壊死性筋膜炎

出典: meddic

necrotizing fasciitis
連鎖球菌性壊疽 streptococcal gangrene



  • 壊死性軟部組織感染症
  • 筋膜や脂肪組織の急速な壊死をきたす皮下組織の炎症 (SMB.246)
  • Clostridium perfingens, Clostridium speticum, Staphylococcus aureusも同様の症状を示す。



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/27 02:53:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 陰部に発症したA群溶血性連鎖球菌による壊死性筋膜炎(フルニエ壊疽)の1例
  • 越智 敦彦,直井 牧人,江夏 徳寿,藤崎 明,船田 哲,鈴木 康一郎,志賀 直樹,太田 智則,久慈 弘士,細川 直登,岩田 健太郎
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(4), 644-648, 2011-07-20
  • … 連鎖球菌感染の内,特にA群溶血性連鎖球菌による壊死性筋膜炎は短時間に敗血症性ショック,多臓器不全から死に至る可能性がある重症感染疾患であり,救命には早期かつ適切な治療(壊死組織のデブリードマンと抗菌薬加療)が要求される.デブリードマンされた組織の鏡検にて連鎖球菌を認めた場合,それがA群溶血性連鎖球菌であるかどうかは,培養結果を待つことなく咽頭用の迅速A群溶血性連鎖球菌抗原検出キット(ストレ …
  • NAID 110008688078
  • 救命可能であった仙骨部褥瘡に起因した壊死性筋膜炎の2例
  • 長谷川 毅,三宅 孝
  • 日本農村医学会雑誌 59(6), 737-743, 2011-03-30
  • NAID 10028273563

関連リンク

壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)にはA群β溶連菌(時に黄色ブドウ球菌)の単独 感染によるものと嫌気性菌(ビブリオ、嫌気性レンサ球菌)と腸内細菌のグラム陰性桿菌 との混合感染によるものとがある。嫌気性ガス産生菌(クロストリジウム・非 ...
丹毒、蜂巣炎、壊死性筋膜炎は表皮の下の皮膚感染症です。溶連菌が真皮の浅層に 感染する丹毒、主として黄色ブドウ球菌が真皮深層に感染する蜂巣炎、A群溶連菌や 混合感染が真皮深層に感染する壊死性筋膜炎に分類されます。

関連画像

壊死性筋膜炎 - Necrotizing fasciitis壊死性筋膜炎 膠原病アトラス 壊死性筋膜炎壊死性筋膜炎のエコー所見;壊死性筋膜炎 壊死性筋膜炎 写真は粘膜下出血を起こした胃


★リンクテーブル★
国試過去問108F028」「106A049」「104I066」「105D019
リンク元下肢潰瘍」「壊死性軟部組織感染症」「壊疽性筋膜炎
関連記事筋膜」「壊死」「壊死性」「」「筋膜炎

108F028」

  [★]

  • 次の文を読み、 28、 29の問いに答えよ。
  • 44歳の男性。右下腿の腫脹を主訴に来院した。
  • 現病歴: 3か月前に右踵部に、ささくれたような傷ができたことに気付いた。市販の軟膏を塗っていたが創は次第に大きくなってきた。 1か月前に自宅近くの医療機関を受診し、外用薬を処方され塗布していた。その後 2週に一度、創部処置のため通院していたが、 7日前から創部の臭気が強くなり軽度の発熱を認めた。 2日前から右下腿が腫脹し疼痛を伴い、全身倦怠感が強くなったため受診した。
  • 既往歴: 24歳から高血糖を指摘され、 30歳から投薬を受けていた。 40歳から通院しなくなっていた。
  • 生活歴:喫煙は 40歳まで 10本/日を 20年間。 4年前から禁煙している。
  • 家族歴:父親が糖尿病。
  • 現症:意識は清明。身長 165 cm、体重 55 kg。体温 38.5℃。呼吸数 22/分。脈拍 72/分、整。眼瞼結膜は軽度貧血様だが、眼球結膜に黄染は認めない。口唇と舌は乾燥している。心雑音は聴取しない。右肋骨弓下に肝を 2 cm触知する。右鼠径部に圧痛を伴う径 1 cmのリンパ節を複数個触れる。膝蓋骨上端より 10 cm近位の大腿周径は右 38 cm、左 37.5 cm。膝蓋骨下端より 10 cm遠位の下腿周径は右 36 cm、左33 cm。右膝窩動脈は触知するが、右足背動脈、右後脛骨動脈は触知しない。右下腿に紅斑と腫脹があり、熱感を伴う。両側足底の感覚鈍麻を認める。両下腿の写真 (別冊 No.2A)を別に示す。
  • 検査所見:尿所見:蛋白 1+、糖 2+、ケトン体 (-)。血液所見:赤血球 428万、Hb 10.9 g/dl、Ht 35%、白血球 12,200(桿状核好中球 18%、分葉核好中球 64%、単球 4%、リンパ球 12% )、血小板 29万、 PT 77% (基準 80~120)。血液生化学所見: CK 175 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 7 mg/dl、クレアチニン 0.5 mg/dl、血糖 323 mg/dl、HbA1c(NGSP) 8.8% (基準 4.6~6.2)。 CRP 13 mg/dl。下腿造影 CT(別冊 No.2B)を別に示す
  • この患者の診断として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108F027]←[国試_108]→[108F029

106A049」

  [★]

  • 45歳の女性。左下腿の皮疹を主訴に来院した。 1か月前に左下腿に紅斑が生じ、急速に拡大してきたという。 30歳時に潰瘍性大腸炎と診断され、自宅近くの診療所でメサラジンの内服治療を受けている。
  • 意識は清明。身長158cm、体重52kg。体温36.2℃。脈拍76/分、整。血圧134/80mmHg。呼吸数16/分。左下腿に巨大な潰瘍を認める。潰瘍面の細菌培養は陰性である。左下腿の写真(別冊No. 23)を別に示す。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A048]←[国試_106]→[106A050

104I066」

  [★]

  • 28歳の女性。下痢と粘血便とを主訴に来院した。2か月前に海外旅行から帰国後、発熱下痢とがあった。2週前から粘血便が出現した。体温37.5℃。血圧118/62mmHg。腹部は平坦、軟で、左下腹部に圧痛を認める。筋性防御を認めない。下部消化管内視鏡写真(別冊No.18A)と糞便の顕微鏡写真(別冊No.18B)とを別に示す。
  • この疾患に合併するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104I065]←[国試_104]→[104I067

105D019」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105D018]←[国試_105]→[105D020

下肢潰瘍」

  [★]

leg ulcer
下腿潰瘍

分類

  • 動脈性潰瘍:虚血性が原因なので治療は末梢血行の改善がfirst
  • 静脈性潰瘍:中年女性、立ち仕事が多い者に後発。下腿内側>下腿外側。
  • 神経原性潰瘍:感覚麻痺によるもの
  • 糖尿病性潰瘍
  • 中枢神経系の疾患に基づく麻痺(脳卒中、脊髄損傷、二分脊椎症)
  • ハンセン氏病
  • 感染症
  • 膠原病性潰瘍
  • その他

壊死性軟部組織感染症」

  [★]

壊死性筋膜炎
  • 壊死性軟部組織感染症を示唆する所見
  • 激しい持続痛、水疱、皮膚の壊死や斑状出血
  • 触診や画像でガス像を認める
  • 紅斑の境界を越えて広がる浮腫
  • 皮膚の知覚麻痺
  • 発熱・好中球増加・譫妄・腎不全を伴った全身状態の悪さ
  • 抗菌薬治療中にもかかわらず急速に進行する。


壊疽性筋膜炎」

  [★]

necrotizing fasciitis
壊死性筋膜炎


筋膜」

  [★]

fascia (KL)
  • 筋の表面を包む結合組織膜で、筋を保護すると共に、筋収縮の際、接する筋との間に摩擦が起こらないようにし、運動を円滑にする(KL.16)


壊死」

  [★]

necrosis
ネクローシス
アポトーシス細胞死



壊死性」

  [★]

necroticnecrotizingnecrotising
壊死ネクローシス


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


筋膜炎」

  [★]

fasciitis, fascitis
結節性筋膜炎、筋膜





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡