安静

出典: meddic

restease
緩和、静止残り安楽和らげる休養




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 頸椎手術を受ける患者への術後安静へ向けた取り組み : 動画を活用したオリエンテーション教材の活用を試みて (第28回沖縄県看護研究学会集録 伝えよう未来へ変わらぬ看護の本質 : 時代が変化しても変わらぬ確かなものを求めて)
  • 山城 求美,久場川 潤,大城 ミサエ
  • 沖縄県看護研究学会集録 28, 25-27, 2012-12-22
  • NAID 40019561084
  • 着衣実験における安静時姿勢に関する実験方法の検討
  • 雙田 珠己,ソウダ タマミ,Soda Tamami
  • 熊本大学教育学部紀要 自然科学 61, 57-63, 2012-12-12
  • The present study was designed to investigate an optimum resting position during dressing tests using power spectral analysis of heart rate variability (HRV). Two experimental conditions were establis …
  • NAID 120005199493

関連リンク

お医者さんから「自宅安静」と言われた場合、家事や外出はどうすればいいのでしょう。自宅安静の度合いについて、知っておきましょう。 ... 出産準備/出産準備関連情報 どんな風に過ごせばいいのかな? 安静にと言われた時(自宅 ...
あんせい【安静】とは。意味や解説、類語。[名・形動]1 安らかで落ち着いていること。また、そのさま。「従順な―な心になって行くのであった」〈石川達三・蒼氓〉2 病気治療のため、静かに寝ていること。「絶対―」あんせい ...

関連画像

安静牌矢量图__其他_广告设计 入院安静は、切迫流・早産など の 安静 と 麻酔 の 副作用 を 安静图片 安静照片 安静写真关闭手机保持安静矢量图__公共 安静矢量图__公共标识标志_标志


★リンクテーブル★
先読みrest
国試過去問101D038」「106B051」「104A042」「102E066」「095F021」「106E040」「098E039
リンク元100Cases 84」「ease」「静止」「和らげる」「安楽
拡張検索安静時狭心症」「安静状態」「安静狭心症」「安静時代謝

rest」

  [★]

  • n.
  • 急速、休養、西洋、睡眠。休憩。永眠
  • 安息所、宿泊所
  • 安静、安楽、安堵、安心、平温
  • 休止、停止、静止
  • vi.
  • 休む
  • 安心している、落ち着いている
  • 休止する、静止する
  • ある、位置を占める、かかる。(目・視線が)とまる、向けられる、注がれる
  • たよる。希望を賭ける、信ずる
  • (~に)基づく、依存している。
  • vt.
arresteaseremainderrestingstasisstill

WordNet   license wordnet

「put something in a resting position, as for support or steadying; "Rest your head on my shoulder"」

WordNet   license wordnet

「freedom from activity (work or strain or responsibility); "took his repose by the swimming pool"」
ease, repose, relaxation

WordNet   license wordnet

「a support on which things can be put; "the gun was steadied on a special rest"」

WordNet   license wordnet

「euphemisms for death (based on an analogy between lying in a bed and in a tomb); "she was laid to rest beside her husband"; "they had to put their family pet to sleep"」
eternal rest, sleep, eternal sleep, quietus

WordNet   license wordnet

「a state of inaction; "a body will continue in a state of rest until acted upon"」

WordNet   license wordnet

「be at rest」

WordNet   license wordnet

「a musical notation indicating a silence of a specified duration」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》 / 〈U〉〈C〉睡眠(sleep) / 動かないこと,停止,静止 / 〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す / 〈U〉《詩》死,永眠 / 〈C〉(音楽で)休止;休止符 / 『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》 / 『安心する』,落ち着く,くつろぐ / (…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》 / 〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》 / (変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する / 永眠する / (訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する / 《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる / (…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》 / 〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(…の)『残り』,残与《+『of』+『名』》 / 〈U〉《the~》《複数扱い》『そのほかの物(人)』 / 《rest+形(名)〈補〉》(ある状態の)ままである(remain)」

WordNet   license wordnet

「take a short break from one''s activities in order to relax」
breathe, catch one''s breath, take a breather

WordNet   license wordnet

「be inherent or innate in;」
reside, repose

WordNet   license wordnet

「be inactive, refrain from acting; "The committee is resting over the summer"」

WordNet   license wordnet

「give a rest to; "He rested his bad leg"; "Rest the dogs for a moment"」

WordNet   license wordnet

「not move; be in a resting position」


101D038」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 31歳の妊婦。性器出血を主訴に来院した。
  • 現病歴:妊娠28週時に無痛性の少量性器出血を認めたが、自然に止血したため放置していた。妊娠29週6日、早朝排尿後に凝血塊を混じた中等量の性器出血があり入院となった。妊娠初期の血液検査と子宮頸部細胞診とで異常を認めなかった。腹痛はない。
  • 既往歴:4回経妊、2回経産、2回自然流産。27歳時に第2子を回旋異常のため緊急帝王切開で分娩した。
  • 現症:意識は清明。顔貌は正常。身長160cm、体重67kg。体温36.4℃。呼吸数18/分。脈拍84/分、整。血圧118/72mmHg。胸部に異常はない。両下腿の脛骨稜に浮腫はない。子宮底長28cm。胎児は第2頭位。膣鏡診で子宮膣部は紫藍色を呈し、外子宮口から少量の出血がみられる。子宮頸部は軟で、子宮口の開大は認めない。内診では児頭を明確に触れず、膣円蓋部と児頭との間に柔軟・弾力性の海綿様組織を触れる。来院時の胎児心拍数陣痛図で心拍数は130~140/分で、胎動に伴う一過性頻脈がある。子宮収縮を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白1+、糖(-)、潜血1+。
  • 血液所見:赤血球342万、Hb9.8g/dl、Ht27%、白血球11,600、血小板28万。CRP0.1mg/dl。
  • 対応として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D037]←[国試_101]→[101D039

106B051」

  [★]

  • 63歳の男性。発熱と腹痛とを主訴に来院した。現病歴:昨日から38℃台の発熱と腹部全体の痛みとがある。痛みは持続的で、下痢と嘔吐とはない。家族の話では、いつもと比べて何となくぼんやりしているという。
  • 既往歴 53歳時にC型肝炎を、 60歳時に肝硬変を指摘された。
  • 生活歴 喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴 父親が脳梗塞のため84歳で死亡。
  • 現 症 意識レベルはJCS I-2。体温38.1℃。脈拍96/分、整。血圧106/56mmHg。呼吸数24/分。腹部は膨隆し、打診では仰臥位から左側臥位への体位変換で濁音境界が移動する。腹部全体に軽度の圧痛を認める。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球295万、 Hb9.2g/dl、Ht27%、白血球4,200、血小板4.3万。血液生化学所見:総蛋白5.8g/dl、アルブミン2.6g/dl、尿素窒素15mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、 AST94IU/l、 ALT64IU/l、 ALP230IU/l(基準115-359)、アンモニア73μg/dl(基準18-48) 。腹部超音波検査で肝臓に腹痛を認めない。
  • 治療として適切でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B050]←[国試_106]→[106B052

104A042」

  [★]

  • 62歳の男性。四肢のしびれと歩行障害とを主訴に妻に伴われて来院した。4年前から手の動かしにくさとしびれ感とを感じていた。1年前から階段を下りるときに手すりが必要になったが、医療機関を受診しなかった。昨日、敷居に足が引っかかりよろめいてから四肢のしびれが強くなり、自力で歩けなくなった。健康診断で軽度の糖尿病を指摘されたことがある。家族歴と生活歴とに特記すべきことはない。意識は清明。身長167cm、体重67kg。坐位はとれるが、介助しても立位は不可能。徒手筋力テストでは上下肢ともほぼ3(fair)である。深部腱反射は上腕二頭筋以下すべて亢進し、Babinski徴候は陽性である。四肢に末梢優位の表在感覚低下を認める。明らかな膀胱・直腸障害はない。頚椎エックス線写真の側面像(別冊No、19A)と頚椎単純CT(別冊No、19B)とを別に示す。
  • 治療方針として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104A041]←[国試_104]→[104A043

102E066」

  [★]

  • 次の文を読み、64~66の問いに答えよ。
  • 75歳の男性。歩行時に右足が痛くなるため来院した。
  • 現病歴:1か月前から、200m歩くと右下肢の大腿部と腓腹部とが重い感じに痛くなった。少し休むと痛みは軽快した。
  • 既往歴:高血圧で内服薬を服用中。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を50年間。
  • 現症:身長170cm、体重78kg。脈拍72/分、整。血圧160/86mmHg。胸腹部に異常を認めない。右足背動脈拍動が減弱している。膝蓋腱反射とアキレス腱反射とは正常。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液生化学所見: 空腹時血糖108mg/dl、HbA1C5.0%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.0g/dl、総コレステロール280mg/dl。
  • 日常生活の指導として重要なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E065]←[国試_102]→[102E067

095F021」

  [★]

  • 43歳の男性。会社の定期健康診断で肝機能異常を指摘されて来院した。身長166cm、体重82kg。喫煙は1日約10本。飲酒は月1、2回。常用薬なし。空腹時血糖110 mg/dl、GOT80単位(基準40以下)、GPT140単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ230単位(基準260以下)、γ-GTP 60 単位(基準8~50)。HBs抗原陰性、HCV抗体陰性。
  • まず行うべき生活指導はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095F020]←[国試_095]→[095F022

106E040」

  [★]

  • 30歳の初妊婦。妊婦健康診査のため来院した。 3週前に自宅近くの診療所を受診した際、最終月経から妊娠7週と診断された。超音波検査で子宮内に心拍を有する胎児を認めるが、妊娠週数に比して小さい。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a 自宅安静とする。
  • b 食事療法を指導する。
  • c 妊娠週数を修正する。
  • d 母体の血糖値を測定する。
  • e 羊水採取の必要性を説明する。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E039]←[国試_106]→[106E041

098E039」

  [★]

  • 流行性角結膜炎の感染対策で最も大切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098E038]←[国試_098]→[098E040

100Cases 84」

  [★]

☆case84 嘔吐
症例
32歳 男性
主訴
現病歴:2 amにからり酔っぱらって救急部受診。11.45 pmに気分が悪くなり2度嘔吐嘔吐物は最初は苦く感じられ、それは食べ物と2Lのビールであった。1時間程度後に、何度か猛烈に吐き気を催した。1 amに鮮赤血を吐いた(bright red blood)。患者が言うには最初少量だったが、2回目にはかなり多い量であった。服用薬なし。時々マリファナを吸う。タバコ1日10本、アルコール2-3 unit/week
既往歴:特記なし
家族歴:特記なし
生活歴:
・身体診断
酔っぱらっているように見える。口の周りに乾燥した血液付着を認める。脈拍:102/分。(臥位(lying))血圧:134/80 mmHg立位でも血圧変化は認められない。心血管系呼吸器系に異常を認めず。腹部:上腹部(心窩部)にわずかに圧痛
検査
(血液生化学)
異常なし
解説
(第1パラグラフ)
 もっともな診断は、下部食道もしくは胃上部における吐血を引き起こす粘膜裂傷である(Mallory-Weiss lesion/Mallory-Weiss tear/Mallory-Weiss laceration)。激しい嘔吐やむかつきによる機械的外傷で生じる。本症例では、なれない大量飲酒によって生じた。
(第2パラグラフ)
患者の話から出血量見積もるのは難しい。吐血はびっくりするような出来事であり、吐血の量を多く見積もりがちである。ヘモグロ分派性状であり、急性出血では吐血量を見積もる手がかりにならない。急性期にヘモグロ分が低ければ慢性出血をほのめかす。著しい失血最初サイン頻脈と起立時の血圧低下であることがある。本症例の彼の脈波速いが、これは不安関連しているのかもしれない。
(第3パラグラフ)
吐血の他の原因胃炎消化性潰瘍である。何度か血液を含まない胃内容物のむかつきと嘔吐の話はマロリーワイス症候群特徴的である。この疾患普通介入を必要としない良性病態である。確定診断上部消化管内視鏡必要とするが、典型的症例ではいつも必要になるわけではない。時に、出血がもりひどかったり、壁の解離粘膜より深いこともあり、穿孔につながる。
(第4パラグラフ)
この症例管理は注意深い観察嘔吐で失われた体液を戻すための静脈内輸液である。出血が激しい場合には血液検査のために採血するが、輸血は必ずしも必要ない。彼は生徒大とH2 blocker治療された。嘔吐は収まりそれ以上出血も見られなかった。彼は将来のパーティでは通院しすぎないように決めた。
管理(内科診断学 第2版 医学書院)
①本疾患大多数安静絶食制酸薬粘膜保護薬の投与保存的治療できる。
輸血必要なほどの貧血は稀である。
内視鏡検査時に出血している症例に対しては内視鏡的止血術を行う。
④クリッピング法(図4-89) [図] 、純エタノール局注法、アルゴンプラズマ凝固(APC)法などさまざまあるが、いずれの方法でも良好な止血成績を得られる。
鑑別診断 (内科診断学 第2版 医学書院 p.843)
・特発性食道破裂(ブールハーフェ症候群)
逆流性食道炎
食道静脈瘤破裂
出血性胃潰瘍
急性粘膜病変(AGML)
■KEYPOINT
吐血の前の血液を伴わない激しい嘔吐とむかつきの既往は、上部消化管裂傷示唆する。
患者血液の量を見積もるのが困難と分かるので、吐血で失われた失血程度多糸かでないし、消化管の中にとどまっている血液の量は分からない。
アルコールは救急入院の約1/4と直接連関があるという研究がある。
□マロリーワイス症候群(内科診断学 第2版 医学書院)
 嘔吐などにより腹腔内圧が急激上昇して噴門部近傍に裂創発生し、これを出血源として顕出血をきたしたもの。30-50歳代の男性に多く、全消化管出血例の約3-15%を占める。 アルコール多飲原因となることが多いが、ほかに妊娠悪阻、乗り物酔い、脳腫瘍髄膜炎医原性のものとしては上部消化管内視鏡検査心肺蘇生術など、原因となるものは種々である。 ②嘔吐などにより急激腹圧上昇すると、急激に胃内圧が上昇し、これにより食道胃接合部近傍に裂創が生じる。
吐血 hematemesis (内科診断学 第2版 医学書院)
 コーヒー残渣用の吐血 melanemesis
 鮮血吐血 hematoemesis
急性粘膜病変 acute gastric mucosal lesion AGML
急性胃炎劇症型であり、急速に起こる腹痛(時に、吐血下血)をきたし、潰瘍びらん出血が混在した病態を呈する。
病因アルコール薬物(アスピリンステロイド)、薬品ストレス食物(激辛食品など)、アニサキス中枢神経系障害熱傷外科手術
glossary
inebriate
vt. (人)を酔わせる(make drunk)。~を有頂天にする
adj. 酔っぱらいの、大酒飲みの
n. 酔っぱらい、大酒飲み
pint n. (液体単位)1パイント = 1/2クオート=(米)28.8753 inch cube = 0.473 liter = (英) 0.568 liter = 約500cc
retch
vi. むかつく、吐き気を催す、無理に吐こうとする
vt. 吐く
n. むかつく。ヒック(吐き気を催すときの音)
lager n. ラガー(ビール)(貯蔵ビール日本普通ビール)
violently adj. 激しく、猛烈に
drunk adj. (pred)酔って。(fig)酔いしれて
epigastrium n. 上腹部心窩部
blood grouping 血液判定血液検査
indulge
vt. ~にふけらせる。気ままにさせる、(子どもを)甘やかす。(欲求などを)思いのままに満たす。喜ばせる、楽しませる。
vi. (快楽・趣味などに)ふける、身を任す(in)。(略式)たらふく食べる、痛飲する。(~に)従事する。(好ましくないことに)かかわる(in)
□Hematemesis and Melena(Differential Diagnosis in Primary Care 4th)
吐血喀血を見分けたい場合はnitrazine paperを使って判定
・身体開口部(body orifice)からの出血鑑別するとき解剖学的アプローチがよい。
(食道)
静脈瘤逆流性食道炎癌腫、マロリーワイス症候群
・外来異物も忘れるな。
先天性まれな病因として異所性胃粘膜によるバレット食道炎と潰瘍もある。
大動脈瘤縦隔腫瘍肺癌食道潰瘍化させ出血させることもある。
(胃)
炎症胃炎と胃潰瘍アスピリンアルコールも良くある原因
・幽門部静脈瘤出血するかもしれない
出血がひどく、他の原因が見つからなければ血液疾患検索する。
(診断への道)
吐血の確固たる証拠がある時、内視鏡をつかえる状況にあれば問診とか検査無駄時間を使わずに内視鏡診断治療をやってしまえ。
血液検査血液クロスマッチ?して輸血準備凝固検査など鑑別必要検査をやりなさい。内視鏡検査準備をしている間に、アルコールアスピリン、そのほかの薬品服用潰瘍既往食道疾患既往を聴け
ひどい出血最近の急な吐血既往がなければ(内視鏡を使わずに?)伝統的アプローチでも良い
吐血の前に血液を伴わない嘔吐があればマロリーワイス症候群診断の助けとなる。


ease」

  [★]

  • n.
  • v.
alleviatecomfortlessenmitigatemitigationmoderatepalliatepalliationrelaxrelaxationrest

WordNet   license wordnet

「move gently or carefully; "He eased himself into the chair"」

WordNet   license wordnet

「a freedom from financial difficulty that promotes a comfortable state; "a life of luxury and ease"; "he had all the material comforts of this world"」
comfort

WordNet   license wordnet

「freedom from difficulty or hardship or effort; "he rose through the ranks with apparent ease"; "they put it into containers for ease of transportation"; "the very easiness of the deed held her back"」
easiness, simplicity, simpleness

WordNet   license wordnet

「freedom from constraint or embarrassment; "I am never at ease with strangers"」
informality

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(精神的な)『気楽さ』;(肉体的に)『楽であること』 / 『容易さ』,たやすさ / (態度が)ゆったりしていること / 〈心・体〉‘を'『楽にする』;〈人〉‘を'『安心させる』 / 〈束縛・圧迫など〉‘を'ゆるめる / 《副詞[句]を伴って》…‘を'慎重に動かす / 〈圧迫・苦痛などが〉和らぐ」


静止」

  [★]

restingarreststasisrestarrestrestingstill
安静安静時うっ滞通過障害停止にもかかわらず残り抑止まだ滞留


和らげる」

  [★]

easelessenpalliate
安静、緩和、軽減減らす安楽


安楽」

  [★]

easecomfort
安静、緩和、和らげる楽しみ


安静時狭心症」

  [★]

angina at rest, spontaneous angina
不安定狭心症狭心症



安静状態」

  [★]

resting state
静止期静止状態


安静狭心症」

  [★]

rest anginaangina decubitus



安静時代謝」

  [★]

resting metabolism




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡