多発神経炎

出典: meddic

polyneuritispolyneuropathy
多発性神経炎
多発神経障害多発ニューロパチー多発ニューロパシーポリニューロパチー

国試

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/31 20:27:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎におけるMMP-9陽性CD28陰性Th1細胞の異常増殖
  • 荒浪 利昌,岡本 智子,山村 隆
  • 末梢神経 = Peripheral nerve 21(2), 293-294, 2010-12-01
  • NAID 10027742457
  • 免疫グロブリン大量静注療法とシクロスポリンの併用が奏効した慢性炎症性脱髄性多発神経炎の1例
  • 松島 理明,秋本 幸子,松本 昭久,矢部 一郎,田島 康敬,佐々木 秀直
  • 末梢神経 = Peripheral nerve 21(2), 283-284, 2010-12-01
  • NAID 10027742439

関連リンク

多発性神経炎(たはつせいしんけいえん)とは、薬物中毒、代謝異常、遺伝性疾患など により手や足の末梢神経に障害を生じる病気である。多発性ニューロパチーとも称される 。多発性神経炎と多発性神経根炎に分けることもある。
数日から約1週で発症する急性炎症性脱髄性多発根神経炎(acute inflammatory demyelinating polyneuropathy: AIDP 別名:ギラン・バレー症候群)に対して、CIDPの 発病は急性、亜急性あるいは慢性の時もありますが、経過は2ヶ月以上にわたり緩徐に ...

関連画像

多発性神経炎 – Polyneuropathy多発性神経炎、多発性単神経炎多発単神経炎で侵されやすい Services on Demand1)末硝神経の病気Document Sample


★リンクテーブル★
国試過去問102E064」「100H008」「095C009」「103A056
リンク元眩暈」「針筋電図」「筋萎縮」「多発性神経障害」「polyneuritis
拡張検索感染性多発神経炎」「遺伝性多発神経炎性失調」「急性多発神経炎
関連記事神経」「神経炎」「」「多発

102E064」

  [★]

  • 次の文を読み、64~66の問いに答えよ。
  • 75歳の男性。歩行時に右足が痛くなるため来院した。
  • 現病歴:1か月前から、200m歩くと右下肢の大腿部と腓腹部とが重い感じに痛くなった。少し休むと痛みは軽快した。
  • 既往歴:高血圧で内服薬を服用中。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を50年間。
  • 現症:身長170cm、体重78kg。脈拍72/分、整。血圧160/86mmHg。胸腹部に異常を認めない。右足背動脈拍動が減弱している。膝蓋腱反射とアキレス腱反射とは正常。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液生化学所見: 空腹時血糖108mg/dl、HbA1C5.0%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.0g/dl、総コレステロール280mg/dl。
  • 鑑別診断として考慮するのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E063]←[国試_102]→[102E065

100H008」

  [★]

  • 46歳の男性。1か月前から両足がジンジンしびれ、感覚が次第に鈍くなったため来院した。肺結核の治療で3か月前からリファンピシン、イソニアジド及びエタンブトールを内服している。診察で四肢に深部腱反射の消失と両側下肢に靴下状の全感覚低下とを認める。
  • この患者で欠乏しているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100H007]←[国試_100]→[100H009

095C009」

  [★]

  • 60歳の男性。定期健康診断を受けに来院した。高校卒業後から、染料工場に勤務していた。現在では製造中止となっているβ-ナフチルアミンを使用する仕事に数年間従事したことがある。現在とくに自覚症状はない。最も気をつけるべき疾患はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095C008]←[国試_095]→[095C010

103A056」

  [★]

  • 40歳の女性。両足の皮疹を主訴に来院した。病変部からの細菌・真菌培養は陰性である。胸骨部の痛みを訴えている。右足の写真を以下に示す。
  • この疾患と関連の深いのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103A055]←[国試_103]→[103A057

眩暈」

  [★]

げんうん、めまい
vertigo, dizziness
vertigo
めまい発作 dizzy spell
めまい、耳鳴り

めまいの分類

IMD. 276

SOD.134

原因部位による分類

めまいをきたしうる疾患

IMD.277

原因部位と眼振

原因部位の鑑別

研修医当直御法度 症例帳 p.22
  末梢性めまい 中枢性めまい
眼振 水平性 水平性
回転性 回転性
  垂直性
耳鳴、難聴
頭位 増強 軽度変化
カロリックテスト 陰性/低下 正常
意識消失 なし あり
神経症状 あり
IMD.279
  末梢前庭性めまい 中枢性めまい
性状 回転性が多い 回転性は少ない
強さ 強い 軽度
持続時間 数日まで 数日以上
眼振の方向 一方向性 注視方向性
自発眼振の性状 水平回旋性が多 純回旋性、垂直性
固視の影響 抑制される 抑制されない
注視眼振の増強する方向 健側 患側
蝸牛症状 多い
中枢神経症候 なし あり
悪心・嘔吐 軽度~重度 ない or 軽度

疫学

IMD.277
  • 1. 末梢前庭性眩暈:4-5割 → 良性発作性頭位眩暈が多い。
  • 2. 中枢性眩暈  :3割

眩暈、難聴をきたす疾患

    前庭症状 蝸牛症状 特徴
眩暈 難聴 耳鳴
薬剤性 ループ利尿薬 投与歴
アミノグリコシド系抗菌薬 投与歴
感染症 内耳炎  
新生物 小脳橋角部腫瘍 CT, MRI異常
特発性 突発性難聴 単発
特発性 メニエール病 発作性、反復性
特発性 良性発作性頭位眩暈症 ×   特定の頭位で発生。眩暈頭位の反復で減衰
炎症 前庭神経炎 × × 単発

検査

  • 中枢性めまいを疑う → 頭部単純CT
  • 末梢性めまいを疑う → Dix-Hallpike test

参考

  • 1. [charged] Benign paroxysmal positional vertigo - uptodate [1]




針筋電図」

  [★]

needle EMG, needle electromyogram
筋電図

適応疾患

LAB.1680

疾患と針筋電図所見

筋電図   振幅 持続時間 波形  
安静時異常 線維性電位 20-200uV 1-5msec 2-3相波 筋萎縮性側索硬化症
線維束電位 2-4mV 5-20msec 2-3相波 筋萎縮性側索硬化症脊髄根障害
陽性鋭波 100uV-1mV 10-100msec    
随意収縮時 神経原性 1mV以下 2-3msec以下   筋萎縮性側索硬化症球脊髄性筋萎縮症末梢神経炎、Charcot-marie-Tooth病
筋原性 3mV以上 10msec以上   進行性筋ジストロフィー筋緊張性ジストロフィー多発性筋炎

安静時自発放電

参考2

随意収縮時の電位

LAB.1683 参考2 HBN.487
  • 正常では運動単位活動電位(MUP)が出現する。
  • 高振幅MUP:振幅4mV以下のもの。振幅の正常範囲については体部位によって異なる。
  • 高振幅(giant spike)・高持続時間電位:振幅の幅が3mV以上、持続時間が10ms以上。多相性(polyphasic)。脊髄前角細胞の変性の過程で見られる。(筋萎縮性側索硬化症球脊髄性筋萎縮症)
  • 低振幅・短持続時間電位:振幅の幅が1mV以下、持続時間が2-3ms以下。筋線維の一次性病変に起因する疾患で見られる。(進行性筋ジストロフィー多発筋炎)

参考

  • 1. wiki ja
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%8B%E9%9B%BB%E5%9B%B3
  • 2. EMG
http://shimoi.iuhw.ac.jp/electdx5_H21.pdf
  • 3. 針筋電図 (needle EMG)
http://www2b.biglobe.ne.jp/~kondo/seiri/emg.htm



筋萎縮」

  [★]

muscle atrophy, muscular atrophy
  神経原性 筋原性
下位運動ニューロン障害 ミオパチー
筋萎縮 遠位筋中心 近位筋中心
線維束性収縮
原因疾患例 筋萎縮性側索硬化症 筋ジストロフィー
Charcot-Marie-Tooth病 多発筋炎
多発神経炎 内分泌ミオパチー
 
例外 近位筋が主に冒される 遠位筋が主に冒される
Kugelberg-Welander病 筋強直性ジストロフィー
Kennedy-Alter-Sung症候群 遠位型筋ジストロフィー
Werdnig-Hoffmann病  



多発性神経障害」

  [★]

polyneuropathy
多発神経障害多発性神経炎多発ニューロパシー多発ニューロパチー多発ニューロパシーポリニューロパチー
多発性神経炎多発神経炎末梢神経障害


  • 両側対称性に複数の末梢神経障害が出現する。左右差はない。
  • 四肢末梢優位に冒されるのが特徴的である。典型的には手袋靴下型の分布をとり、初期には靴下型から始める。



polyneuritis」

  [★]

多発神経炎多発性神経炎

neuritisperipheral neuritispolyneuropathysensory neuritis

WordNet   license wordnet

「inflammation of many or all of the peripheral nerves (as in leprosy)」
multiple neuritis


感染性多発神経炎」

  [★]

infective polyneuritis, infectious polyneuritis
ギラン・バレー症候群


遺伝性多発神経炎性失調」

  [★]

heredopathia atactica polyneuritiformis
レフスム症候群


急性多発神経炎」

  [★]

急性多発性神経炎


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類



神経炎」

  [★]

neuritis
末梢神経炎、?ニューロパシー neuropathy



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


多発」

  [★]

multiple
多発性複数多重マルチプル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡