塩酸レナンピシリン

出典: meddic

lenampicillin hydrochloride
レナンピシリン


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 塩酸レナンピシリン (バラシリン) による膿疱型薬疹
  • 現時点における塩酸レナンピシリンの淋菌性尿道炎に対する効果について : 第6回神奈川地方会
  • 田中 元章,河村 信夫,星野 英章,尾関 全彦
  • 日本泌尿器科學會雜誌 84(9), 1714, 1993-09-20
  • NAID 110003096692
  • 口腔外科領域感染症に対する塩酸レナンピシリン (バラシリン) の臨床評価

関連リンク

成分(一般名) : レナンピシリン塩酸塩 製品例 : バラシリン錠 ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 主にg陽性,陰性菌用剤/ペニシリン系抗生物質/経口用合成ペニシリン製剤
塩酸レナンピシリン製剤で始まる薬の検索結果。バラシリン - goo薬検索では、約7000の薬剤の成分や効能(効果)、正しい服用法・使用法、副作用などが調べられます。

関連画像

歯周原因除去治療期における 第十六改正日本薬局方(JP16)名称


★リンクテーブル★
リンク元lenampicillin hydrochloride
関連記事リン」「」「レナンピシリン」「塩酸

lenampicillin hydrochloride」

  [★]

  • 塩酸レナンピシリン
lenampicillin

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

レナンピシリン」

  [★]

lenampicillinlenampicillin hydrochloride
塩酸レナンピシリン


塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡