子宮底長

出典: meddic

length of fundus uteri
子宮底の高さ妊娠週数



妊娠月数 子宮底長
恥骨結合上縁から子宮底までの長さ
第1月末    
第2月末    
第3月末    
第4月末 12cm (妊娠月数x3)
第5月末 15cm
第6月末 21cm (妊娠月数x3+3)
第7月末 24cm
第8月末 27cm
第9月末 30cm
第10月末 33cm

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新生児体重推定に関する子宮底長・腹囲測定の有用性
  • 新生児体重推定に関する子宮底長・腹囲測定の有用性
  • 唐沢 泉
  • 岐阜医療科学大学紀要 4, 79-86, 2010
  • … 特に子宮底長,腹囲測定と腹部の触診により,胎児の大きさを推測することは,分娩介助にとって重要な情報となる。 … そこで,産婦の入院時の子宮底長・腹囲が新生児の出生時体重と関係があるのか,さらに,助産診断に役立つのか明らかにしたいと考えた …
  • NAID 110008791071
  • 推定児体重式(村式)に関する研究--公式と推定誤差の分析
  • 村松 十和
  • 名古屋短期大学研究紀要 (47), 75-84, 2009
  • NAID 40016668502
  • 各健診項目の意義とその異常 子宮底長、腹囲、体重 (特集 妊産婦健診・乳幼児健診) -- (妊産婦健診)

関連リンク

妊娠中期以降、定期健診のたびに行われるのが「子宮底長測定」です。子宮底長とは 恥骨の上端から子宮の一番上までの長さのこと。妊婦がベッドに仰向けになったところ をメジャーで測っていきます。
大きくなった子宮は、おなかごしに触診できるようになります。妊婦健診では、子宮底長( ていちょう)といって、恥骨(ちこつ)の中央から子宮の上の端までの長さを測れるように なります。健診時の基本的な検査では、体重や血圧、むくみ、尿などの他に、子宮底長 ...

関連画像

子宮底長16cm子宮 底 の 大きさ子宮底長が大きいからかな4.新生児の観察と看護子宮底長14cm


★リンクテーブル★
国試過去問105G059」「104F031」「102G061」「104F030」「080E028」「100A001」「098G082」「082A038
リンク元妊娠週数」「子宮底の高さ」「妊婦健康診査
関連記事子宮」「子宮底

105G059」

  [★]

  • 次の文を読み、59-61の問いに答えよ。
  • 39歳の初産婦。妊娠41月2週 陣痛発来のため入院した。
  • 現病歴   妊娠初期から定期的に妊婦健康診査を受けている。これまでの超音波検査で子宮体部右側に直径5cm大の漿膜下筋腫を指摘されている。その他には妊娠経過に特記すべきことはない。本日午前1時から10分周期の規則的な陣痛が発来したが自宅で待機していた。午前9時に来院した。
  • 既往歴  15歳で虫垂炎手術。
  • 家族歴   母親が2型糖尿病。
  • 月経歴   初経12歳。周期28日、整。
  • 現症   意識は清明。身長162cm、体重71kg(非妊時63kg)。体温36.5℃。脈拍80/分、整。血圧124/76mmHg。子宮底長37cm、腹囲96cm。下腿に浮腫を認めない。Leopold触診法で児背を母体の左側に触れる。陣痛周期は3分。内診所見:先進部は小泉門で母体の左後方に触れる。子宮口5cm開大、展退度60%、児頭下降度SP+1cm。子宮口の位置は中央、硬さは軟である。未破水である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。超音波検査では羊水ポケット1cm、胎児推定体重3,500 g。胎児心拍数陣痛図胎児心拍数パターンに異常を認めない。
  • 入院時の診断として正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a 微弱陣痛である。
  • b 第2胎向である。
  • c 第2回旋の異常である。
  • d Bishopスコアは4点である。
  • e 児頭最大周囲径の位置は骨盤濶部にある。
[正答]


※国試ナビ4※ 105G058]←[国試_105]→[105G060

104F031」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 34歳の経産婦。反復する下腹部痛と少量の性器出血とを主訴に来院した。
  • 現病歴:  妊娠12週まで近くの診療所健診を受けていたが、経済的理由でその後は受診していなかった。本日朝から下腹部痛と性器出血とを自覚した。妊娠37週1日に相当していた。
  • 既往歴・生活歴・家族歴:   特記すべきことはない。
  • 現 症:  意識は清明。身長153cm、体重72kg。体温37.1℃。脈拍84/分、整。血圧142/86mmHg。子宮底長 28cm、腹囲 95cm。3~5分間欠で疼痛を伴う子宮収縮を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白1+、糖(-)。血液所見: 赤血球 320万、Hb 9.5g/dl、Ht 28%、白血球 9,000、血小板 11万。血液生化学所見: 総蛋白 6.5g/dl、アルブミン 3.6g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl。CRP 0.4mg/dl。



[正答]


※国試ナビ4※ 104F030]←[国試_104]→[104G001

102G061」

  [★]

  • 次の文を読み、61~63の問いに答えよ。
  • 28歳の1回経産婦。妊娠35週時に胎児発育異常を指摘され紹介状を持って来院した。
  • 現病歴:分娩予定日は最終月経から算出された。定期的に妊婦健康診査を受けており、これまで血圧や尿検査の異常を指摘されたことはない。4週前から胎児の発育異常が疑われていた。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 妊娠・分娩歴:25歳時に妊娠38週で3,200gの男児を正常経腺分娩。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を8年間。
  • 現症:身長155cm、体重50kg(非妊時45kg)、腹囲78cm、子宮底長28cm。体温36.6℃。脈拍80/分、整。血圧120/60mmHg。意識は清明。腹部は軟で、時折不規則な子宮収縮を触知する。児先進部は頭部で未固定、子宮口1cm開大、展退度30%、破水はない。超音波検査で胎児奇形は認めない。前医での胎児推定体重の推移と入院後の胎児心拍数陣痛図とを以下に示す。


  • a. 子宮底長
  • b. 胎動初覚時期
  • c. 悪阻の出現時期
  • d. 児心音の聴取時期
  • e. 妊娠初期の胎児超音波検査
[正答]


※国試ナビ4※ 102G060]←[国試_102]→[102G062

104F030」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 34歳の経産婦。反復する下腹部痛と少量の性器出血とを主訴に来院した。
  • 現病歴:  妊娠12週まで近くの診療所健診を受けていたが、経済的理由でその後は受診していなかった。本日朝から下腹部痛と性器出血とを自覚した。妊娠37週1日に相当していた。
  • 既往歴・生活歴・家族歴:   特記すべきことはない。
  • 現 症:  意識は清明。身長153cm、体重72kg。体温37.1℃。脈拍84/分、整。血圧142/86mmHg。子宮底長 28cm、腹囲 95cm。3~5分間欠で疼痛を伴う子宮収縮を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白1+、糖(-)。血液所見: 赤血球 320万、Hb 9.5g/dl、Ht 28%、白血球 9,000、血小板 11万。血液生化学所見: 総蛋白 6.5g/dl、アルブミン 3.6g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl。CRP 0.4mg/dl。
  • まず行う検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104F029]←[国試_104]→[104F031

080E028」

  [★]

  • 30歳、1回経産の妊婦。月経は45-60 日型。初産は正常分娩で、児の出生体重は3,450gであった。最終月経は昨年の3月24日から5日間、つわりは昨年6月初めから約1力月あったが、今年1月14日に、まだ陣痛が発来しないため来院した。子宮底長32cm、腹囲99cm、児心音12-11-12。外子宮口は1cm開大しているが、頚管は固く2.5cm残存している。児頭は浮動し、BPDは85mm。尿中エストリオール25mg/day、血中hPL10ug/ml。
  • 適切なのはどれか
[正答]

100A001」

  [★]

  • 28歳の女性。妊娠30週。子宮底長は22cmで、腹部超音波検査で羊水はほとんど認めない。
  • 胎児で最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099I030]←[国試_100]→[100A002

098G082」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 098G081]←[国試_098]→[098G083

082A038」

  [★]

  • 妊娠末期妊婦で坐位で行うべき検査はどれか

妊娠週数」

  [★]

pregnancy week
妊娠妊娠期間trimester


概念

  • 妊娠期間を示す用語。最終月経第1日を0日とする。
  • 妊娠 0~ 6日:妊娠 0週:妊娠1月
  • 妊娠 7~13日:妊娠 1週:妊娠1月
  • 妊娠14~20日:妊娠 2週:妊娠1月
  • 妊娠21~28日:妊娠 3週:妊娠1月
  • 妊娠29~35日:妊娠 4週:妊娠2月

妊娠週数と妊娠月数の変換

妊娠週数→妊娠月数

  • 妊娠月数 = 妊娠週数 / 4 + 1
  • 妊娠月数の何週目か?
妊娠週数 を 四で割ったあまりに1を足す
妊娠週数 % 4 + 1
  • ex.
  • 妊娠21週 → 妊娠5月の第2週目

妊娠月数→妊娠週数

  •  ( 妊娠月数 -1 ) *4 ~ ( 妊娠月数 -1 ) *4 +3

妊娠週数から妊娠日数への変換

  • 妊娠日数:妊娠週数 * 7 + 0 ~ 妊娠週数 * 7 + 6

妊娠週数の推定法

NGY.374
妊娠週数 尺度
7~11週 頭殿長 CRL
12週~16週 児頭大横径 BPD
  推定式 適用範囲???
子宮底長 妊娠月数 x 3 + 3 (cm) 第6月~第10月
胎嚢 GS 妊娠週数 - 4 (cm) 4週末~
頭殿長 CRL 妊娠週数 - 7 (cm) 7~11週
児頭大横径 BPD 妊娠週数 / 4 (cm) 12~16週
出典不明
妊娠週数 6週 9週 12週 20週
胎嚢 GS 2cm 5cm    
児頭頭殿長 CRL   2cm 5cm  
児頭大横径 BPD     2cm 5cm
妊娠週数 平均推定体重 IUGRの目安(およそ-2SD)
27週 1,000g 700g
30週 1,500g 1,000g
33週 2,000g 1,500g
36週 2,500g 2,000g

英語での表現

  • 妊娠28週: 28 wk gestation (NEL.737)


子宮底の高さ」

  [★]

fundal height, height of fundus uteri
子宮底長
  • 図:G10M.39

妊娠

妊娠月数 子宮底の高さ
第1月末  
第2月末  
第3月末  
第4月末 恥骨結合上2-3横指
第5月末 恥骨結合と臍との中央
第6月末 臍高
第7月末 臍上2-3横指
第8月末 剣状突起と臍との中央
第9月末 剣状突起下2-3横指
第10月末 剣状突起と臍との中央

産褥期子宮復古

G10M.307
産褥 子宮底の高さ
0日分娩直後 臍下3横指
0日12時間後 臍高(右に傾く)
1-2日 臍下1-2横指
3日 臍下3横指
5日 臍高と恥骨結合上縁との中間
7日 恥骨結合上縁
10日 腹壁から触れない


妊婦健康診査」

  [★]

prenatal examination
妊婦健診antenatal examination
母子保健法

妊婦健康診査の回数

NGY.314 平成8年11月20日付け児発第934号局長通知
  • 妊娠初期から妊娠23週まで:4週間に1回:
  • 妊娠24週から妊娠35週まで:2週間に1回:第7月~
  • 妊娠36週から      :1週間に1回:第10月~
これに沿って受診した場合、受診回数は14回程度となるらしい(参考2)

内容

NGY.314 参考1
  • 子宮底長:妊娠16週以降に触れる
  • 腹囲
  • 血圧
  • 浮腫
  • 尿蛋白
  • 尿糖
  • 体重
  • その他
  • ヘモグロビンは初期検査の他に2回程度計測。 → 鉄欠乏性貧血
(妊娠第10月前後~)尿中エストリオール測定、NST(分娩監視装置を用いたノンストレス試験)

G10M.46

  • 妊娠中期末~後期初に血液一般検査、50gグルコースチャレンジテストが施行される。

母子保健法

  • 母子保健法#第13条で「市町村は、必要に応じ、妊産婦又は乳児若しくは幼児に対して、健康診査を行い、又は健康診査を受けることを勧奨しなければならない」としている。

妊婦健康診査臨時特例交付金

健康診査は保険外であり、全額自費負担であるが、平成23年4月から2年間の期限付きで公費による助成が行われている、らしい。

参考

  • 1. 母子健康手帳の様式(省令様式部分)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/01/dl/s0115-2a1.pdf
  • 2. 妊婦健康診査の現状について - 厚労省 2009年1月時点?
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/01/dl/s0108-4b_0022.pdf
  • 3. 妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果について
[display]http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001ylvj.html


子宮」

  [★]

uterus (Z), womb, metra
内性器

発生学的由来

解剖

支持構造

組織

子宮

子宮の大きさ

  • 鶏卵大。(非妊娠時)逆位の前後にやや扁平な西洋梨状で長さ約7cm、幅約4cm、厚さ約2.5cm、重さ30~40g。

妊娠と子宮の大きさ、子宮底の高さ、恥骨結合上縁から子宮底までの長さ

妊娠月数 子宮の大きさ 子宮底の高さ 恥骨結合上縁から子宮底までの長さ
第1月末 鶏卵大      
第2月末 鵞卵大      
第3月末 手拳大      
第4月末 小児頭大 恥骨結合上2-3横指 12cm (妊娠月数x3)
第5月末 成人頭大 恥骨結合と臍との中央 15cm
第6月末   臍高 21cm (妊娠月数x3+3)
第7月末   臍上2-3横指 24cm
第8月末   剣状突起と臍との中央 27cm
第9月末   剣状突起下2-3横指 30cm
第10月末   剣状突起と臍との中央 33cm
 
産褥0日分娩直後   臍下3横指 11cm  
産褥0日12時間後   臍高(右に傾く) 15cm  
産褥1-2日   臍下1-2横指 12cm  
産褥3日   臍下3横指 10cm  
産褥5日   臍高と恥骨結合上縁との中間 9cm  
産褥7日(産褥1週) 手拳大 恥骨結合上縁    
産褥10日   腹壁から触れない    
(産褥6週) 鶏卵大      

臨床関連

  • 炎症疾患
  • 腫瘍、類腫瘍



子宮底」

  [★]

fundus of uterus (Z)
fundus uteri
子宮子宮底の高さ
  • 子宮底の高さ (NGY.294)
  • 恥骨結合上縁から子宮底の高さ (NGY.294)
  • 第4月から第5月 :妊娠月数×3 cm
  • 第6月から第10月:妊娠月数×3+3 cm





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡