多クローン性高γグロブリン血症

出典: meddic

polyclonal hypergammaglobulinemia
多クローン性高免疫グロブリン血症 polyclonal hyperimmunoglobulinemia
高γグロブリン血症
[show details]

概念

  • 血清蛋白電気泳動のガンマグロブリン分画で幅広いピーク
  • 多クローン性の抗体産生細胞の増加による 。骨髄では多クローン性の形質細胞増多 plasmacytosisがみられ、多クローン性の高ガンマグロブリン血症をきたす(WCH.2619)。
  • 慢性炎症疾患(自己免疫疾患(SLE)、肝疾患(肝硬変、慢性肝炎)、慢性炎症(慢性感染症、悪性腫瘍))




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • IgG4関連ミクリッツ病とシェーグレン症候群 (IgG4関連疾患)
  • 正木 康史,中村 拓路,岩男 悠 [他]
  • 臨床検査 55(8), 763-769, 2011-08
  • NAID 40018921120
  • 山形県立中央病院第19回CPC(2010年3月3日) 息切れで発症し,貧血,血小板減少,多クローン性高γグロブリン血症を呈した80歳代女性例
  • 三好 寛明,本間 りこ,鴻巣 佐智子 [他]
  • 山形県立病院医学雑誌 44(2), 166-176, 2010-07
  • NAID 40017382833
  • Castleman病とIgG4関連疾患--多クローン性高γ-グロブリン血症からの鑑別 (第5土曜特集 悪性リンパ腫Update) -- (疫学・発症機構)
  • 正木 康史,梅原 久範
  • 医学のあゆみ 235(5), 443-448, 2010-10-30
  • NAID 40017334249

関連リンク

多クローン性のγグロブリン増加を来す病態というのは、図のように四つの病態があります。従ってA/G比やZTTなんかは肝機能検査に含まれるというのは、多クローン性高γグロブリン血症が非常に頻度が多いからです。これだけでは ...
高γグロブリン血症には多くの形質細胞のクローンが持続的な抗原刺激によって免疫グロ ブリンを多量に産生する、多クローン性(Polyclonal)高γグロブリン血症とB-Cellあるいは形 質細胞のクローン性増殖に伴う単クローン性(Monoclonal ...
多クローン性高γ-グロブリン血症のなかにはさまざまな疾患が含まれており,それらを鑑別していく必要がある.Castleman 病はリンパ節腫大と多クローン性高γ-グロブリン血症を特徴とし,臨床的には単発性(限局型)と多発性 ...

関連画像

 多クローン性高γ-グロブリン血γグロブリン - meddic γ 多クローン性高γグロブリン血  多クローン性高γ-グロブリン血多クローン性高γグロブリン血


★リンクテーブル★
先読み高γグロブリン血症」「polyclonal hyperimmunoglobulinemia
リンク元多クローン性高免疫グロブリン血症」「多クローン性高ガンマグロブリン血症」「polyclonal hypergammaglobulinemia」「多クローン性高γ-グロブリン血症
関連記事グロブリン」「リン」「クローン」「多クローン」「

高γグロブリン血症」

  [★]

hypergammaglobulinemia
γグロブリン過剰血症高ガンマグロブリン血症
γグロブリン分画


分類

  • 単クローン性高γグロブリン血症
  • 血清蛋白電気泳動でγグロブリン領域に幅の狭いシャープなピーク(Mスパイク)
  • 多クローン性高γグロブリン血症
  • 血清蛋白電気泳動のガンマグロブリン分画で幅広いピーク
  • 多クローン性の抗体産生細胞の増加による
  • 慢性炎症疾患(自己免疫疾患(SLE)、肝疾患(肝硬変慢性肝炎)、慢性炎症(慢性感染症、悪性腫瘍))

臨床関連


polyclonal hyperimmunoglobulinemia」

  [★] 多クローン性高免疫グロブリン血症


多クローン性高免疫グロブリン血症」

  [★] 多クローン性高γグロブリン血症


多クローン性高ガンマグロブリン血症」

  [★] 多クローン性高γグロブリン血症

polyclonal hypergammaglobulinemia」

  [★] 多クローン性高γグロブリン血症

多クローン性高γ-グロブリン血症」

  [★] 多クローン性高γグロブリン血症

グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





クローン」

  [★]

clone
クローン選択説
  • クローンは、同一の起源を持ち、尚かつ均一な遺伝情報を持つ核酸、細胞、個体の集団。

参考

  • wikipedia -クローン
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3


多クローン」

  [★]

polyclonepolyclonal
多クローン性ポリクローナルポリクローン


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡