増強

出典: meddic

potentiationenhancementaugmentationenhancepotentiateaugmentintensify
強化亢進相乗増感増大強める長期増強

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 塩味・うま味増強香気成分による減塩食の嗜好性改善について (特集 食塩摂取量の低減を目指して)
  • 下田 満哉
  • 明日の食品産業 = Food industry for tomorrow 2015(6), 21-27, 2015-06
  • NAID 40020496294
  • 天然物を利用した塩味増強による減塩効果の発揮と食品産業への利用について (特集 食塩摂取量の低減を目指して)
  • 植野 洋志
  • 明日の食品産業 = Food industry for tomorrow 2015(6), 15-20, 2015-06
  • NAID 40020496287
  • L-アミノ酸リガーゼを利用した塩味増強効果を有するジペプチドの探索
  • 木野 はるか,角谷 政尚,服部 宏一 [他]
  • 日本食品科学工学会誌 = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 62(6), 274-281, 2015-06
  • NAID 40020489219

関連リンク

デジタル大辞泉 増強の用語解説 - [名](スル)人員・設備などを増やして機能を強化する こと。「輸送力を―する」 ...
男の願望ペニス増強に迫る. Menu. ペニスの構造について · なぜ増強なのか? サイズ チャート · ペニス増強の歴史 · どのように増強するのか? やってはいけない ... ペニス 増強サプリメント他、 海外の色んなサプリメントがたくさん。 あなたのペニスは世界標準 ?

関連画像

 キック力増強シューズアクに含まれる性力増強成分と キック力増強シューズ】 ・筋肉増強 DIANABOL 10mg 100錠BCAA 筋肉増強剤 筋肉増強 ルノー、風洞施設の増強を計画

添付文書

薬効分類名

  • ワクチン・トキソイド混合製剤

販売名

沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド「タケダ」

組成

製法の概要

  • 本剤は、ジフテリア菌(Park-Williams No.8株)及び破傷風菌(Harvard株)を個別に純培養後除菌ろ過して得られた各毒素液を精製濃縮し、ホルマリンを加えて無毒化したトキソイド原液を混合し、更にアルミニウム塩及び希釈液としてリン酸塩緩衝塩化ナトリウム液を加え、規定濃度に調製したものである。本剤は製造工程でヒトの毛髪由来成分(L-シスチン)、トリの羽毛由来成分(L-チロシン)、ウシの肝臓、心臓、肉、乳由来成分(スキムミルク、ポリペプトン、バクトカジトン、カザミノアシド)及びウマの血清を使用している。

組 成

  • 本剤は1mL(1瓶)中に、次の成分を含有する。

有効成分

  • ジフテリアトキソイド 約50Lf
    破傷風トキソイド 約10Lf

添加物

  • アルミニウム塩(免疫増強剤) 0.5mg(アルミニウム換算)
    フェノキシエタノール(保存剤) 5μL
    ホルマリン(不活化剤) 0.01

%以下(ホルムアルデヒド換算)

禁忌

(予防接種を受けることが適当でない者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合には、接種を行ってはならない。
  • 明らかな発熱を呈している者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者
  • 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者


効能または効果

  • 本剤は、ジフテリア及び破傷風の予防に使用する。

○初回免疫

  • 通常、1回0.5mLずつを2回、3〜8週間の間隔で皮下に注射する。ただし、10歳以上の者には、第1回量を0.1mLとし、副反応の少ないときは、第2回以後適宜増量する。

○追加免疫

  • 第1回の追加免疫には、通常、初回免疫後6箇月以上の間隔をおいて、(標準として初回免疫終了後12箇月から18箇月までの間に)0.5mLを1回皮下に注射する。ただし、初回免疫のとき副反応の強かった者には適宜減量し、以後の追加免疫のときの接種量もこれに準ずる。
    また、10歳以上の者には、0.1mL以下を皮下に注射する。

接種対象者・接種時期

  • 定期接種の場合には、ジフテリア及び破傷風の第2期の予防接種については、11歳以上13歳未満の者(11歳に達した時から12歳に達するまでの期間を標準的な接種期間とする)に、通常、本剤0.1mLを1回皮下に注射する。

他のワクチン製剤との接種間隔

  • 生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上、また他の不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔を置いて本剤を接種すること。
    ただし、医師が必要と認めた場合には、同時に接種することができる(なお、本剤を他のワクチンと混合して使用してはならない)。

慎重投与

(接種の判断を行うに際し、注意を要する者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応、有用性について十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種すること。
  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者
  • 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者
  • 過去にけいれんの既往のある者
  • 過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者
  • 本剤の成分に対してアレルギーを呈するおそれのある者


重大な副作用

ショック、アナフィラキシー(0.1%未満)

  • ショック、アナフィラキシー(蕁麻疹、呼吸困難、血管浮腫等)があらわれることがあるので、接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • ジフテリア及び破傷風を予防するためには、生体内にあらかじめ各々の感染防御抗原に対する血中抗体が一定(感染防御レベル)以上産生されている必要がある。ジフテリアに対する感染防御は、0.01IU(国際単位)/mLの抗毒素(抗体)が、また破傷風に対する感染防御は、0.01IU/mLの抗毒素がそれぞれ血中に存在すればよいと考えられている3,4)


本剤を2回接種後4週間すると、一時的にジフテリア、破傷風、いずれも前述の防御レベル以上の抗体価が得られるが、含まれる抗原成分が不活化されたトキソイドであるため、漸次各々の抗体価は低下する。したがって、それ以後少なくとも数年にわたり、感染防御効果を持続(抗体価レベルの維持)するためには、追加免疫が必要である。 ■


★リンクテーブル★
先読みintensify」「enhance」「augment」「potentiate」「長期増強
リンク元100Cases 10」「100Cases 48」「カルベジロール」「augmentation」「enhancement
拡張検索期外収縮後増強」「ガドリニウム増強」「シナプス増強

intensify」

  [★]

  • v.
  • 強化する、増強する、増感させる
augmentaugmentationconsolidateconsolidationenhanceenhancementfortificationfortifyintensificationpotentiatepotentiationreinforcereinforcementsharpenstrengthen

WordNet   license wordnet

「make the chemically affected part of (a negative) denser or more opaque in order produce a stronger contrast between light and dark」

WordNet   license wordnet

「make more intense, stronger, or more marked; "The efforts were intensified", "Her rudeness intensified his dislike for her"; "Pot smokers claim it heightens their awareness"; "This event only deepened my convictions"」
compound, heighten, deepen

WordNet   license wordnet

「become more intense; "The debate intensified"; "His dislike for raw fish only deepened in Japan"」
deepen

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘を'強める,強烈にする / 強くなる,激しくなる」


enhance」

  [★]

  • v.
  • 増強する、亢進する、強化する、強める
augmentaugmentationconsolidateconsolidationenhancementfacilitatefacilitationfortificationfortifyintensificationintensifypotentiatepotentiationreinforcereinforcementsharpenstrengthen

WordNet   license wordnet

「increase; "This will enhance your enjoyment"; "heighten the tension"」
heighten, raise

WordNet   license wordnet

「make better or more attractive; "This sauce will enhance the flavor of the meat"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘の'程度(仮値など)を高める」


augment」

  [★]

  • vi.
  • 増える、増加する、増大する
  • vt.
  • 増させる、増加させる、増大させる


  • Don't confuse 'augment' and 'argument'.
augmentationenhanceenhancementenlargeescalateescalationexpansionincreaseincrementintensifypotentiatepotentiation

WordNet   license wordnet

「enlarge or increase; "The recent speech of the president augmented tensions in the Near East"」

WordNet   license wordnet

「grow or intensify; "The pressure augmented"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…'を'増す,増大(増加)させる / 〈物・事が〉増す,増大(増加)する」


potentiate」

  [★]

  • 増強する
augmentaugmentationenhanceenhancementintensifypotentiation

WordNet   license wordnet

「increase the effect of or act synergistically with (a drug or a physiological or biochemical phenomenon); "potentiate the drug"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘を'可能にする,強力にする / 〈薬品〉‘の'有効性を高める」


長期増強」

  [★]

long-term potentiation LTP
  • 海馬や大脳皮質のシナプスではテタヌス刺激後、シナプス後電位の振幅の増大が数時間以上持続する。この現象を長期増強と呼ぶ。SP:168




100Cases 10」

  [★]

☆case10 背痛
症例
27歳 女性
主訴背中に突き抜ける?痛み(pain across her back)
現病歴背中に広がる痛みを訴えて、27歳の女性救急部に運ばれてきた。2日前に熱が出て背部痛が始まり、以降調子が悪い。痛みは増強している。6時間前に2度嘔吐した。
既往歴:3ヶ月前に合併症のない胆嚢炎
・身体診断
調子が悪そうであり、紅潮している。体温:39.2℃。脈拍:120/分。血圧:104/68 mmHg心血管系呼吸器系に異常を認めず。腹部全体的圧痛両側腰部著明圧痛
検査
(血液生化学)
白血球↑、血清尿素↑、CRP
(尿検査)
タンパク:++、鮮血:+++、亜硝酸塩:++
尿の顕微鏡検査:(おそらく400倍の一視野に)赤血球>50、白血球>50
腹部X線:正常
glossary
loin n. (pl)腰、腰部(→(adj.)lumbar)。(獣の)腰肉、ロイン。(pl)陰部生殖器性器
腸雑音、腸音、intestinal murmurintestinal soundbowel sound
urine microscopy 尿の顕微鏡検査
dysuria 排尿障害
urgency n. 切迫、急迫、危急。緊急、火急、焦眉の急。[pl]しつこい要求、懇願。せき立てる力、刺激
hydronephrosis 水腎症
-nephros 腎臓
-stomy 開口術
nephrostomy n. 腎瘻造設術、腎造瘻術、腎瘻術
obstructive urophathy 閉鎖性尿路疾患
intravenous fluid 静脈内輸液
commence vt. 始める、開始する。 vi. ~から始める、始まる(with)
urgently
eradication n. 根絶、撲滅
mimic vt. ~の物まねをする、まねて馬鹿にする。そっくりに[卑屈に]まねる。~によく似る
renal ultrasound 腎臓超音波検査
obstructive uropathy 閉塞性尿路疾患
polycystic kidney disease 多発性嚢胞腎
medullary sponge kidney 海綿腎
loin-pain hematuria syndrome 腰痛血尿症候群
解説
(第1パラグラフ)疫学
 急性腎盂腎炎男性より女性more common尿路からの細菌の上行感染リスク妊娠糖尿病、免疫低下者、尿路奇形(尿の腎臓への逆流。そして多分狭窄していたりして結石閉塞されやすいこともあると思う)
(第2パラグラフ)病態
 食欲不振悪心嘔吐と共に40℃の発熱が出ることがある。
 腎盂腎炎患者の中には膀胱炎先行症状(排尿障害頻尿、尿意切迫血尿)がある人がいるけど、こういう下部尿路症状がいつも出現するわけではない。
 多くの腎盂腎炎患者は、先行する6ヶ月以内の膀胱炎既往がある。
 老人場合、非典型的な症状を示し、そして混乱した状態でやってくる。
 腎盂腎炎は他の病態によく似ている:急性虫垂炎、急性胆嚢炎急性膵炎下葉肺炎
 普通体表から見て腎臓の直上に前からも後ろからも圧痛を感じる。
 未治療腎盂腎炎では敗血症になるかもしれない。
(第3パラグラフ)本ケースについて
 ・CRP上昇急性感染症示唆
 ・顕微鏡的血尿タンパク尿、白血球増多は尿路炎症を示す。
 ・硝酸塩(nitrate, HNO3と何かの塩)から亜硝酸塩(nitrite, HNO2と何かの塩)への還元により細菌存在確認される。
  覚え方:亜硝酸は(Oが一つ)足らないi(愛)
  でも複雑です。
   HNO2 亜硝酸 nitrous acid, nitrite 。亜硝酸塩 nitrite
   HNO3 硝酸 nitric acid, nitrate   。硝酸塩 nitrate
(第4パラグラフ)管理
 ・女性入院すべき。
 ・血液と尿の採取
 ・静脈内輸液抗生物質治療開始微生物同定されたら、感受性のある抗菌薬を使用する。初期治療ではゲンタマイシンアンピシリンシプロフロキサシンを用いる
 ・腎臓エコー検査尿路閉塞除外するため。閉塞性尿路疾患では、激しい痛み、発熱敗血症ショック腎不全を伴う脳腎症を起こしうる。
 ・尿路敗血症経過水腎症が疑われたら、合併症を防ぐために緊急に腎瘻を造設すべき
(第5パラグラフ)薬物治療
 ・(腎結石など合併していない)腎感染症(ucomplicated renal infection)患者抗生物質2週間のコース治療すべき。
 ・感染根絶確実にする治療が終わった後10-14日間は、反復して細菌培養をする。<
 ・尿路結石を有する感染症や腎瘢痕を有する患者では抗生物質6週間のコースが用いられる。
鑑別診断ポイント
 腎盂腎炎片側性、あるいは両側性の腰痛を引き起こす。
 腰部痛の鑑別診断
  閉塞性尿路疾患
  腎梗塞心疾患などで生じた血栓腎動脈またはその分枝閉塞し、その血管の支配領域が虚血性壊死に陥った状態
  腎細胞癌:腎尿細管上皮細胞より発生する悪性腫瘍
  腎乳頭壊死腎乳頭より腎髄質にかけて、その支配動脈の虚血により壊死を来したもの。 主として基礎疾患糖尿病を有する人にみられ、しばしば急性腎盂腎炎などの尿路感染に伴って発症する。
  腎結石
  糸球体腎炎
  多発性嚢胞腎先天性かつ両側性に腎実質内に大小無数の嚢胞発生する。 ほとんどが両側性で、貧血、顕微鏡的血尿蛋白尿、高血圧といった症状を呈しながら腎機能が低下し、最終的には腎不全となる疾患
  海綿腎腎錐体における集合管先天性嚢状拡張症。症状としては拡張した集合管に尿の停滞 → 感染・細かな結石ができる。
  腰痛血尿症候群:若年女性に好発し、反復して出現する腰部から側腹部の強い疼痛血尿主徴とする病因不明の疾患。肉眼的血尿軽度蛋白尿がみられることもあるが、特異的検査所見はなく、診断は他疾患除外診断による
■KEYPOINT
急性腎盂腎炎は下部尿路症状があったり無かったりする。
腎臓超音波検査尿路閉塞否定するために入院24時間後に行うべき。
抗菌薬は、再発リスク最小限するために、少なくとも2週間継続すべき。
閉塞性尿路疾患(http://merckmanual.jp/mmpej/sec17/ch229/ch229a.htmlより引用)
KUB陰影から尿路結石成分の推定
 リンカルシウム(22.0)
 シュウ酸カルシウム(10.8):シュウ酸カルシウム結石は,尿路結石のうちで最も頻度が高く(70~80%),シュウ酸カルシウム結石の約半数はリンカルシウムとの混合結石である。
 リン酸マグネシウムアンモニウム(4.1):ストラバイト結石:尿素分解菌(Proteus 、Klebsiella 、Pseudomonas )による尿路感染原因で、尿素分解されアンモニアとなると尿がアルカリ性となり、リン酸マグネシウムアンモニウム結石形成される。
 シスチン(3.7):ホモシスチン尿症
 尿酸(1.4):痛風
 キサンチン(1.4):プリン
□多嚢胞
 常染色体劣性多発性嚢胞腎ARPKD
  旧名:幼児型嚢胞
 常染色体優性多発性嚢胞腎ADPKD
  旧名:成人型嚢胞


100Cases 48」

  [★]

44歳 女性
主訴頭痛
現病歴:前年より頭痛が続いていた。頭痛増強してきたたため、当院受診となった。
なお頭痛両側性であり、夜に向かって増悪し、視覚障害、または嘔気は伴わない。その他に食欲減退早朝覚醒を伴う睡眠障害がある。
嗜好歴:喫煙 15/day飲酒 15units/week (350mlの缶ビール 10本)
社会歴:パートタイムのoffice cleaner離婚している。2人の子供(10歳と12歳)の世話をしている。
家族歴:母が脳腫瘍死亡
既往歴皮疹過敏性腸症候群(当時はそれ以外になにも問題なかった)
服用薬:頭痛に対してパラセタモールイブプロフェン
身体所見 examination
全身:引きこもっているように見える(withdrawn)。
脈拍:74/分、整。血圧:118/76 mmHg
システミックレビュー:心血管系呼吸器系消化器系胸部および網内系正常神経学所見正常。眼底所見は正常
Q1. 診断は?
Q2. 鑑別診断は?
Q3. 管理方法は?
■鑑別診断
頭痛 問診:(典型例では)眼症状に続く片側性拍動性頭痛で、悪心嘔吐もあり、数時間持続。家族歴
群発頭痛 問診眼窩激烈な痛み(行動不能になる程度)。
占拠病変による頭痛
その他 
 副鼻腔炎 問診頭重感鼻汁の有無、発熱診察上顎洞前頭洞圧痛触診、扁桃腺視診頚部リンパ触診
 歯牙障害 歯科コンサルト
 頚椎症 加齢による退行性変性を考慮しつつ、頚部の可動制限、疼痛、凝り感を問診単純X線、MRI診断
 緑内障 問診視野検査視力眼圧視野、視神経乳頭形態、隅角検査
 外傷頭痛 外傷既往歴頭皮視診
unit
1 unit = 10 ml of ethanol
□350ml アルコール5%
350x0.05/10=1.75 unit
glossary
withdrawn
 v.
  withdrawのpp.
 adj.
  1.(人が)引きこもった、内にこもった、世間と交わらない
  She looks withdrawn.
  2.人里離れた、遠くにある
  3.(商品などが市場から)回収された
  4.(競争などから)撤退した
reticuloendothelial system
細網内皮系 = 網内系
dental disorder 歯牙障害
bereavement 
 n.
  死別
sneezing


カルベジロール」

  [★]

carvedilol
アーチストアテノートアニストアーチワン, Coreg
β受容体遮断薬
  • 第4世代のβ受容体遮断薬
  • 非選択的β遮断薬
  • α1遮断作用。β遮断作用。
  • α作用はわずからしい
  • β遮断薬による脂質代謝への悪影響が少ない ←? (一般的にはβ2受容体遮断によりインスリン分泌低下。 β受容体遮断薬) 
  • 高血圧症(本態性高血圧症、腎実質性高血圧症)、狭心症

禁忌

アーチスト

添付文書

  • アーチスト錠1.25mg/アーチスト錠2.5mg/アーチスト錠10mg/アーチスト錠20mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2149032F1021_2_04/2149032F1021_2_04?view=body




augmentation」

  [★]

  • n.
augmentenhanceenhancementenlargeescalateescalationexpansionincreaseincrementintensifypotentiatepotentiation

WordNet   license wordnet

「the act of augmenting」

WordNet   license wordnet

「the amount by which something increases」

WordNet   license wordnet

「the statement of a theme in notes of greater duration (usually twice the length of the original)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「増大,増加 / 増加した物,付加物」


enhancement」

  [★]

  • n.
augmentaugmentationconsolidateconsolidationenhancefacilitatefacilitationfortificationfortifyintensificationintensifypotentiatepotentiationreinforcereinforcementsharpenstrengthen

WordNet   license wordnet

「an improvement that makes something more agreeable」
sweetening

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「高揚,増進」


期外収縮後増強」

  [★]

postextrasystolic potentiation
期外収縮


ガドリニウム増強」

  [★]

gadolinium enhancement


シナプス増強」

  [★]

synaptic potentiation




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡