大動脈弁膜症

出典: meddic

aortic valve disease
大動脈弁疾患



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大動脈弁膜症 (特集 胸部外科診療に役立つ疾患別最新データ) -- (心臓血管領域)
  • 大動脈弁膜症 (特集 内科疾患の診断基準・病型分類・重症度) -- (循環器)

関連リンク

大動脈弁膜症(大動脈弁狭窄症、大動脈弁逆流症)について、わかりやすく解説してい ます。-症状から探す病気と検査項目-
大動脈弁膜症(大動脈弁狭窄症・大動脈弁閉鎖不全症) 心臓は血液を全身に送る ポンプの働きをしていますが、内部は4つの部屋に分かれています。各部屋を逆流しない よう、部屋と部屋の間には弁と呼ばれる扉がついており、心臓には4つの弁があります。

関連画像

文責:内科学(循環器)トップページ > 診療部門のご 大動脈弁閉鎖不全症大動脈弁膜症(大動脈弁狭窄症 ホーム > 弁膜症とは > 弁膜症  弁膜症:僧房弁狭窄症と大動脈


★リンクテーブル★
国試過去問066C020
リンク元大動脈弁疾患」「aortic valve disease
関連記事大動脈弁」「大動脈」「」「動脈」「弁膜症

066C020」

  [★]

  • 24歳の男性。20歳頃より時々比較的軽度の頭痛があり、高血圧を指摘されたが、特に治療は受けなかった。最近、労作時に軽度の胸部圧迫感も覚えるようになり、精査のため入院。血圧は172/98mmHg、胸骨左縁第3肋間を中心にLevine 3/6度の収縮期雑音を聴取。心電図は左室拡大、眼底、腎機能、尿所見はいずれも正常。血漿レニン活性は正常。レジチン試験で血圧は180/100mmmHgから155/88mmHgまで低下した。赤沈は14mm/1時間。
  • 胸部X線写真をしたに示す。
  • 本例の高血圧の原因として考えられるのはどれか?

大動脈弁疾患」

  [★]

aortic valve disease
大動脈弁膜症


aortic valve disease」

  [★]


大動脈弁」

  [★]

aortic valve (Z), AV
valva aortae
大動脈弁閉鎖不全肺動脈弁心臓




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連

ガイドライン


大動脈」

  [★]

aorta (Z), Ao
大動脈弁
  • 大動脈径:胸骨左縁アプローチで左室長軸断面を得て、心エコーMモードで評価。




症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈



弁膜症」

  [★] 心臓弁膜症 VHD




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3