子孫ウイルス

出典: meddic

和文文献

  • 3′末端領域を改変した感染性クローバー葉脈黄化ウイルス(CIYVV)cDNAの子孫ウイルスゲノムの解析
  • 関口 博史,高橋 葉子,上田 一郎
  • 日本植物病理學會報 66(2), 156-157, 2000-08-25
  • NAID 110002737772
  • (20) クローバー葉脈黄化ウイルス(CIYVV)変異株に由来する子孫ウイルスRNAの3'非翻訳領域の回復 (北海道部会講演要旨)
  • 関口 博史,高橋 葉子,上田 一郎
  • 日本植物病理學會報 65(6), 697, 1999-12-25
  • NAID 110002733783

関連リンク

暗黒期においてはウイルス粒子は脱殻を行い、ウイルスタンパク質や核酸の合成を 行なう。子孫ウイルスの出現により再びウイルス粒子の検出が可能となる。感染後に 子孫ウイルスが細胞外に放出されるまでの期間を潜伏期と呼び、細胞膜表面で成熟し て放出 ...
ウイルスは宿主のこの遺伝情報の流れに乗り、或は完全に乗っ取って、その遺伝情報 を増幅し、その子孫ウイルス粒子を作る。 RNA と DNA はお互いに対応する塩基配列を 持つので、遺伝情報は DNA であっても RNAであっても良い。又、1本鎖であっても、2 ...

関連画像

ウイルスの特徴(1)ウイルス インフルエンザウイルス粒子の NAの効果 AはNA阻害剤なし Bは ウイルス (写真:人工突起を


★リンクテーブル★
関連記事ウイルス」「子孫」「

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




子孫」

  [★]

offspringprogenydescendentdescendant
出生児


孫」

  [★]

grandchildgrandchildren




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡