痺がみられる。
  • e 右側を注視すると大きな振幅の眼振がみられる。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A056]←[国試_105]→[105A058

107B022」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107B021]←[国試_107]→[107B023

081C004」

  [★]

  • 小脳橋角部腫瘍の鑑別診断について適切な組み合わせはどれ。3つ
  • (a) 頭部X線CT単純スキャン像で高吸収域-類上皮腫
  • (b) 頭部X線単純写真で側頭骨錐体部の骨硬化像-髄膜腫
  • (c) 一側顔面の疼痛で初発-第5脳神経神経鞘腫
  • (d) 反復する嘔吐で初発-第8脳神経神経鞘腫
  • (e) 進行する難聴-第8脳神経神経鞘腫

眩暈」

  [★]

げんうん、めまい
vertigo, dizziness
vertigo
めまい発作 dizzy spell
めまい、耳鳴り

めまいの分類

IMD. 276

SOD.134

原因部位による分類

めまいをきたしうる疾患

IMD.277

原因部位と眼振

原因部位の鑑別

研修医当直御法度 症例帳 p.22
  末梢性めまい 中枢性めまい
眼振 水平性 水平性
回転性 回転性
  垂直性
耳鳴、難聴
頭位 増強 軽度変化
カロリックテスト 陰性/低下 正常
意識消失 なし あり
神経症状 あり
IMD.279
  末梢前庭性めまい 中枢性めまい
性状 回転性が多い 回転性は少ない
強さ 強い 軽度
持続時間 数日まで 数日以上
眼振の方向 一方向性 注視方向性
自発眼振の性状 水平回旋性が多 純回旋性、垂直性
固視の影響 抑制される 抑制されない
注視眼振の増強する方向 健側 患側
蝸牛症状 多い
中枢神経症候 なし あり
悪心・嘔吐 軽度~重度 ない or 軽度

疫学

IMD.277
  • 1. 末梢前庭性眩暈:4-5割 → 良性発作性頭位眩暈が多い。
  • 2. 中枢性眩暈  :3割

眩暈、難聴をきたす疾患

    前庭症状 蝸牛症状 特徴
眩暈 難聴 耳鳴
薬剤性 ループ利尿薬 投与歴
アミノグリコシド系抗菌薬 投与歴
感染症 内耳炎  
新生物 小脳橋角部腫瘍 CT, MRI異常
特発性 突発性難聴 単発
特発性 メニエール病 発作性、反復性
特発性 良性発作性頭位眩暈症 ×   特定の頭位で発生。眩暈頭位の反復で減衰
炎症 前庭神経炎 × × 単発

検査

  • 中枢性めまいを疑う → 頭部単純CT
  • 末梢性めまいを疑う → Dix-Hallpike test

参考

  • 1. [charged] Benign paroxysmal positional vertigo - uptodate [1]




聴神経腫瘍」

  [★]

acoustic neuroma, acoustic nerve tumor, acoustic tumor
同?????
聴神経鞘腫 acoustic neurinoma小脳橋角部腫瘍 cerebello-pontine angle tumor
聴神経腫前庭神経鞘腫


小脳」

  [★]

cerebellum
  • SP. 392,393
  • PT.105

発生

解剖

血管

機能概要

  • 運動のタイミング決定と一つの運動から次の運動への急速な切り替え

機能

  • ①運動開始に関与
  • ②運動学習に関与
  • ③多関節にわたる運動に関与
  • ④フィードバックモード、フィードフォワードモードに関与
  • フィードバックモード~
熟練した運動で、早く動かさないとき
  • フィードフォワードモード~
素早い運動を行うとき。学習を行うとき

入力経路

  • 3)視覚、聴覚入力
  • 5)運動の誤差情報の入力 

障害 (KAPLAN USMLE STEP 1 QBOOK p.54)

障害

  • 小脳性運動失調
  • 平衡障害、筋緊張異常、運動障害に分けられる
  • 平衡障害
  • 体幹失調=姿勢の制御不良
  • 失調性歩行
  • 注視方向への眼振(注意方向性眼振=注視眼振)
  • Tomberg兆候(-)(両側をそろえて開眼して立つ、その後閉眼しても倒れない)
  • 体幹筋失調による歩行障害(体幹歩行失調, 失調性歩行)
  • 酩酊様歩行
  • 開脚歩行
  • 継ぎ足歩行
  • 四肢の運動失調(協調運動障害)
  • ①推尺障害
  • ②変換運動障害
  • ③運動解離
  • ④共同運動不能
  • ⑤失調性構音障害

臨床関連




腫瘍」

  [★]

tumor
新生物 neoplasm new growth NG


分類(EPT.65)

悪性度

細胞と間質の割合

発生学的由来

  • 上皮性腫瘍
  • 外胚葉性、中胚葉性、内胚葉性
  • 非上皮性腫瘍
  • 間質由来(中胚葉性)

組織学的分類

上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

非上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

臓器別分類

外陰部(女性)

子宮

卵巣

  • 表層上皮性・間質性腫瘍 Surface epithelial-stromal tumors
  • 性索間質性腫瘍 Sex cord/stromal tumors
  • 胚細胞腫瘍 Germ cell tumors

腫瘍と関連する疾患 first aid step1 2006 p.294

小脳橋角」

  [★]

cerebellopontine angle CP angle
angulus pontocerebellaris
小脳橋陥凹 cerebellopontine recess recessus cerebellopontinus
小脳


  • 図:N.108,136
  • 小脳、橋、延髄の結合部に形成される空間を小脳橋角部という。
  • 顔面神経、内耳神経(前庭神経、蝸牛神経)がここを通って橋の外側部表面を出入りする。
  • 小脳橋角部の腫瘍(髄膜腫や聴神経鞘腫)により、内耳神経症状(耳鳴り・めまい・難聴)、小脳症状、顔面神経麻痺、三叉神経麻痺などがみられる。

臨床関連


脳橋」

  [★]

ponspontespontine



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡