失語症検査

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 進行性非流暢性失語について
  • 髙ノ原 恭子
  • 大阪河崎リハビリテーション大学紀要 = Journal of Osaka Kawasaki Rehabilitation University 8(1), 3-8, 2013-10
  • NAID 40019917739
  • 重度失語症検査 (特集 これでOK! 保存版 知っておきたいリハビリ評価21) -- (高次脳機能評価)

関連リンク

標準失語症検査(Standard Language Test of Aphasia: SLTA). 編集:日本高次脳 機能障害学会著者:日本高次脳機能障害学会 Brain Function Test委員会. ☆わが国 における失語症の代表的な検査です。26項目の下位検査で構成されており、「聴く」「 ...
失語症の分類は多くなされてきた。また、見方によっても分類は変わる。失語は一種類 しかないと主張する立場から、100人失語症者がいれば100通りの失語があるとする 向きもあるが、一般には標準失語症検査(SLTA)などの検査による機能評価、CT、MRI 画像 ...

関連画像

 /商品詳細 SALA 失語症検査SLTA 標準失語症検査標準失語症検査マニュアル☆失語症検査実習


★リンクテーブル★
関連記事失語症」「検査

失語症」

  [★]

aphasia
失語
感覚性失語症(ウェルニッケ失語症)、運動性失語症(ブローカ失語症)
dysphasia



流暢性と失語 (BET.250)

  非流暢性失語 流暢性失語
発語の量 少ない 正常または多い
発語に対する努力 努力を要する 正常
韻律 傷害されている 正常
句の長さ 短い 長い
統語障害 単語の羅列が多い(失文法) 言葉としてはつながっているがよく分からない(錯文法)
錯語 まれ 多い
言語促迫 減少 増加
障害部位 ブローカ野 ウェルニッケ野



検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡