多瞳孔

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 先天性多瞳孔の1例
  • 松田 久美子 [他]
  • 眼科臨床医報 72(4), p380-382, 1978-04
  • NAID 40000532982

関連リンク

多瞳孔症(または多瞳孔)とは、虹彩における一つよりも多い瞳孔の開口に特徴づけ られる目の病理学上の状態である。それは先天的であったり虹彩に影響を与えている 病気の結果であったりする場合がある。
コロボーマの一形,Axenfeld-Rieger,等(part Ⅰで) 後天性には,ICE症候群(原因は 先天性であるが経年変化で進行する.次の「4.」で), そのた合併症として・・・. 多瞳孔. 虹彩分離 iridoschisis. 基本的に加齢変性,両眼性.虹彩実質の萎縮により前層と後層 ...

関連画像

多款彩色瞳孔素材瞳孔大图 点击还原兩 個 瞳孔 雙瞳虹膜 眼睛 构造 的 一 部分 虹膜


★リンクテーブル★
関連記事瞳孔

瞳孔」

  [★]

pupil, pupils
pupilla
内眼筋

概念

瞳孔の大きさ

年齢

  • 瞳孔径は20歳代で最大となり、高齢になるにつれて小さくなっていく。

神経支配

     
瞳孔 支配 自律神経障害
散瞳(瞳孔散大筋) 交感神経(頚部) 副交感神経障害:Horner症候群:縮瞳、眼瞼下垂
縮瞳(瞳孔括約筋) 副交感神経(動眼神経) 交感神経障害 :動眼神経麻痺:散瞳、眼瞼下垂

臨床関連

散瞳

縮瞳

瞳孔異常




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡