好酸球性肉芽腫

出典: meddic

好酸球性肉芽腫症

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 30.両側網状陰影に対し胸腔鏡下肺部分切除術を施行し診断された肺好酸球性肉芽腫の1例(第133回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
  • 石井 大,天野 英樹,伊豫田 明,小川 史洋,松井 啓夫,原 英則,久朗津 尚美,根津 賢司,吉村 博邦,佐藤 之俊,益田 典幸,三枝 信,岡安 勲
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 32(5), 475, 2010-09-25
  • NAID 110007730668
  • 自然気胸術後に診断された肺好酸球性肉芽腫症の2例
  • 古北 由仁,浜口 伸正,谷田 信行,坪井 光弘
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 24(4), 695-700, 2010-05-15
  • … した.CTでは明らかな肺嚢胞を指摘できなかったが,診断と治療を兼ねて手術を行った.肺尖部に微小な嚢胞を認め,それに対して胸腔鏡下右肺嚢胞切除術を施行した.2症例とも術後病理組織検査で肺好酸球性肉芽腫症の診断を得た.術後は禁煙を徹底し,本疾患の増悪や気胸の再発はなく経過している.自然気胸手術においては本疾患の可能性を考慮して,喫煙歴などの詳細な病歴聴取や切除標本の十分な病理組織 …
  • NAID 10026475623

関連リンク

好酸球性肉芽腫。好酸球性肉芽腫とはどんな病気か 血液を作る骨髄の細胞のうち、組織球と呼ばれる大型の細胞が増殖した病気です。顕微鏡で見ると、この組織球のまわりにはエオジンという染色液によく染まる赤い細胞質と2つの ...
好酸球性肉芽腫症候群とは皮膚がえぐれたり、脱毛したりする病気です。症状の発生場所や状態によって無痛性潰瘍、好酸球性プラーク、好酸球性肉芽腫の3つに大別されます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問105D029
リンク元胃粘膜下腫瘍」「eosinophilic granuloma
拡張検索好酸球性肉芽腫症」「軟部好酸球性肉芽腫」「骨好酸球性肉芽腫
関連記事好酸球」「肉芽腫」「好酸」「好酸球性」「

105D029」

  [★]

  • 10歳の男児。右下肢痛のため家族に伴われて来院した。 4か月前から誘因なく右大腿部痛が出現したという。痛みは安静時、運動時ともにあり、夜間に増悪する。右下肢の皮膚、筋および関節に異常を認めない。右大腿骨のエックス線検査で異常が疑われたため撮影した両大腿部の単純CT(別冊No.7)を別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105D028]←[国試_105]→[105D030

胃粘膜下腫瘍」

  [★]

gastric submucosal tumor, submucosal tumor of the stomach
粘膜下腫瘍

分類

組織型による分類

SSUR.504
  • 上皮性
  • 非上皮性
  • 好酸球性肉芽腫





eosinophilic granuloma」

  [★] 好酸球性肉芽腫 EG


好酸球性肉芽腫症」

  [★]

eosinophilic granuloma EG
好酸球性肉芽腫好酸球肉芽腫骨好酸球性肉芽腫
ランゲルハンス細胞組織球症 histiocytosis X軟部好酸球性肉芽腫。扁平椎
[show details]




軟部好酸球性肉芽腫」

  [★]

eosinophilic granuloma of soft tissue
木村病, Kimura's disease, Kimura disease
好酸球性肉芽腫好酸球性リンパ濾胞様構造増生性肉芽腫



骨好酸球性肉芽腫」

  [★] 好酸球性肉芽腫症


好酸球」

  [★]

eosinophil (Z), eosinophile
顆粒球白血球好塩基球


  • 白血球
  • 顆粒球

組織学

  • 酸性色素(エオシン)で染まる顆粒(好酸性顆粒)を持つ → ギムザ染色っぽい顆粒がみえる (HIS.190 図10-3)
塩基性の成分が含まれている?
  • 二分葉の核 (HIS.197)
  • 直径は10-14μm (HIS.197)
  • 末梢血

顆粒

  • 寄生虫の破壊、抗原抗体複合体の加水分解
  • 特殊顆粒:主要塩基性タンパク質、好酸性陽イオンタンパク、好酸球由来神経毒素

機能 (HIS.198)

  • ケモカインによる遊走
  • ヒスタミン、ロイコトリエン、好酸球走化因子と結合して、これに向かって遊走する。
  • 顆粒の分泌
  • 抗原抗体複合体の取り込み、およびファゴサイト内での分解

基準値

  • 好酸球比率(白血球比):2-4%

好酸球数の変化

  • 増加
  • 寄生虫感染症、アレルギー疾患(特に、I型アレルギー)
  • 喘息、ある種の腫瘍
  • 減少:

サイトカイン

  • IL-5の受容→好酸球の前駆細胞増殖、前駆細胞から好酸球への分化促進 (HIS.197)


臨床関連



肉芽腫」

  [★]

granuloma
肉芽腫症

分類

NDE.34

肉芽腫を形成する疾患

  • 感染症
  • 抗酸菌(結核、、らい菌)
  • 真菌(クリプトコッカス、アスペルギルス、ヒストプラズマ、ブラストミセス、コクシジオイデスなど)
  • トレポネーマ(梅毒)
  • その他の菌(ネコひっかき病など)
  • 炎症性疾患(サルコイドーシス、クローン病、血管炎・膠原病、過敏性肺臓炎など)
  • 異物(ベリリウム、バリウム、縫合糸)



好酸」

  [★]

eosinophilic
エオシン好性エオジン好性好酸球好酸性好酸球性


好酸球性」

  [★]

eosinophilic
エオシン好性エオジン好性好酸好酸球好酸性


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1user/password 20
2ミタゾラム 効果 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
5多毛日本 12
61,1024,768,24 HTTP/1.1 8
7user/register 8
8ラクテック 8
9cefpodoxime proxetil BCS 8
10盲斑 7
111,320,568,24 HTTP/1.1 7
12日常生活自立度 6
13Salivary glands 5
14viraldeath解剖 5
15ルリッシュ症候群 5
16サイズの原理 筋電図 5
17メトロイリーゼ 4
18?mesterolon? Britain 4
19vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
20ハルトマン 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1user/password 9
2医の倫理 国際網領 4
3ハルトマン 3
4ソルデム 3
5顔面失行 3
6動脈血柱反射 3
7ワレンベルグ症候群 3
8monnro-kou 3
9扁平コンジローマ 3
10サーモグラフィー 末梢循環障害 2
11化学性腹膜炎 2
12高カルシウム血症 2
13シンプソン徴候 2
14自動性 2
15眼球圧迫法 2
16ポイツイエーガー症候群 2
17albright 症候群 2
18心窩部痛 2
19シドフォビル 2
20強皮症 下部食道蠕動運動 2