大槻玄沢

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/31 13:59:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

関連リンク

大槻 玄沢(おおつき げんたく)は、一関藩出身の江戸時代後期の蘭学者。名は茂質(しげかた)、字は子煥(しかん)。出身地の磐井から磐水(ばんすい)と号す。『解体新書』の翻訳で有名な杉田玄白・前野良沢の弟子。
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 大槻玄沢の用語解説 - [生]宝暦7(1757).9.28. 陸中,中里[没]文政10(1827).3.30. 江戸江戸時代後期の蘭方医,蘭学者。江戸蘭学の興隆を導いた功労者の一人。名は茂質,字は子煥,磐水はその号。

関連画像

 たく柴の記」 大槻玄沢旧所蔵大槻玄沢杉田玄白自筆大槻玄沢六十寿歌 大槻玄沢肖像



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡