完全無作為配置

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

第三編基本配置 第7章完全無作為配置法(1 元配置法) {概要] 完全無作為醍置法は, あらゆる配置法のうちで基本釣なものである.こ の霞置法では,供試処理を或る実験の場において施すとき,実験の場から来る環境 条件の変動性を ...
第9章演習問題 1.完全無作為法による二元配置分散分析を行う. 変動要因 自由度 平方和 平均平方 F 値 Pr > F 級間変動 3 2404.10000 801.36667 3.58 0.0230 級内変動 36 8049.40000 223.59444 総変動 39 10453 ...
(4) 乱塊法の検定精度 ・完全無作為化法: 実験の場の変動を全て誤差と見なす 誤差が大きい ・乱塊法: 実験の場の大きい変動要因をブロック因子とする 誤差が小さい 検定の精度を考える - 誤差分散VEが小さくなる点では、乱塊法は ...

関連画像

2006年度 研究成果報告書121219(分散分析の意味).JPG span 医療統計学はその真髄を理解  配置や多元配置


★リンクテーブル★
関連記事配置」「完全」「無作為」「作為

配置」

  [★]

arrangement
置く, 協定, 処分, 準備, 性質, 素質, 展開, 取り計らう, 配列, 場所, 立体配置, 留置, 廃棄, 設置, 放置, 並べる, 整理, 配備
arrangement, configuration, placement, disposition, disposal, deployment, arrange, place, deploy


完全」

  [★]

完了終了十分積分全体的徹底的不可欠全く完成複合的満ちた


無作為」

  [★]

randomrandomlyat random
無秩序ランダム


作為」

  [★]

feasancefactitious




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡