多染性赤芽球

出典: meddic

polychromatic erythroblast
赤血球
塩基性赤芽球<-多染性赤芽球->正染性赤芽球



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 体外増幅自己赤芽球を用いた血管再生治療に関する基礎的研究
  • 小田 雅人
  • 新潟医学会雑誌 122(6), 309-321, 2008-06
  • … 管新生作用に富む赤芽球とマクロファージの混合物を得るための培養条件を探求した.【方法と結果】1.ヒト骨髄から比重遠心法と免疫磁気ビーズ法を用いて低比重の前赤芽球/好塩基性赤芽球・中比重の多染性赤芽球・高比重の成熟赤芽球を精製し,CD34陽性細胞と比較した.ヘモグロビン合成開始前後の未熟な赤芽球で血管増殖因子群の発現が高かった.2.未熟赤芽球を増幅培養する条件について検討した.ヒト骨髄MNCをrhFlt …
  • NAID 110007146368
  • 馬伝染性貧血の骨髄における繁殖性病変の超微形態
  • 吉野 知男,山本 春弥
  • 日本獸醫學雜誌 44(4), 629-644, 1982-08-25
  • … 慢性経過症例では, 繁殖性病変は (1) 多染性赤芽球系細胞 (成熟多染性赤芽球および正染性赤芽球) と (2) 造血幹細胞を包含すると考えられる小リンパ球とで構成されていた. … マクロファージを囲むこの多染性赤芽球が病変の主構成細胞で, この病変は伝貧ウイルス持続感染による赤血球溶血に対する赤血球造血巣の増生とみなされた. …
  • NAID 110003916992

関連リンク

赤芽球(せきがきゅう、英: erythroblast)とは骨髄中に存在する幼若な血液細胞であり、 造血幹細胞から赤血球にいたる分化途中段階の細胞である。成熟して脱核し赤血球に なる。赤芽球は健康人では骨髄中にしか存在せず、血液中に赤芽球が現れるのは血液 ...
◆多染性赤芽球(polychromatic erythroblast) ① 細胞形態の特徴 ・細胞の大きさ 10 ~15μm ・細胞形 円形~類円形 ・核形 正円形~円形 ・N/C比 やや小 ・クロマチン 粗大塊状 ・核小体 なし ・細胞質 青から赤色の様々な段階の色調 ・誤誤しやすい細胞 ...

関連画像

多染性赤芽球・I ( 図 2m,n 大型多染性赤芽球、Howell-Jolly 多染性赤芽球 多染性赤芽球.gif赤芽球の成熟異常 正染性赤芽球 2.好塩基性赤芽球


★リンクテーブル★
リンク元血球」「赤血球」「赤芽球コロニー形成単位」「赤芽球バースト形成細胞」「前赤芽球
関連記事赤芽球」「」「芽球」「多染性

血球」

  [★]

hemocyte, blood corpuscle, hematocyte
hemocytus
血液細胞 blood cell
血液



血球の割合

  • 下図の値から算出。
  個数(/ul)   個数(/ul) 個数(%)
赤血球 男:500万
女:450万
  5000000 95.1
白血球
 
5000-10000   7500 0.1
血小板
 
15万-35万   250000 4.8
血球 直径(μm)
前赤芽球 14~19
好塩基性赤芽球 12~17
多染性赤芽球 10~15
正染性赤芽球 8~12
赤血球 7~8.5
骨髄芽球 12~20
前骨髄球 16~23
骨髄球 12~20
後骨髄球 12~18
杆状核(好中球) 10~18
分節核(好中球) 10~16
分節核(好酸球) 13~18
分節核(好塩基球) 12~16
リンパ芽球 11~18
リンパ球 7~16
形質球 10~20
異形リンパ球 15~30
単球 13~21
巨核球(骨髄巨核球) 35~160
血小板 2~4

寿命

  • 赤血球:120日
  • 好中球:6-8時間
  • 血小板:10日
  • 形質細胞:1-3日
  • メモリー細胞:数年

血球の特徴

 
赤血球 単球 好酸球 好中球 好塩基球 リンパ球
大きさ 7~8μm 12~20μm 10~15μm 10~13μm 9~12μm 7~15μm
赤血球と比べた大きさ ------ かなり大きい 2倍以上 約2倍 2倍弱 小リンパ球は同じ程度
細胞質   アズール顆粒。
広く不規則な突起
橙赤色の粗大円形顆粒 暗紫色に染まる微細な顆粒
アズール顆粒
赤紫色の大小不同の顆粒 狭く淡い青色
  くびれ有り 2葉、眼鏡型 桿状好中球
分葉好中球
格の上にも顆粒あり 球形


  • 核小体

  • クロマチン

  • 細胞質

  • 顆粒


赤血球」

  [★]

erythrocyte (Z), red blood cell (Z), RBC
血液貧血血液像

赤血球の形状

  • 直径:7.62±0.61μm → 7-8μm
  • 厚さ:1.0-2.0μm
  • 容積:90μm3
  • 表面積:130μm2
  • 比重:1.097

分化

基準値

2007前期解剖学授業プリント
♂:420万 - 570万 (/μl)  495万±75万 x 10^6 (/μl)
♀:380万 - 550万 (/μl)  465万±85万 x 10^6 (/μl)
-2007前期生理学授業プリント
♂:450万 - 610万 /μl
♀:380万 - 530万 /μl
-PT.233
♂:500万 /mm3
♀:450万 /mm3
-異常値の出るメカニズム第5版 p.79
男:400万-700万/ul
女:350万-600万/ul
-HIM
男:430–560 x 10^4/μl
女:400–520 x 10^4/μl

寿命

  • 100-120日 → 4ヶ月


赤血球の増加

  • テストステロン、低酸素、コルチゾール、エリスロポエチン




赤芽球コロニー形成単位」

  [★]

colony-forming unit-erythroid colony-forming units-erythroid colony forming unit erythroid CFU-E, erythroid colony forming unit
赤芽球コロニー形成細胞 erythroid colony-forming cell、分化赤血球系前駆細胞 (血液細胞アトラス)
赤血球
BFU-E<-CFU-E->塩基性赤芽球
  • 造血系前細胞
  • 前赤芽球

分化

造血幹細胞 造血幹細胞
多能性前駆細胞 骨髄系前駆細胞 CFU-GEMM
造血前駆細胞 未分化赤血球前駆細胞 BFU-E
分化赤血球前駆細胞 CFU-E
分化   前赤芽球
好塩基性赤芽球
多染性赤芽球
正染性赤芽球
(血液へ) 網赤血球
赤血球


-CFU-E


赤芽球バースト形成細胞」

  [★]

burst-forming unit-erythroid burst forming unit erythroid, BFU-E
前期赤芽球系前駆細胞赤芽球バースト形成単位、分化赤血球系前駆細胞 (血液細胞アトラス)
赤芽球


分化

造血幹細胞 造血幹細胞
多能性前駆細胞 骨髄系前駆細胞 CFU-GEMM
造血前駆細胞 未分化赤血球前駆細胞 BFU-E
分化赤血球前駆細胞 CFU-E
分化   前赤芽球
好塩基性赤芽球
多染性赤芽球
正染性赤芽球
(血液へ) 網赤血球
赤血球



前赤芽球」

  [★]

proerythroblast
赤血球血球
CFU-E<-前赤芽球->好塩基性赤芽球


分化

特徴

  • 核小体(+)


赤芽球」

  [★]

erythroblast
赤芽細胞有核赤血球 nucleated red cell nucleated erythrocyte
赤血球鉄芽球
  • 核を有する赤血球の総称。
前赤芽球好塩基性赤芽球多染性赤芽球正染性赤芽球網状赤血球赤血球


臨床関連





球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる


芽球」

  [★]

blast cell, blast
イモチ病芽細胞芽球細胞

骨髄芽球性白血病

多染性」

  [★]

polychromasiapolychromatic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡