多包条虫

出典: meddic

(n


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/21 16:09:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 福岡県のと畜場に搬入された馬にみられた肝臓灰白色硬結節と多包虫感染との関連性
  • 薬話(16)多包条虫症と条虫駆除薬
  • 北海道の多包条虫に対するネコの感受性及び市販スポットオン駆虫薬(エモデプシド・プラジクアンテル製剤)の駆虫効果の検討
  • 北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health (64), 97-99, 2014
  • NAID 40020402379

関連リンク

感染しても、5~10年は無症状で自覚症状はありません。その後、嚢胞が大きくなるにつれて、肝臓内の胆管や血管が塞がれ、肝機能障害が進みます。末期には重度の肝機能不全となり、発育中の嚢胞の一部が破れ、多包条虫が血流に ...
多包性エキノコックス症の北海道以外での患者発生数は、図1 に示すように現在までの累計 で77名である。そのうち51名については、北海道かシベリア・満州など国外での感染であると推定され、その他は感染ルートが不明である。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元Echinococcus multilocularis
関連記事

Echinococcus multilocularis」

  [★] 多包条虫

  • ((学名))(寄生虫)多包条虫


虫」

  [★]

wormbug
寄生虫バグ



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡