子宮口

出典: meddic

uterine os
ostium uteri
子宮外子宮口内子宮口産科学的内子宮口組織学的内子宮口解剖学的内子宮口


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-25-25 内子宮口付近で不正な流動性エコーを認めplacenta lakeと考えられた前置胎盤の1症例(Group59 胎盤異常(症例),一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 原田 佳世子,武信 尚史,伊藤 善啓,矢田 有里,池田 ゆうき,加藤 徹,小森 慎二
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 648, 2011-02-01
  • NAID 110008509369
  • P1-18-27 前置胎盤において内子宮口から覆われた胎盤辺縁までの距離は分娩時の出血に関連する(Group38 妊娠・分娩・産褥の生理・前置胎盤2,一般演題,第63回日本産婦人科学会学術講演会)
  • 林 龍之介,角野 由佳,坂本 宜隆,愛甲 啓,河野 亮介,三嶋 すみれ,品川 貴章,上妻 友隆,下村 卓也,河田 高伸,堀 大蔵,嘉村 敏治
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 582, 2011-02-01
  • NAID 110008509173

関連リンク

2005年7月16日 ... 22日が出産予定日です。14日の健診で「子宮口が1cm開いている」「予定日より遅く なりそう」と言われました。実際のところ、子宮口1cm→陣痛または出産まで、どのく...
gooベビー「子宮口が開いていると言われたら」についてのページです。妊娠中の月齢別 の情報、妊娠中の悩み、病気、マタニティ・レシピ等を詳細にご紹介しています。特集 コラムや掲示板も充実しています。

関連画像

350px-Cervix.jpg子 宮口 が 1 センチ 開いて 子宮口内診シミュレーター子宮口の わたし も 納得 の 子 宮口 子宮口


★リンクテーブル★
国試過去問105G060」「105G059」「105G061」「104F031」「106E047」「108F023」「106A059」「104E042」「105C023」「103A021」「106G043」「104E046」「104H001」「104G029」「095A045
リンク元子宮頚部」「内子宮口」「子宮腟部」「子宮体部」「組織学的内子宮口
拡張検索子宮口全開大」「外子宮口」「子宮口開大曲線
関連記事子宮」「

105G060」

  [★]

  • 次の文を読み、59-61の問いに答えよ。
  • 39歳の初産婦。妊娠41月2週 陣痛発来のため入院した。
  • 現病歴   妊娠初期から定期的に妊婦健康診査を受けている。これまでの超音波検査で子宮体部右側に直径5cm大の漿膜下筋腫を指摘されている。その他には妊娠経過に特記すべきことはない。本日午前1時から10分周期の規則的な陣痛が発来したが自宅で待機していた。午前9時に来院した。
  • 既往歴  15歳で虫垂炎手術。
  • 家族歴   母親が2型糖尿病。
  • 月経歴   初経12歳。周期28日、整。
  • 現症   意識は清明。身長162cm、体重71kg(非妊時63kg)。体温36.5℃。脈拍80/分、整。血圧124/76mmHg。子宮底長37cm、腹囲96cm。下腿に浮腫を認めない。Leopold触診法で児背を母体の左側に触れる。陣痛周期は3分。内診所見:先進部は小泉門で母体の左後方に触れる。子宮口5cm開大、展退度60%、児頭下降度SP+1cm。子宮口の位置は中央、硬さは軟である。未破水である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。超音波検査では羊水ポケット1cm、胎児推定体重3,500 g。胎児心拍数陣痛図胎児心拍数パターンに異常を認めない。
  • 出生直後の新生児の異常として注意すべきなのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G059]←[国試_105]→[105G061

105G059」

  [★]

  • 次の文を読み、59-61の問いに答えよ。
  • 39歳の初産婦。妊娠41月2週 陣痛発来のため入院した。
  • 現病歴   妊娠初期から定期的に妊婦健康診査を受けている。これまでの超音波検査で子宮体部右側に直径5cm大の漿膜下筋腫を指摘されている。その他には妊娠経過に特記すべきことはない。本日午前1時から10分周期の規則的な陣痛が発来したが自宅で待機していた。午前9時に来院した。
  • 既往歴  15歳で虫垂炎手術。
  • 家族歴   母親が2型糖尿病。
  • 月経歴   初経12歳。周期28日、整。
  • 現症   意識は清明。身長162cm、体重71kg(非妊時63kg)。体温36.5℃。脈拍80/分、整。血圧124/76mmHg。子宮底長37cm、腹囲96cm。下腿に浮腫を認めない。Leopold触診法で児背を母体の左側に触れる。陣痛周期は3分。内診所見:先進部は小泉門で母体の左後方に触れる。子宮口5cm開大、展退度60%、児頭下降度SP+1cm。子宮口の位置は中央、硬さは軟である。未破水である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。超音波検査では羊水ポケット1cm、胎児推定体重3,500 g。胎児心拍数陣痛図胎児心拍数パターンに異常を認めない。
  • 入院時の診断として正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a 微弱陣痛である。
  • b 第2胎向である。
  • c 第2回旋の異常である。
  • d Bishopスコアは4点である。
  • e 児頭最大周囲径の位置は骨盤濶部にある。
[正答]


※国試ナビ4※ 105G058]←[国試_105]→[105G060

105G061」

  [★]

  • 次の文を読み、59-61の問いに答えよ。
  • 39歳の初産婦。妊娠41月2週 陣痛発来のため入院した。
  • 現病歴   妊娠初期から定期的に妊婦健康診査を受けている。これまでの超音波検査で子宮体部右側に直径5cm大の漿膜下筋腫を指摘されている。その他には妊娠経過に特記すべきことはない。本日午前1時から10分周期の規則的な陣痛が発来したが自宅で待機していた。午前9時に来院した。
  • 既往歴  15歳で虫垂炎手術。
  • 家族歴   母親が2型糖尿病。
  • 月経歴   初経12歳。周期28日、整。
  • 現症   意識は清明。身長162cm、体重71kg(非妊時63kg)。体温36.5℃。脈拍80/分、整。血圧124/76mmHg。子宮底長37cm、腹囲96cm。下腿に浮腫を認めない。Leopold触診法で児背を母体の左側に触れる。陣痛周期は3分。内診所見:先進部は小泉門で母体の左後方に触れる。子宮口5cm開大、展退度60%、児頭下降度SP+1cm。子宮口の位置は中央、硬さは軟である。未破水である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。超音波検査では羊水ポケット1cm、胎児推定体重3,500 g。胎児心拍数陣痛図胎児心拍数パターンに異常を認めない。
  • 胎盤娩出直後から持続的な出血を認めている。原因として考えにくいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G060]←[国試_105]→[105G062

104F031」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 34歳の経産婦。反復する下腹部痛と少量の性器出血とを主訴に来院した。
  • 現病歴:  妊娠12週まで近くの診療所健診を受けていたが、経済的理由でその後は受診していなかった。本日朝から下腹部痛と性器出血とを自覚した。妊娠37週1日に相当していた。
  • 既往歴・生活歴・家族歴:   特記すべきことはない。
  • 現 症:  意識は清明。身長153cm、体重72kg。体温37.1℃。脈拍84/分、整。血圧142/86mmHg。子宮底長 28cm、腹囲 95cm。3~5分間欠で疼痛を伴う子宮収縮を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白1+、糖(-)。血液所見: 赤血球 320万、Hb 9.5g/dl、Ht 28%、白血球 9,000、血小板 11万。血液生化学所見: 総蛋白 6.5g/dl、アルブミン 3.6g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl。CRP 0.4mg/dl。
  • 内診で、子宮口は2cm関大、展退度 40%、児頭の下降度はSP-2cm。未破水である。胎児心拍数陣痛図(別冊No.4)を別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104F030]←[国試_104]→[104G001

106E047」

  [★]

  • 33歳の1回経妊1回経産婦。妊娠27週。腹部緊満感を主訴に来院した。 2週前から腹部の緊満を感じていたという。昨日から上腹部の圧迫感を自覚するようになったため受診した。身長156cm、体重62kg。脈拍84/分、整。血圧116/58mmHg。子宮底長35cm、腹囲92cm。内診子宮口は閉鎖している。腟分泌物は少量、淡血性である。経腟超音波検査で、頸管長12mm、内子宮口付近にfunneling(内子宮口の楔状の開大)を認める。腹部超音波検査で胎児は頭位であり、胎児推定体重1,008g、羊水指数(AFI)28cmである。胎盤は子宮底部に位置している。胎児心拍数陣痛図(別冊No. 6)を別に示す。
  • 現時点の対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106E046]←[国試_106]→[106E048

108F023」

  [★]

  • 33歳の 1回経妊 1回経産婦。妊娠 28週。本日朝からの軽度の下腹部痛と少量の性器出血とを主訴に来院した。妊娠 27週の妊婦健康診査までは特に異常を指摘されていなかった。腟鏡診で淡血性の帯下を少量認める。内診で子宮口は閉鎖している。胎児心拍数陣痛図で 10分周期の子宮収縮を認める。経腟超音波検査で頸管長 15 mm、内子宮口の楔状の開大を認める。腹部超音波検査で胎児推定体重は 1,200 g、羊水量は正常、胎盤は子宮底部にあり異常所見を認めない。 BPSbiophysical profile score〉は 10点である。
  • 治療薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108F022]←[国試_108]→[108F024

106A059」

  [★]

  • 32歳の6回経妊4回経産婦。妊娠40週1日で、 4,100gの男児を経腟分娩した。分娩時間は28時間で、分娩時出血量は400mgであった。分娩4時間後に、凝血塊を含む700mgの性器出血を認めた。
  • 意識は清明。体温36.5℃。脈拍96/分、整。血圧96/48mmHg。呼吸数18/分。腟鏡診分泌物は血性中等量で、頚管腟壁とに裂傷を認めない。内診で子宮口は2cm開大し、子宮底は臍高で軟らかく触知する。血液所見:赤血球360万、 Hb9.8g/dl、 Ht37%、白血球5,600、血小板30万。 CRP0.2mg/dl。
  • 分娩4時間後の出血の誘因として考えられるのはどれか。 3つ選べ。
  • a 母体年齢
  • b 分娩回数
  • c 分娩週数
  • d 児体重
  • e 分娩時間


[正答]


※国試ナビ4※ 106A058]←[国試_106]→[106A060

104E042」

  [★]

  • 28歳の初産婦。妊娠39週4日。陣痛発来のため入院した。入院時の外診では第1頭位だった。内診子宮口 7cm開大、展退度 80%、児頭の下降度はSP+3cm、子宮頚部は軟、子宮口の位置は前方である。緊満した胎胞を認め、卵膜を介して矢状縫合を1時から7時方向に触知する。子宮口の中央部に小泉門を触れるが、大泉門は触れない。
  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104E041]←[国試_104]→[104E043

105C023」

  [★]

  • 33歳の初産婦骨盤位のため自宅近くの産科診療所にて妊娠39週で帝王切開を受けた。その後、性器出血が持続したため、術後3時間で搬入された。意識レベルはJCS II-10。マスクで酸素投与(6L/分)されている。呼吸数24/分。臥位で脈拍140/分、整。血圧68/38mmHg。皮膚は蒼白で冷たい。腹部は平坦で、子宮底は臍下2cmに硬く触知する。腟鏡診子宮口からの新たな出血を認めない。
  • まず行うべき処置はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C022]←[国試_105]→[105C024

103A021」

  [★]

  • 38歳の経産婦。妊娠41週。陣痛発来と破水とを主訴に来院した。入院3時間後の内診子宮口は6cm開大。胎児心拍数陣痛図で、陣痛周期は1分30秒、持続時間は60秒、心拍数基線は160bpm、基線細変動は10bpm、遅発一過性徐脈を示している。
  • まず投与するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103A020]←[国試_103]→[103A022

106G043」

  [★]

  • 28歳の1回経妊1回経産婦。妊娠38週。 2時間前に水様帯下があり来院した。第1子は自然経腟分娩であった。来院後、 3分間隔の規則的な陣痛が発来した。内診子宮口は4cm関大、児頭下降度SP±0である。先進部は小泉門で2時の位置に触れ、矢状縫合を2時から8時にかけて認める。
  • 児頭の回旋時期の判断で正しいのはどれか。
  • a 第1回旋の直後
  • b 第2回旋の途上
  • c 第2回旋の直後
  • d 第3回旋の途上
  • e 第3回旋の直後


[正答]


※国試ナビ4※ 106G042]←[国試_106]→[106G044

104E046」

  [★]

  • a 第1回旋前
  • b 第1回旋
  • c 第2回旋
  • d 第3回旋
  • e 第4回旋
[正答]


※国試ナビ4※ 104E045]←[国試_104]→[104E047

104H001」

  [★]

  • 妊娠経過で異常なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G069]←[国試_104]→[104H002

104G029」

  [★]

  • 展退について正しいのはどれか。
  • a 外子宮口から進行する。
  • b 破水すると進行しにくい。
  • c 経腟超音波検査で診断する。
  • d 100%なら子宮口は全開大している。
  • e 子宮頚管の短縮度として表現される。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G028]←[国試_104]→[104G030

095A045」

  [★]

  • (1) 胎児の固定
  • (2) 頚管の展退度
  • (3) 子宮口の位置
  • (4) 子宮収縮の頻度
  • (5) 血性粘液の排出
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095A044]←[国試_095]→[095A046

子宮頚部」

  [★]

uterine cervix, cervix of uterus, cervical canal of uterus, uterine neck
canalis cervicis uteri, cervix uteri
子宮頸部
子宮頚管 子宮頸管頸管 cervical canal子宮口子宮
uterocervicalcervical
[show details]


組織


内子宮口」

  [★]

internal os (N), internal os of uterus (Z), internal uterine os
子宮口


子宮腟部」

  [★]

vaginal portion of cervix
portio vaginalis uteri
子宮口


子宮体部」

  [★]

uterine body
corpus uteri
子宮子宮口


組織学的内子宮口」

  [★]

histological internal os (Z)
子宮口


子宮口全開大」

  [★]

分娩開始産徴陣痛ビショップスコアフリードマン子宮口開大曲線分娩、胎児娩出
  • 分娩1期(開口期)の終わりであり、分娩第2期(娩出期)が始まる。


外子宮口」

  [★]

external os of uterus (Z), external uterine os
子宮口


子宮口開大曲線」

  [★]

cervical dilatation curve
子宮口開大

子宮」

  [★]

uterus (Z), womb, metra
内性器

発生学的由来

解剖

支持構造

組織

子宮

子宮の大きさ

  • 鶏卵大。(非妊娠時)逆位の前後にやや扁平な西洋梨状で長さ約7cm、幅約4cm、厚さ約2.5cm、重さ30~40g。

妊娠と子宮の大きさ、子宮底の高さ、恥骨結合上縁から子宮底までの長さ

妊娠月数 子宮の大きさ 子宮底の高さ 恥骨結合上縁から子宮底までの長さ
第1月末 鶏卵大      
第2月末 鵞卵大      
第3月末 手拳大      
第4月末 小児頭大 恥骨結合上2-3横指 12cm (妊娠月数x3)
第5月末 成人頭大 恥骨結合と臍との中央 15cm
第6月末   臍高 21cm (妊娠月数x3+3)
第7月末   臍上2-3横指 24cm
第8月末   剣状突起と臍との中央 27cm
第9月末   剣状突起下2-3横指 30cm
第10月末   剣状突起と臍との中央 33cm
 
産褥0日分娩直後   臍下3横指 11cm  
産褥0日12時間後   臍高(右に傾く) 15cm  
産褥1-2日   臍下1-2横指 12cm  
産褥3日   臍下3横指 10cm  
産褥5日   臍高と恥骨結合上縁との中間 9cm  
産褥7日(産褥1週) 手拳大 恥骨結合上縁    
産褥10日   腹壁から触れない    
(産褥6週) 鶏卵大      

臨床関連

  • 炎症疾患
  • 腫瘍、類腫瘍



口」

  [★]

mouth
os
oral cavity




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡