外リンパ

出典: meddic



和文文献

  • SF-023-2 非小細胞肺癌における腫瘍外リンパ管侵襲の臨床的意義(SF-023 サージカルフォーラム(23)肺:悪性・診断-2,第111回日本外科学会定期学術集会)
  • 松村 勇輝,菱田 智之,嶋田 善久,石井 源一郎,吉田 純司,西村 光世,永井 完治
  • 日本外科学会雑誌 112(臨時増刊号_1・2), 364, 2011-05-25
  • NAID 110008683769
  • 外リンパ
  • 池園 哲郎
  • Equilibrium Research 70(3), 189-196, 2011
  • Purpose: Perilymphatic fistula (PLF), defined as an abnormal communication between the inner and middle ear, presents with a symptomatology of hearing loss and vestibular disorder that is indistinguis …
  • NAID 130001013799
  • 感音難聴とめまい : 病態はどこまで分かったか : 内耳MRI画像の進歩
  • 長縄 慎二,中島 務
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 113(10), 783-789, 2010-10-20
  • … まず血液迷路関門の透過性が亢進していると思われる突発性難聴症例を対象に通常量静脈投与4時間後には迷路外リンパ腔が増強され, 前庭において内リンパ腔の認識が造影欠損として可能であることを示した. … しかし, 静脈投与4時間後撮影は鼓室内ガドリニウム造影剤投与に比べて造影剤の外リンパ移行が不十分なことも多く, さらに薄い濃度の造影剤を検出する方法を検討している. …
  • NAID 10028256484

関連リンク

外リンパ瘻 (がいりんぱろう、英名 Perilymph fistula )とは、突然起こる難聴・耳鳴り・ めまいを症状とする内耳疾患である。 内耳窓 ... 外リンパ瘻の症状はメニエール病や 突発性難聴の初期の症状に非常に似ている為、その診断には非常に注意が必要である 。
【外リンパ瘻と外リンパ漏】 気圧変化と疾患の一つです。 同じ内耳疾患であり、 症状も似 ているけど実は厳密には同一の意味でない疾患です。 耳の一番奥の内耳の中に リンパ液というのがあり、このリンパ液は髄液と内耳道もしくは蝸牛小管で交通してい ます。

関連画像

外リンパ瘻の予防策4か条 変化で起こる[ 外リンパ瘻酸素吸入 外リンパ瘻 - 関心 外リンパ瘻 病院独自の外リンパ瘻診断法外リンパ瘻( 外部サイト )は


★リンクテーブル★
リンク元内リンパ
拡張検索外リンパ瘻」「外リンパ管」「外リンパ隙
関連記事リン」「」「リンパ

内リンパ」

  [★]

endolymph
外リンパ



外リンパ瘻」

  [★]

perilymphatic fistula, perilymph fistula
内耳窓破裂
外リンパ液内リンパ液

概念

  • 外的・内的な圧力が内耳にかかり、前庭窓もしくは蝸牛窓の破綻を来たして内耳症状をきたしたもの

病因

  • explosive route:脊髄圧の急激な上昇(力む、咳き込む、鼻をかむなど)
  • implosive route:内耳圧の急激な上昇(Valsalva法、気圧性外傷など)

徴候

症状

  • 難聴、耳鳴、耳閉塞感、めまい、平衡感覚障害。


治療

  • ベットでの安静、頭部挙上、および力むことを回避する。数週間の保存療法で回復しなければ外科手術により瘻孔にパッチを当てる。(参考1)

予後

  • 再発率は10%である。 (参考1)

参考

  • 1. [charged] Pathophysiology, etiology, and differential diagnosis of vertigo - uptodate [1]

外リンパ管」

  [★]

cochlear aqueductductus perilymphaticus

外リンパ隙」

  [★]

spatium perilymphaticum
外リンパ液


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





外」

  [★]

externalexternallyextraexo
エキソエクソ外側外部余分


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡