多発性腺腫

出典: meddic

multiple adenoma

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 Muir-Torre症候群の1例
  • 結腸に多発性腺腫と多発癌を併存し, 遺伝性大腸癌が疑われた1例
  • 岡村 修,鈴木 玲,中平 伸,三木 宏文,杉本 圭司,田村 茂行
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 69(6), 1447-1451, 2008-06-25
  • 症例は71歳,女性.めまいを主訴に来院し,腹部CT検査により小脳梗塞と診断され入院となった.貧血および便潜血陽性のため大腸内視鏡検査を施行し,上行結腸に進行癌および結腸全体に平坦型ポリープを多数認め,右結腸切除術を施行した.術後3カ月に残存大腸内視鏡検査を施行し,残存結腸に2個の粘膜下層浸潤癌および約10個の平坦型腺腫を認めた.上部消化管内視鏡検査では食道・胃・十二指腸に病変を認めなかった.初回手 …
  • NAID 10024146896
  • 症例 Attenuated familial adenomatous polyposis(AFAP)を疑った異時性多発大腸癌の1例
  • 川浦 幸光,龍沢 泰彦,平能 康充 [他]
  • 外科 66(13), 1704-1708, 2004-12
  • NAID 40006523441

関連リンク

多発性内分泌腺腫瘍症とは 多発性内分泌腺腫瘍症とは、ひとりの患者さんで複数の内分泌腺(ホルモンをつくる臓器)に腫瘍が生じる病気のことです。この病気にはいくつかの特徴があります。その特徴とは、病気が生じる内分泌腺が ...
大腸ポリープはがん化する腺腫はごく一部であるが、どのような腺腫ががん化するかの予知は不可能なので発見されたポリープは内視鏡を応用して摘除することが勧められる。 また、若年性ポリープも内視鏡的摘除術で治すことが ...

関連画像

多発性大腸腺腫の診断過程有茎性腺腫を伴った大腸の多発 図22 家族性大腸腺腫症(大腸 Dr.Kenの ”ゼロより1” 日記腺腫様甲状腺腫 は、多発性の 遺伝子診断】APC遺伝子の


★リンクテーブル★
関連記事性腺」「多発性」「」「腺腫」「多発

性腺」

  [★]

sexual gland, gonad
gonada, gonadum
生殖腺 reproductive gland


  • 発生第7週まで生殖腺に男女の別のは形態的に現れない。(L.303)
  • 生殖堤:体腔上皮+間葉凝縮
  • 原始生殖細胞:発生の早期に尿膜に近い卵黄嚢壁の内胚葉細胞の間に出現。後腸の背側腸間膜に沿ってアメーバ様運動により移動。発生第5週の初めに原始生殖腺に達し、第6週に生殖堤に進入する。(L.303)
  • 原始生殖索:原始生殖細胞が生殖堤に到達する直前またはその経過中に生殖堤の体腔上皮は活発に増殖し、上皮細胞はその下層の間葉へ進入する。これらの細胞により多数の不規則な細胞索を形成されたものをいう。(L.303)
  • 未分化生殖腺:原始生殖索は表面の上皮と結合したままであり、男女の区別ができない。この状態の生殖腺を指す。(L.303)

男性の生殖腺 L.303-306

中間中胚葉 生殖堤 体腔上皮 体腔上皮 上皮
白膜
原始生殖索 セルトリ細胞
生殖索 精巣網 精細管
間葉 ライディッヒ細胞
卵黄嚢壁の内胚葉細胞 原始生殖細胞 精祖細胞
中間中胚葉 中腎管 中腎細管 輸出管
精管

女性の生殖腺

中間中胚葉 生殖堤 体腔上皮
(表面上皮)
肥厚した
表面上皮
原始生殖索 皮質の原始生殖索 皮質索(二次皮質索) 卵胞細胞 原始卵胞
髄質の原始生殖索 →消失して、卵巣髄質  
卵黄嚢壁の内胚葉細胞 原始生殖細胞 皮質の原始生殖細胞 卵祖細胞
髄質の原始生殖細胞 →消失して、卵巣髄質    


多発性」

  [★]

multifocalitymultiplemultiplex
複数多発多重マルチプル

腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


腺腫」

  [★]

adenoma
アデノーマ
腫瘍癌腫 carcinoma



多発」

  [★]

multiple
多発性複数多重マルチプル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡