対角線電気泳動法

出典: meddic

diagonal electrophoresis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

試験管内消化試験はペプシンアッセイ法(J. D. Astwood et al Nature Biotechnology 14.,. 1269-1273 ,1996)を用いた。また、タンパク質分子に含まれるジスルフィド架橋 結合を対. 角線電気泳動法で調べた。 ... 手亡からタンパク質を抽出し、対角線電気泳動 ...
これは水溶液を用いる「無担体電気泳動」であったが、第2次大戦後、濾紙やデンプン ゲルなどの担体を用いた電気泳動が発展した。濾紙電気泳動(現在は主として セルロースアセテート膜を使う)は臨床検査で血清タンパク質を分析する方法として用い られている ...

関連画像

第65回日本電気泳動学会総会 保健医療科学研究科 御園生 第65回日本電気泳動学会総会 タイトル は 対角線 電気泳動 第65回日本電気泳動学会総会


★リンクテーブル★
関連記事泳動」「」「電気」「泳動法」「電気泳動

泳動」

  [★]

electrophoresismigrationelectrophoretic
移入転位電気泳動電気泳動的電気泳動法等速電気泳動遊走泳動法

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


電気」

  [★]

electricityelectroelectric
エレクトロ電気的

泳動法」

  [★]

electrophoresis
泳動電気泳動電気泳動法

電気泳動」

  [★]

electrophoresis
蛋白分画





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡