多紀元堅

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/01 13:27:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 多紀元堅『傷寒論述義』解説(第17回)
  • 多紀元堅『傷寒論述義』解説(第16回)
  • 多紀元堅『傷寒論述義』解説(第15回)
  • 新谷 哲一 [訓読・解説]
  • 漢方療法 18(12), 914-917, 2015-03
  • NAID 40020382390

関連リンク

多紀 元堅(たき げんけん/もとかた、寛政7年(1795年) - 安政4年2月13日(1857年 3月8日))は、江戸時代 末期の幕府医官。名は元堅、号は茝庭(さいてい)、通称は安叔(あんしゅく)。幕府医学館考証派を代表する漢方医。
←戻る 真柳誠「多紀元堅の著述」(1995年日本医史学会10月例会、1995年10月28日、城官寺) 『日本医史学雑誌』42巻1号111-113頁、1996

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡