失構音

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 認知症における失語 (特集 認知症の神経心理学)
  • 大槻 美佳
  • 老年精神医学雑誌 22(11), 1255-1261, 2011-11
  • NAID 40019073123
  • 今日における失語の古典分類 (特集 失語・失行・失認のリハビリテーション)
  • 松田 実
  • Monthly book medical rehabilitation (99), 7-12, 2008-11
  • NAID 40016370248

関連リンク

言語療法士 言語能力を回復したり維持したりするためには、訓練が必要です。 運動性構音障害の場合、言語療法士のもとで呼吸法や発声、構音の訓練をします。練習は単音節から始まり、単語、短文、会話文へと続けていきます。
失調性構音障害の患者の発話はどんなものか?・・・・一言で言ってしまえば・・・それは、「酔っ払いがしゃべっている」ような発話である。 酔っぱらったようなしゃべりというのは、たとえば、数語ずつ、途切れ途切れで ...

関連画像

 ご)と失構音(しつこうおん難病情報センター | 進行性多巣 図8:運動障害性構音障害失構音(発語失行)


★リンクテーブル★
関連記事」「構音

音」

  [★]

tonesound
緊張緊張度トーン響く健全


構音」

  [★]

articulation
調音、言語構音 speech articulation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡