封入体

出典: meddic

inclusion body
ウイルス封入体



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/07 13:58:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ハンチントン病細胞モデルにおけるSigma-1 receptor を介した核内封入体の形成機序
  • 成人型神経核内封入体病/エオジン好性核内封入体病 (特集 最近話題の認知症性疾患)
  • 炎症反応を伴った進行性多巣性白質脳症 : 免疫不全の原因の多様性と病理所見

関連リンク

サイトメガロウイルスが感染した細胞の光顕像。ウイルスによる特徴的な核内封入体(中央)が見られる。 封入体(ふうにゅうたい、英:inclusion body)とは異常な物質の集積により形成される細胞内の異染色領域であり、能動的機能を有 ...
栄養・生化学辞典 - 封入体の用語解説 - ウイルスが感染した細胞にみられる染色性が違ってみえる部分.ウイルスが集中して存在する場所とされる.

関連画像

ウィルス封入体 この部位を封入体と言います 明瞭な核内封入体がみられる封入体筋炎 ( その他の病気


★リンクテーブル★
リンク元ヘルペスウイルス亜科」「ウイルス封入体」「細胞封入体」「核内フィラメント状封入体」「細胞質内封入体
拡張検索新生児封入体結膜炎」「微絨毛封入体病」「オスミウム酸好性層状封入体」「層状封入体
関連記事封入」「

ヘルペスウイルス亜科」

  [★]

ヘルペスウイルス科

ヘルペスウイルス亜科の特徴 (SMB.523)

ヘルペスウイルス亜科 宿主域 増殖サイクル 感染細胞 感染組織 慢性感染
α-ヘルペスウイルス 狭い~広い 比較的短 破壊 神経系組織 知覚神経節潜伏感染
β-ヘルペスウイルス 狭い 肥大、封入体形成   分泌腺、リンパ網様系細胞、腎臓、肺に持続感染
γ-ヘルペスウイルス 狭い 様々   リンパ芽球様細胞 リンパ系組織潜伏感染


ウイルス封入体」

  [★]

viral inclusion body
ネグリ小体
封入体


細胞封入体」

  [★]

cellular inclusion
封入体細胞質内封入体


核内フィラメント状封入体」

  [★]

filamentous intranuclear inclusion bodies
封入体


細胞質内封入体」

  [★]

cytoplasmic inclusion body
封入体


新生児封入体結膜炎」

  [★]

neonatal inclusion conjunctivitis
新生児封入体性結膜炎
結膜炎新生児膿漏眼 blennorrhea neonatorum、封入体膿漏眼 inclusion blennorrheaChlamydia trachomatis



微絨毛封入体病」

  [★]

microvillus inclusion disease MVID
先天性微絨毛萎縮症 congenital microvillus atrophy、diarrhea 2, with microvillus atrophy diar2、Davidson disease、congenital familial protracted diarrhea with enterocyte brush-border abnormalities, intractable diarrhea of infancy


オスミウム酸好性層状封入体」

  [★]

osmiophilic lamellar inclusion body
層状封入体


層状封入体」

  [★]

zebra body, mellar inclusion


封入」

  [★]

inclusionencapsulationentrapmententrapenclose
被包包括包括法包接捕捉算入包含同封囲い込むカプセル封入


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡