大後頭直筋

出典: meddic

rectus capitis posterior major (M,K)

-図譜:M.279

起始

  • C2(棘突起)

停止

  • 後頭骨(下項線外側)

神経

  • 第1頚神経後枝(=後頭下神経)

機能

  • 頭部回旋・後方に引く

カテゴリ

後頭下筋>:後頭下筋

rectus capitis posterior major muscle

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/12 17:30:20」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 頸部深層屈筋に対する簡潔的評価:固有受容器を通して
  • 光武 翼,一ノ瀬 和洋
  • 日本理学療法学術大会 2010(0), BbPI2187-BbPI2187, 2011
  • … 頸椎疾患の外科的介入では頸部深層に位置する大後頭直筋、下頭斜筋、頸半棘筋、多裂筋、および棘間筋を温存する白石法や黒川法などの筋温存術が主流となり、深層筋群の重要性が伺える。 …
  • NAID 130005016925
  • 頭部肢位の違いと後頭下筋群の働き:肉眼解剖による観察
  • 上田 泰久,福井 勉,小林 邦彦
  • 日本理学療法学術大会 2009(0), C4P1164-C4P1164, 2010
  • … 仰臥位で後頚部の剥皮後、左側の僧帽筋上部線維,頭板状筋,頭半棘筋を剥離し、左側の後頭下筋群(大後頭直筋,小後頭直筋,上頭斜筋,下頭斜筋)を剖出した。 … <BR><B>【結果】</B>頭部肢位を屈曲位にすると上位頚椎も屈曲位となり、左大後頭直筋,左小後頭直筋,左上頭斜筋,左下頭斜筋は起始と停止が離れて緊張した状態になった。 …
  • NAID 130004582416
  • Chiari奇形の外科治療(<特集>頭蓋頸椎移行部疾患の外科治療)
  • 谷 諭,阿部 俊昭,長島 弘泰,磯島 晃,日下 康子,大橋 洋揮,栃木 悟
  • 脳神経外科ジャーナル 17(4), 293-298, 2008-04-20
  • … .(1)手術体位は頸部を十分に屈曲することが大切であるが,屈曲程度は術前に患者に体位を取らせ無理のない範囲とすべきである.(2)皮膚切聞は約5cm程度で,毛髪の中に収まるようにする.展開ではC_2へ付着する大後頭直筋などは可及的に温存する.(3)後頭蓋窩の開頭は一般的には大孔部の減圧術が行われている.この部分の骨窓は3×3cm程度のもので十分であり,外側部分を十分に減圧することが重要と考えている.単純に大きな後 …
  • NAID 110006657323

関連リンク

大後頭直筋の起始・停止】 (起始) C2(軸椎)の棘突起に付着。 ...

関連画像

からなり大後頭直筋、小後頭直 ①大後頭直筋後頭下筋群 小後頭直筋 大後頭 大後頭直筋・小後頭直筋 後頭 直 筋 大 後頭 直 筋 下 頭小後頭直筋、大後頭直筋、上頭


★リンクテーブル★
リンク元後頭下神経」「後頭下三角
関連記事直筋

後頭下神経」

  [★]

suboccipital nerve (M)
nervus suboccipitalis
第1頸神経、頚神経
  • 図:M.279

由来

支配

  • 後頭下筋
    • 機能:C1上で頭部を伸展させ、C1-C2間で頭を回旋 (M.279)
    1. 大後頭直筋
    2. 小後頭直筋
    3. 上頭斜筋
    4. 下頭斜筋

走行


後頭下三角」

  [★]

suboccipital triangle (M)

定義 (M.277,279)

含まれる構造 (M.279)


直筋」

  [★]

rectus, rectus muscle, straight muscle
筋肉




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡