大阪府済生会泉尾病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 大阪府済生会泉尾病院

url

理念

  • 「救療済生」の済生会精神に基づいて、患者さんに信頼される質の高い医療を提供します。

住所

  • 551-0032 大阪市大正区北村3-4-5

診療の特徴、実績

  • 1.地域医療の中核となる急性期病院2.24時間救急診療の実施3.病診連携の強化4.医療・保健・福祉ネットワークの構築

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 280.0人

一日平均外来患者数

  • 750.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.5日/0.0日

年間分娩件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 11件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/5回

当院の救急医療の特徴

  • 二次救急医療機関として外科系と内科系は24時間の救急診療を実施し、眼科は輪番制で参加している。年間6000件の救急患者を受入れており、うち1500件は救急搬送者である。当院は、平成14年度に日本救急医学会認定医指定施設となっており、今後も救急医療に注力して行く予定である。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科系/外科系/循環器内科/眼科

一日平均救急外来患者数

  • 20.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 6.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 50人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 3人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 当直に代わる昼間・夜間の交代制勤務の導入を検討中

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院の臨床研修目標は、初期治療を学び、医師としての基礎を固めることにあります。そのためには急性期(350床)、回復期リハビリ(60床)、療養(60床)の病院は最も研修効率の良い規模です。ローテート中でも他科の指導医に気軽に質問できる雰囲気がありますし、循環器内科と外科、放射線科と消化器内科…のように、いつもチームを作って活動しています。医師として最初の数年に叩き込んでおくべきことに救急医療があります。当院では、内科系(腹部救急を含む)、循環器内科、外科系、脳神経外科(神経内科を含む)の専門医3-4名が毎日救急当直を担当しています。研修医は指導医のもとで様々な疾患について経験を積めるのです。さらに、必須診療科に加えて、整形外科と脳神経外科をローテーションに組み込んでいます。また、週に1回ずつ耳鼻科や眼科の救急指定も受けていますので、希望があれば研修可能です。一方で、当院を含む泉尾医療福祉センターは、老人福祉施設、身体障害施設、知的障害施設などに800床を有しています。研修医はここで、終末期医療や医療の社会的側面を学ぶ素晴らしい機会を得られるのです。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 現在泉尾病院に研修医は5名います。基本的に各科に1名ずつお世話になっており、お互いの科を入れ替えながら研修を進めています。ただし、院内外で行われる勉強会や講習には、その時点でローテートしている科にこだわらず、2人一緒に参加することも多いです。 私の場合、内科系研修として総合内科、消化器内科、循環器内科の順で、各科を2ヶ月弱の期間でローテートしました。各科ともに多少の差異はありますが、指導医の先生方と一緒に入院患者様を受け持ち、日中は各科の検査や治療に参加する、というのが基本的な研修スタイルです。総合内科では気管支鏡や人工透析、消化器内科では上部及び下部消化管内視鏡、循環器内科ではカテーテル検査などがその主なものです。また、患者様が救急搬送されて来た時は、一時業務を外れて当直の先生と共に救急外来に駆け付ける、というのも各科に共通しています。基本的な手技については、各科において機会がある毎に練習させて頂いていますが、研修が始まった当初、つまり総合内科を回っていた時は、午後の空いている時間に出来る限り外来の処置室に詰めるようにして、採血などの手技を練習させて頂きました。 外科系研修としては、まず麻酔科を2ヶ月間回りました。麻酔導入時における気管内挿管及び覚醒時の抜管を中心に研修しました。麻酔科という性格上、病棟患者様を担当する機会はありませんでしたが、毎週金曜日の晩に全科当直として、救急外来にいらした患者様を各科の当直医の先生方と共に診させて頂きました。12月からは脳外科をローテートしています。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • CH-3-1 術後疼痛が少なく,整容性に優れたTAPP法による単孔式腹腔鏡下ヘルニア修復術(CH-3 地域医療関連セッション(3)「鼠径ヘルニアにおける術式選択」,第114回日本外科学会定期学術集会)
  • 山道 啓吾,齊藤 卓也,菱川 秀彦,上山 庸佑,植田 愛子,田中 宏典,元廣 高之
  • 日本外科学会雑誌 115(臨時増刊号_2), 272, 2014-03-05
  • NAID 110009869105
  • OP-066-5 当科における単孔式腹腔鏡下虫垂切除術(TANKO-Appendectomy)の現状(OP-066 虫垂 内視鏡下,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)
  • 齊藤 卓也,山道 啓吾,菱川 秀彦,上山 庸佑,植田 愛子,元廣 高之
  • 日本外科学会雑誌 115(臨時増刊号_2), 432, 2014-03-05
  • NAID 110009868705

関連リンク

病院からのお知らせ 採用情報 2016-03-25 Men’s Health(メンズヘルス) 外来のご案内 2015-12-25 健活セミナーのスケジュール(平成28年1月~) 2015-10-21 診療科移転のお知らせ ...
お問合せ 予約センター 電話受付時間 (月~金)午前9:00~15:00(祝日除く) (土)午前9:00~12:00(祝日除く) 健診センター 電話受付時間 (月~金)午前9:00~17:00(祝日除く) 日・祝日、 創立記念日(5月30日) 年末年始(12 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡