大阪船員保険病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 大阪船員保険病院

url

理念

  • 「やさしさと安心の医療で人々につくします。」

住所

  • 〒552-0021 大阪市港区築港1-8-30

診療の特徴、実績

  • 内科は日本内科学会教育関連施設、日本循環器学会研修施設、日本消化器病学会認定施設、日本消化器内視鏡学会認定施設、日本腎臓病学会研修施設、日本透析医学会認定施設であり各分野の専門医が消化器内科、循環器内科(心臓及び脳血管)、腎臓病内科、内分泌(糖尿病)内科、呼吸器内科を診療している。【特色】大阪市港区の拠点病院で地域医療の中核を担っている。内科は、common diseaseから専門診療を必要とする疾患まで幅広く対応している。初期研修の第1の目標であるプライマリー・ケアーをカバーし、将来的には内科専門医から開業まで幅広い選択が可能である。後期研修または大学大学院への進学の道も開かれている。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 221.6人

一日平均外来患者数

  • 673.4人

平均在院日数(一般/精神)

  • 18.5日/0.0日

年間分娩件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 5件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/2回

当院の救急医療の特徴

  • 内科一般および整形外科の一次及び二次救急を行っている。急性心筋梗塞、急性心不全、腎不全、消化管出血にも対応している。緊急手術の必要な消化器疾患は、当院外科のバックアップを得ている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科/整形外科

一日平均救急外来患者数

  • 13.7人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 3.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 16人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(1回10,000円)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • ・平日17:20-翌8:45    ・土日祝等休日8:45-17:20-翌8:45入院患者及び時間外救急外来患者の診療対応等を指導医と共に行う

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  •  ゲームのCMではありませんが、優れた医療人になるには「愛」と「力」と「勇気」が必要です。「愛」は患者さんを思いやる「心」、「力」は患者さんを的確に診断し治療を施す「知識・能力・コミュニケーション力」、「勇気」とは不確実な診断結果を基に100%確実に治るとは言えない医療行為を経験に基づいて行えるだけの「胆力」であります。皆さんの「愛」と「力」は皆さんが医学部を受験してから医師国家試験を合格される間に試され、ある程度身について来ていると思います。これに対して「勇気」は皆さんが初期臨床研修の場で経験を積みながら心の中に育んで行かなければならないものです。経験の裏付けが無い「胆力」は、勇気ではありません。それは「無謀」です。賢明なみなさんは既にご存じだと思いますが、初期臨床研修のレベルは病院によって大きく異なり、その実力の程は先輩研修医のバイアスの入った話を聞いても見えてきません。当院はこれまで多数の医療人や大学人を輩出し、大阪大学や兵庫医科大学の臨床教授が指導医として在籍しています。是非、当院で充実した研修を楽しむとともに、臨床経験を積んで「愛」と「力」、そして「勇気」を自身の中に育んでください。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 初期研修で大切なのは、難しい手技や希な疾患を学ぶ事ではなく、将来どの科に進んでも必要となる手技や疾患を数多く経験することではないでしょうか、そういった観点から考えると、当院は275床ほどの地域に密着した中規模病院であり、初期研修に最適であると思います。研修医の数が少ないため経験できる症例数が豊富ですし、全ての先生方に顔を覚えていただけるため、他科でもコンサルトしやすく、しかも親身に応じていただけます。小回りが利く規模であるため研修の自由度が高く、自分の希望どおりプログラムが組めるのも魅力です。もちろん、より良い研修にするためには、自分の意欲がもっとも大切です。大阪船員保険病院には、意欲を伸ばせる環境、症例、上級医がそろっています。興味を持った人は、ぜひ、当院に見学、実習に来てください。大阪船員保険病院での2年間は、今後、医師として働いていくうえで、すばらしい財産になると思います。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 術前化学療法が奏効し乳房温存療法を施行した乳腺浸潤性微小乳頭癌の1例
  • 鈍的外傷により膝窩動脈閉塞症をきたした1例
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 57(4), 891-892, 2014
  • NAID 130004699156

関連リンク

大阪船員保険病院では、最新MRIの導入により、病気の検査がより早く、患者さまの苦痛もなく受けられるように ... 10月7日(木) 10月8日(金) 代診 欠田(かんだ)医師 10月21日(木) 10月22日(金) 代診 欠田医師
大阪船員保険病院 (大阪府大阪市港区) の治療実績・手術件数を医療機関の報告・DPCに基づく数値で検索することができます。 治療実績を手術件数、手術なし別でわかりやすく調べることができます。さらに全国、大阪府内での順位も ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡