壊死性凍傷

出典: meddic

和文文献

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 壊死性凍傷の用語解説 - 凍傷は,緩徐に組織が凍結することによって起こる壊死で,壊死の深さの違いから4段階に分類される。すなわち,表皮のみの壊死で発赤を示す第1度(紅斑性凍傷),真皮の一部までの壊死 ...
段 階 症 状 障 害 の 規 模 回復の程度 Ⅰ度 発赤腫脹(浮腫) 表皮のみの障害 治癒可能 Ⅱ度 発赤浮腫・水泡形成 真皮の障害 Ⅲ度 腫瘍形成 脂肪・筋肉組織の壊死(黒変) 治癒不可 Ⅳ度 骨・軟骨組織の壊死
凍傷 は、 皮膚に寒冷が直接作用 したときに、 組織が凍結 することに よって 生じる傷害 です。極度の低温はもちろん0 を少し下回る程度 の温度でも長時間さらされると生じます。 多くは、 厳寒下、強風また高冷地で受傷 するそう ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事壊死」「凍傷」「壊死性」「

壊死」

  [★]

necrosis
ネクローシス
アポトーシス細胞死



凍傷」

  [★]

frostbitechilblain, congelation
congelatio
凍瘡しもやけ



壊死性」

  [★]

necroticnecrotizingnecrotising
壊死ネクローシス


傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡