声の翻転

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 甲状軟骨形成術が有用であった甲状軟骨形成異常の1例
  • 三枝 英人,小西 知子,岩本 容武,新美 成二,八木 聰明
  • 音声言語医学 42(3), 227-234, 2001-07-20
  • … 音声障害を主訴に発見されたきわめてまれな甲状軟骨形成異常の1例を経験した.症例は50歳男性, 生来の音声障害に悩んでいた.本症例の音声障害は気息性成分の強い地声に, 声の翻転, フライ音声が突発的に, かつランダムに出現するというきわめて特異なものであった.喉頭ファイバースコープ所見では, 左側声帯遊離縁の幅が短く, 左側声帯が右側より高位に存在していること, 発声時に左右の披裂部が組み合わさるよう …
  • NAID 10010871036
  • 変声障害1症例に対するアプローチ
  • 石川 裕治,渡辺 陽子,笠井 新一郎,長嶋 比奈美,稲田 勤,苅田 知則,間野 幸代,山田 弘幸
  • 高知リハビリテーション学院紀要 2, 61-67, 2001-03-31
  • … 変声障害の特徴として,年齢( 歳代),性(男性),喉頭所見(声帯の充血・浮腫),声質(声の翻転)が知られている.今回,これら特徴の中で,初診時において年齢( 歳),喉頭所見(声門の間隙),声質(強い気息性嗄声)といった若干異なる特徴を有する症例を経験し,精査により,変声障害と判断することができ,短期間の訓練で症状が改善した.今回の症例により,音声障害においては発症時期や症状の経過等について問診等により十分に把握し …
  • NAID 110000093400

関連リンク

これは喉頭軟骨の成長、声帯の伸 展、厚みの増加ですが、この間普通でも嗄声、声の翻転、違和感を伴うこともありま す。 なお、この時無理に声を使いすぎると、上記の異常が強く出ることがあり思春期の心 理的不安定さも加わって ...
声や強い力み発声をきたす。外転型では声帯が開大することで断続的な息漏れ声、声の翻転、失 声などの症状を呈する。いずれの場合も円滑に会話を行うことができないためコミュニケーショ ン機能が障害され、そのため就労や ...

関連画像

生後数ヶ月の抱き方、寝かせ方 診療トピックスMIS-TKAがもたらしたのは意義か このバランスを残しつつ、前歯


★リンクテーブル★
関連記事

声」

  [★]

voicevocal
音声





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡