夏季下痢

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 蠅によつて媒介される流行病の疫学的研究 : 第一報蠅から分離された乳糖非分解性腸内細菌とその病原学的意義
  • 清水 文彦,橋本 雅一,谷口 博一,太田 済,柿沢 弘基,高田 竜三,加納 六郎,丹下 仁,金子 清俊,篠永 哲,宮本 健司
  • 衞生動物 16(3), 201-211, 1965-09-30
  • … 蠅からのモルガン菌属(Morganella spp.)の分離とその頻度はその地域の衛生環境の良否と密接な関連をもつこと, 3) モルガン菌属の分布とその頻度は, 調査地域では蠅を捕獲した地区によつて差があるが, 蠅の種類とは無関係であること, が知られ, 少なくとも奄美大島では夏季下痢症(summer diarrhea)の病原菌とみなされるモルガン菌属の分布と頻度が下痢症(diarrheal disorders)の多発の原因の一つと考えられるという推論が導かれた. …
  • NAID 110003820845

関連リンク

夏に特有の下痢があります。エアコンなどで身体を冷やして起こるものから、食中毒までさまざまです。どうして夏に起こりやすいのか。対処法、予防法は。しっかり確認しましょう。
冷たいものの飲み過ぎなのか、夏は下痢の症状を訴える人が多いような気がしませんか? そこでナビタスクリニック川崎岩本修一先生(内科医)に、夏の下痢について解説してもらいます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事下痢

下痢」

  [★]

diarrhea
下痢症(症候としての下痢)

概念

  • 24時間の糞便重量150-200g以上 or 24時間の糞便中の水分量が150-200ml以上のもの

病態


漢方医学

[show details]






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ミタゾラム 効果 16
3pud 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 12
6多毛日本 12
7user/password 10
8cefpodoxime proxetil BCS 8
9user/register 8
10prolapse of uterus 7
11日常生活自立度 7
121,320,568,24 HTTP/1.1 7
13盲斑 6
14ルリッシュ症候群 5
15サイズの原理 筋電図 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17脳卒中リハ 阻害因子 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20Salivary glands 5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛日本 12
2cefpodoxime proxetil BCS 8
3盲斑 6
4user/password 6
5?mesterolon? Britain 4
6メトロイリーゼ 4
7?testosterone decanoate? Britain 4
8?mesterolon? Europe 4
9?mesterolon? Germany 4
10心筋の活動電位 3
11握雪音 3
12?mesterolon? Australia 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 2
14バンコマイシン レッドマン症候群 2
15?mesterolon? America 2
161回拍出量 2
17グラム陽性桿菌 2
18流動モザイクモデル 2
19アズール顆粒 2
20ウレアーゼ・インドフェノール法 2