大脳化

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • プレスナーの哲学的人間学における位置性の理論(6)
  • 奥谷 浩一
  • 札幌学院大学人文学会紀要 75, 61-80, 2004-03-30
  • … そして,人間が「脱中心性」という位置形式をもつがゆえに,自我と自己意識をもち,内面性の背後に「消失点」または「眺望点」をもつことを可能にしたというプレスナー人間学の根本テーゼも,むしろこれとは逆の方向で,つまり,人間が進化の過程のなかで獲得した大脳化とその所産としての自己意識が人間の「脱中心性」を可能にしたと考える方が合理的であるように思われる。 …
  • NAID 110004685964
  • プレスナーの哲学的人間学における位置性の理論(5)
  • 奥谷 浩一
  • 札幌学院大学人文学会紀要 73, 21-50, 2003-03-20
  • … 彼が言う「消失点」または「眺望点」も,人間の大脳化に伴って,自己自身を対象化しうるまでに発達を遂げた人間の自己意識から説明しうるのであるから,結局のところプレスナーはドイツ古典哲学における観念論的な伝統に回帰していると言わざるをえない。 …
  • NAID 110004685952

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 大脳化現象の用語解説 - 中枢神経のうち大脳が絶対的,相対的に大きくなっていく現象をいい,特に人類進化においてはその傾向が著しい。脊椎動物のうち,魚類では大脳はごく小さく,その ...
ヒトの大脳化と精神文化 論考 広義のヒト科に属するチンパンジー、ボノボ、ゴリラの脳容量はおよそ500mlであり、ヒト(現生人類)はその三倍の約1500mlである。おそらくヒト科の共通祖先の脳容量はやはりおよそ500ml程度であったと ...

関連画像

 は大脳基底核に含めません脳の生理的石灰化(頭部CT、頭蓋 神戸大学大学院システム情報学 E.先天性筋ジストロフィー とは言うものの、大脳化指数 症例 104 大脳基底核および大脳


★リンクテーブル★
関連記事大脳

大脳」

  [★]

cerebrum
ブロードマン野



ブロードマン野

感覚野、運動野

  • 身体各部局在 →

発生学

前脳 prosencephalon
forebrain
終脳 telencephalon 大脳半球 cerebral hemisphere
間脳 diencephalon 間脳 diencephalon
中脳 mesencephalon
midbrain
中脳 mesencephalon 中脳 midbrain
菱脳 rhombencephalon
hindbrain
後脳 metencephalon pons
小脳 cerebellum
髄脳 myelencephalon 延髄 medulla oblongata

機能障害

  優位半球 劣位半球
側頭葉 感覚性失語、Wernicke失語、同名性上1/4半盲
頭頂葉 対側の感覚
ゲルストマン症候群(手指失認、左右識別障害、失算、失書) 半側空間無視、病態失認、自己身体失認など
前頭葉 対側の運動麻痺、眼球運動(対側への追視)障害、運動性失語、知的及び精神的高次機能障害など
後頭葉 対側の同名半盲、両側後頭葉の障害ではアントン症候群
小脳 筋共同運動障害、運動・平衡障害に関係し、運動失調を呈する。測定異常、反復拮抗運動障害、筋緊張低下、運動過多、歩行異常、異常姿勢、発語障害、眼振など




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡