宇田川玄随

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/07 07:33:59」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 宇田川家の人々が現代科学へ残した大きな足跡(1)西洋の解剖学訳述書『解体新書』は知っている.では西洋の内科学書は誰が訳述?
  • 江戸時代のオランダ語研究における「助語・助詞」 : 宇田川玄随『蘭訳弁髦』・中野柳圃『助詞考』を中心に(大輪靖宏教授退休記念号)

関連リンク

宇田川玄随 うだがわ-げんずい 1756 * -1798 * 江戸時代中期-後期の蘭学者,医師。宝暦5年12月27日生まれ。宇田川道紀(みちのり)の長男。美作(みまさか)(岡山県)津山藩医。桂川甫周(ほしゅう),杉田玄白,前野良沢(りょうたく)らにまなぶ。
宇田川玄随肖像 大槻玄沢筆 (岡山県立博物館蔵) 画像等の無断複製・転載・改変・放送等は禁じられています。 わが国における本格的な洋学は明和八年(1771)に杉田玄白や前野良沢によって 腑分け(解剖)が行なわれ、安永三年 ...

関連画像

宇田川玄随の肖像宇田川玄随の肖像画宇田川玄随宇田川玄随 | 津山洋学資料館



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡