塩類下剤

出典: meddic

saline cathartic, saline purgative
瀉下薬


  • 酸化マグネシウム
  • 非吸収性
  • 習慣性小。
  • 大量の水摂取で効果上昇
  • 腎機能傷害ではMgの吸収に注意する


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 塩類下剤誘発下痢モデルマウスに対する五苓散の効果
  • 岡村 信幸,高山 健人,海田 朋美
  • 日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine 60(5), 493-501, 2009-09-20
  • 最も代表的な利水剤である五苓散は浮腫性の疾患によく用いられる。五苓散の腸管における利水作用を明らかにする目的で,硫酸マグネシウムによる下痢モデルマウスに対する効果を検討した。このモデルに対して,対象薬の人参湯エキス顆粒(166mg/kg, p.o.)は効果がなかったが,五苓散エキス顆粒(133mg/kg, p.o.)は有意な止瀉作用を示した。五苓散の温水抽出物(生薬末を37℃,30分抽出した凍結乾 …
  • NAID 10025974951
  • 21I-04 塩類下剤硫酸マグネシウムによる腸管アクアポリンの発現変化(薬物療法,来るべき時代への道を拓く)
  • 高崎 文香,宇敷 隆,望月 俊秀,戸田 雄大,五十嵐 信智,伊藤 清美,杉山 清
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 18, 279, 2008-09-01
  • NAID 110006963952

関連リンク

塩類下剤は硫酸マグネシウム、酸化マグネシウム、クエン酸マグネシウムなどの塩類の高い浸透圧を使用し、腸の表面から水分を引き寄せ、腸管内の水分量を増加させて便を軟らかくし、排便を促す下剤のことです。
表1:緩下剤と刺激下剤 分類 一般名 商品名 作用時間 緩下剤(塩類下剤) 酸化マグネシウム カマ 2~3 マグミット 2~3 マグラックス 2~3 刺激性下剤 アントラキノン系 センナ アローゼン 8~12 プルゼニド 8~13 ダイオウ 大建中湯 8~14
便秘解消ch HOME > 塩類下剤 塩類下剤 塩類下剤とは・・ 「えんるい・げざい」と読む、この下剤は 塩の浸透圧の作用で大量の水がたまり、便を水で膨らませて蠕動運動(ぜんどううんどう)を促す下剤のことを「塩類下剤」と ...

関連画像

塩類 下剤 腸管 内容 を 軟化 塩類下剤塩類下剤: 硫酸 ac0fa6335ba423688048a6d7e29147c8-320x350  水和物(無機塩類下剤) 500G システム - 先端医療講座 - 下剤


★リンクテーブル★
先読み瀉下薬
国試過去問098H080
リンク元硫酸ナトリウム」「クエン酸マグネシウム
関連記事」「塩類

瀉下薬」

  [★] 瀉下薬

cathartic, laxative, purgative, cathartic drug, evacuants
cathartica
下剤便通薬
瀉下薬一覧


強度による分類


098H080」

  [★]

  • 樟脳の誤飲に対する正しい処置はどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 098H079]←[国試_098]→[098I001

硫酸ナトリウム」

  [★]

sodium sulfate
乾燥硫酸ナトリウムアスコルビン酸アストーマアスペノンアプリトーンアモキシシリンアモペニキシンアモリンアルギスタットアルフロシンアレンフラールアンチレクスイソパール・Pイノバンウレパールエカテリシンエクセラーゼエクセラーゼ配合エホチールエルゴメトリンマレイン酸塩オーネスSPオーネスSZオーペグ カズマリンガモファーカラシミンCカルデナリンカルメゾシングルコリンSケイラーゼAケフラールケフレックスゲンタマイシンゲンタロールコスパノンコバマミドコントミンコンドロイチン硫酸ナトリウムジアイナミックスシーシーエルシータックシェトラゾーナジソピラミドスクリット配合セクロダンセフジトレンピボキシルセフジニルセブンイー・PセンセファリンダイメジンスリービーダウンテンシンタフマックEダラシンタンチパン配合テクネMAG3デトキソールトキクロルドキサゾシンドキサゾンドパミン塩酸塩トレキサメットドロキシドパトロキシンニザチジンニトレナールニトロールRニフプラス ニフレック配合ニューロライトネオ・エフラーゼ配合ハイポプロモーション
塩類下剤


クエン酸マグネシウム」

  [★]

magnesium citrate
マグコロールテクトロール
瀉下薬塩類下剤
  • 腸管から吸収されにくいため、腸管内に水分が引き込まれ腸管内に水分が増加する結果、腸内容量が増大して大腸の運動を促進して緩下作用を呈する
  • 下部消化管内視鏡の前処置に用いる。


剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


塩類」

  [★]

saltsaline
塩類溶液食塩液生食生食水生理食塩水生理的食塩水食塩水




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡