外ラセン溝

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 蝸牛外ラセン溝細胞における内向き整流性カリウムチャネル(Kir4.1)の局在
  • モルモット蝸牛回転間におけるサイトケラチンの 変化について
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 101(11), 1348-1357, 1998-11-20
  • NAID 10005599195

関連リンク

外ラセン溝: ラセン隆起の下の陥凹 ラセン靭帯: 骨膜の肥厚; 下壁のラセン膜に続く ②上壁; 前庭階壁; 前庭膜; ライスナー膜: 上皮2葉からなる膜 蝸牛管内腔面: 単層扁平上皮、基底膜 前庭階面: 扁平な間葉細胞で 被われている(中皮) ...
蝸牛外ラセン溝細胞は蝸牛外側壁の下部に位置する上皮細胞で、蝸牛上方回転ではその頂面側膜は内リンパに直接面しているが、下方回転ではクラウディウス細胞により被覆されており内リンパには接していない。一方、基底側膜は ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「

外」

  [★]

externalexternallyextraexo
エキソエクソ外側外部余分


溝」

  [★]

大脳皮質の溝

cerebral sulcus (KH), sulcus (M)
大脳溝(KL)




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡