小後頭神経

出典: meddic

lesser occipital nerve (KA)
nervus occipitalis minor


  • 図:KA.226,229(後面図) N.

由来

支配

  • 後頚三角から出て胸鎖乳突筋の後縁に沿って上行し、側頭部であって耳介の後方・後上方を支配。耳介側頭神経と大後頭神経の中間領域を支配する。

走行


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大耳介神経および小後頭神経の解剖学的検索 : 顔しわとり術における注意点
  • 小室 裕造,古賀 祐季子,梁井 皎
  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 22(9), 621-627, 2002-09-20
  • NAID 10010590689
  • 4. 小後頭神経痛で発症したRamsay Hunt症候群(第983回千葉医学会例会・第16回神経内科例会)
  • 高谷 美成,吉川 由利子,丹羽 直樹
  • 千葉医学雑誌 75(3), 175, 1999-06-01
  • NAID 110004652147

関連リンク

頭痛外来で比較的多く見られる頭痛です。 ①症状 後頭神経痛の多くは大後頭神経(頚椎2(C2)、頚椎3番(C3)から後頭部の頭皮を走行する知覚神経)の痛みです。 急に、首のつけ根から後頭部が「キリキリ」と痛み、頭のてっぺんや ...
このような方はたいてい【後頭神経痛】と呼ばれる神経の痛みなのです。後頭神経痛には①大後頭神経痛、②小後頭神経痛、③大耳介神経痛の三種類があります。それぞれは痛みの質、程度は同じですが、図のように痛む場所が違うの ...
後頭神経は頚椎の2番3番からなる神経です。頭の下から走行して後頭部や耳の後ろに走ります。頚椎から出た神経はやがて大後頭神経と小後頭神経に分かれます。ここで大後頭神経は後頭部の皮膚感覚や筋肉を支配し、耳の後ろや側 ...

関連画像

 赤い 囲み が 大 後頭 神経 青いgonn.gif (4126 バイト)後頭 下 三角 は 大 後頭 直 嚥下 困難 誤嚥 および 呼吸器 発作 性 に 瞬間 的 に 大 後頭 神経 照射 小 後頭 神経


★リンクテーブル★
リンク元頚神経叢」「耳痛」「後頭動脈
関連記事神経

頚神経叢」

  [★]

cervical plexus
頚神経

皮枝

頚神経叢

前枝 皮枝 小後頭神経      
大耳介神経      
頚横神経      
鎖骨上神経      
筋枝 横隔神経    
オトガイ舌骨筋 C1+(C2+C3)    
甲状舌骨筋 C1+(C2+C3)    
胸骨舌骨筋 C1+(C2+C3)    
胸骨甲状筋 C1+(C2+C3)    
肩甲舌骨筋 C1+(C2+C3)    
  C1 C2 C3 C4 C5
後枝 皮枝 後頭下神経        
大後頭神経        
第三後頭神経        
筋枝 固有背筋  


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


耳痛」

  [★]

otalgia, ear pain, otodynia, earache
耳痛症

分類

  • 耳性耳痛:耳介、外耳道、中耳:三叉神経、舌咽神経、迷走神経、頚神経:外耳炎、耳介軟骨膜炎、外耳道異物、急性中耳炎
  • 非耳性耳痛(放散痛、放散性耳痛)



後頭動脈」

  [★]

occipital artery (M)
外頚動脈



  • 図:N.19,30(下行枝) KA.164(背面図),76(側面図)

起始

走行

分布

  • 後頭部・頭頂部 (KL.629)
  • 小後頭神経と同じ領域と思われる (KA.76)

神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡