富士川游

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/15 23:43:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 富士川游の宗教論の展開 : 「科学」との関係性をめぐって
  • 富士川游と治療教育学 : 教育病理学における"治療"と"教育"の架橋
  • 前田 晶子
  • 日本の教育史学 : 教育史学会紀要 56, 32-44, 2013-10-01
  • This study identifies the role played by pediatrics in the conceptualization of child development in modern Japan through a pathological approach to child development studies, emphasizing "uncertainty …
  • NAID 110009662528

関連リンク

富士川游著作集(第2巻) - 富士川游 - 本の購入は楽天ブックスで。今なら全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。
美術人名辞典 - 富士川游の用語解説 - 医学者・医史学者。安芸国生。初名充人、号は子長。広島医学校卒。上京し『中外医事新報』を編集、ドイツ留学を経て、昭和37年収集した古医書を系統だて『日本医学史』を著わし、のち ...

関連画像

日本医学史:富士川游富士川游本 その2(京都大学 日本醫學史/富士川游著/形成社 富士川游は、1865年広島市安



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡