嫌酒薬

出典: meddic

alcoholphobic
抗酒薬酒量抑制薬
アルコール依存症治療薬
[show details]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 17) 嫌酒薬内服中飲酒後発症し胸痛, 心電図変化の遷延した冠攣縮性狭心症の一例(第122回東海・第107回北陸日本循環器学会合同地方会)
  • 高見澤 徹,澤田 玲民,竹村 仁志,遠藤 光明
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 68(Supplement_II), 787, 2004-04-20
  • NAID 110002690167
  • 嫌酒薬Disulfiramの薬理

関連リンク

アルコール依存症の薬物療法 アルコール依存症の断酒維持のための薬物療法として、抗酒薬(ジスルフィラム・シアナミド)と飲酒欲求を減らす薬(アカンプロサート)が利用できます。抗酒薬は飲酒後の不快反応を利用して心理的に ...
嫌酒薬を服用すると 現在日本でアルコール依存症のリハビリテーション中に使える薬は限定されています。嫌酒薬といわれ、一般名でシアナミド、ジスルフィラムという薬があるだけです。 この嫌酒薬はお酒が嫌いになる薬ではなく ...

関連画像

 酒を嫌いにさせる薬(嫌酒薬 の作用機序:抗酒薬(嫌酒薬抗酒薬」に関する画像一覧薬理Ⅱ:嫌酒薬、メタノール 薬理Ⅱ:嫌酒薬、メタノール Doctor PGの備忘録


★リンクテーブル★
先読みアルコール依存症治療薬
国試過去問105C027
関連記事

アルコール依存症治療薬」

  [★]

alcohol-dependence deterrent
アルコール症治療薬 alcoholism deterrent、慢性アルコール中毒治療薬 alcohol-abuse deterrent


105C027」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 40歳の男性。性格の変化を主訴に妻と実姉とに伴われて来院した。
  • 現病歴   最近、すぐ怒り出すようになった。自己中心的に生活しており、常識的な対応ができなくなってきた。自閉症である8歳の長男の世話を頼まれても、飲酒し放置している。家族がアルコールの飲み過ぎを指摘すると否定し、隠れ飲みをしている。しばしば仕事を休んでは朝から焼酎を飲んでいる。患者本人は特別な症状では悩んでいない。家族に説得されてしぶしぶ一般内科を受診した。
  • 既往歴   35歳時に痛風
  • 生活歴   会社員。夜勤が多い。飲酒歴は焼酎4合/日(本人の申告: 2台/日)を15年間。喫煙歴はない。
  • 家族歴   長男が自閉症
  • 現症   意識は清明。身長172cm.体重82kg。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧150/100mmHg。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。肝・脾を触知しない。
  • まず行うべき対応はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105C026]←[国試_105]→[105C028

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡