寒冷麻痺

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 若年性一側上肢筋萎縮症(平山病)における寒冷麻痺の症候学的・電気生理学的検討
  • 鬼島 正典,平山 惠造,中島 祥夫
  • 臨床神経学 42(9), 841-848, 2002-09-01
  • NAID 10011037880

関連リンク

当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。 寒冷療法
① 末梢性 最多は病因不明のもの(Bell 麻痺) 寒冷刺激が加わると、発症し易くなる。 予後良好、完治するが、再発することも。 他は、新生物、肉芽腫(サルコイドーシス) 血管障害、脱髄性、感染症(髄膜炎、骨髄炎)

関連画像

金獅子の戦慄 【属撃珠Gの戦慄 顔面神経麻痺)の鍼灸専門 コスモス治療院[このような 顔面麻痺、顔面痙攣 - Dobashi


★リンクテーブル★
関連記事寒冷」「麻痺

寒冷」

  [★]

coldcryo
クライオクリオ冷たい非アイソトープ非放射性感冒


麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡