小刻み歩行

出典: meddic

short-stepped gait, small stepped gait
小股歩行 brachybasia、小幅歩行 gait with little steps、小歩症
加速歩行パーキンソニズム歩行


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • タクロリムス投与後パーキンソニズムを呈した全身性エリテマトーデスの一例
  • 下垣 保恵,郡山 健治,田中 雅博,望月 裕司,豊田 嘉清,中井 直治,河野 厚
  • 日本臨床免疫学会会誌 33(6), 329-334, 2010
  • … ,ステロイド精神病合併.2005年5月PSL15 mg/日まで漸減中に尿蛋白再出現でシクロスポリン(CyA)併用開始.1年後,嘔吐を伴う激しい頭痛を繰り返したが画像診断上は異常を認めなかった.2007年2月タクロリムス(TAC)に変更,頭痛は消失したが,同年9月頃より左優位の巧緻性運動障害,振戦,小刻み歩行等を認めた.2009年6月ドーパミントランスポーターのイメージング(DAT)検査にてパーキンソン病(Parkinsons disease …
  • NAID 130000431648
  • 半夏白朮天麻湯が有効であったパーキンソン病の一例
  • 片寄 大,白土 邦男
  • 日本東洋醫學雜誌 52(2), 223-228, 2001-09-20
  • NAID 110004002038

関連リンク

小刻み歩行というのがありますが、これは歳をとると歩行の機能全体が退化する ために 歩行が小刻みになってくることをいいますが、多発性脳梗塞などでもこの ような歩行に なってくることがあります。 脊髄性間歇性跛行というむずかしい名の歩行障害があります  ...
動作緩慢(どうさかんまん):. 動作緩慢の絵 動作が遅くなる、のろくなるという症状です。 パーキンソン病ではすべての動作にあてはまり、歩行がおそくなり、歩幅が小さくなり ます(小刻み歩行)。着脱衣、寝返り、食事動作など日常生活すべてに支障をきたします 。

関連画像

その他、後方への振り出し 踵 打歩 行 足元 を 見 ながら iNPHとパーキンソン病との違い80 歳 女性 改訂 長谷川 式 イメージ 1イラスト


★リンクテーブル★
先読みパーキンソニズム」「加速歩行
国試過去問100I013」「101F058
関連記事歩行

パーキンソニズム」

  [★] パーキンソン症候群


加速歩行」

  [★]

festinating gait



100I013」

  [★]

  • 68歳の男性。手の震えと動作緩慢とを主訴に来院した。1年前から右手に震えが起き、最近は右下肢にも震えが起きるようになった。半年前からボタンがけなど手の細かい動作がしにくくなった。最近前かがみで歩いていると指摘されるようになった。家族歴と既往歴とに特記すべきことはなく、常用薬もない。一般身体所見に異常はない。右上下肢に静止時振戦を認め、頸部と四肢とに歯車様筋固縮を認める。深部腱反射は正常で、感覚障害を認めない。
  • この疾患でみられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 100I012]←[国試_100]→[100I014

101F058」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 101F057]←[国試_101]→[101F059

歩行」

  [★]

gait, walking
股関節の運動に関与する筋歩行運動


歩行関節および筋肉

幼児の歩行

  • 12ヶ月:上肢の挙上(high guard)
  • 15ヶ月:上肢の中等度の挙上(medium guard)
  • 18ヶ月:上肢が下がっている(no guard) → 腕ふりの出現

異常な歩行と疾患 手技みえ.188改変

痙性片麻痺歩行 hemiplegic gait 錐体路障害 脳血管障害
変形頚椎症
多発性硬化症
頸髄ミエロパチー
ぶん回し歩行
円弧歩行
痙性対麻痺歩行 spastic paraplegic gait 両大脳半球・脳幹・脊髄側索における両側錐体路障害 家族性痙性対麻痺
脳性小児麻痺(Little病)
HTLV-I associated myelopathty
はさみ歩行 scissor gait
パーキンソン歩行 parkinsonian gait 錐体外路障害 パーキンソン病
小刻み歩行 short-stepped gait パーキンソン症候群
失調歩行 小脳性運動失調・前庭性運動失調   小脳障害
前庭神経障害
OPCA
LCCA
Wernicke脳症
酩酊様歩行
脊髄後索性   深部感覚障害による空間見当識障害(位置覚・振動覚) 脊髄癆
亜急性脊髄連合変性症
Friedreich失調症
多発性神経炎
踵打歩行
鶏歩 steppage gait 下位運動ニューロン(腓骨神経麻痺で生じる下腿筋の筋力低下) Charcot-Marie-Tooth病
腓骨神経麻痺
ポリオ
糖尿病
動揺性歩行 waddling gait 肢体筋の障害 Duchenne型筋ジストロフィー
多発筋炎
Kugelberg-Welander病
トレンデレンブルグ歩行 Trendelenburg gait
アヒル様歩行  
間欠性跛行 intermittent claudication 下肢動脈の血流障害
下肢神経の障害
 




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡