塩酸ミドドリン

出典: meddic

ミドドリン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児起立直後性低血圧,ならびに体位性頻脈症候群の起立循環反応に与える塩酸ミドドリンの効果
  • 田中 英高,松島 礼子,山口 仁,玉井 浩
  • 自律神経 = The Autonomic nervous system 38(3), 299-305, 2001-06-15
  • NAID 10007846350
  • 46) 神経調節性失神に対し塩酸ミドドリンとメチル硫酸アメジニウムの併用療法が有効であったサルコイドーシスの1例
  • 小川 康彦,清水 博,相馬 真子,柴原 徹,飯野 健二,長谷川 仁志,鬼平 聡,阿部 豊彦,斉藤 崇,三浦 傳,三浦 博人
  • Japanese circulation journal 64(SupplementIII), 857, 2000-10-20
  • NAID 110002608617

関連リンク

低血圧治療薬, 一般名:塩酸ミドドリン. 商品名:, [アバルナート][シュプレース][ ナチルジン][メトドリン][メトリジン]. 作用機序, ◎末梢の血管を収縮させる作用で低すぎる 血圧を上昇させる。血管収縮薬。 ◎選択的α1-受容体を直接刺激する作用により末梢 血管を ...
用法, 成人はミドドリン塩酸塩として、通常1日4mgを2回に分けて経口服用する。なお、 症状により適宜増減する。ただし、重症の場合は1日8mgまで増量できる。小児は ミドドリン塩酸塩として、通常1日4mgを2回に分けて経口服用する。なお、症状により 適宜 ...

関連画像

ミドドリン塩酸塩錠2mg ミドドリン塩酸塩錠2mg ミドドリン塩酸塩錠2mg ミドドリン塩酸塩錠2mg ミドドリン塩酸塩錠2mg ミドドリン塩酸塩錠2mg「サワイ

添付文書

薬効分類名

  • 低血圧治療剤

販売名

アバルナート錠2

組成

1錠中の有効成分:

  • ミドドリン塩酸塩・・・・・2mg

添加物:

  • D-マンニトール、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースCa、ステアリン酸Mg

禁忌

甲状腺機能亢進症の患者

  • [甲状腺機能亢進症の患者は、ノルエピネフリン等と類似の作用を持つ交感神経刺激薬により過度な反応を起こす可能性が知られている。本剤は、薬理学的にこれらの薬剤と同様な反応を起こすおそれがある。]

褐色細胞腫の患者

  • [褐色細胞腫の患者は、カテコールアミンの過剰放出があり、本剤が病態を悪化させるおそれがある。]

効能または効果

本態性低血圧、起立性低血圧

成人にはミドドリン塩酸塩として、通常1日4mgを2回に分けて経口投与する。なお、症状により適宜増減する。ただし、重症の場合は1日8mgまで増量できる。
小児にはミドドリン塩酸塩として、通常1日4mgを2回に分けて経口投与する。なお、症状により適宜増減するが、1日最高量は6mgとする。

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者

  • [本剤は静脈還流量増加作用を介した心臓への作用を有しているため、静脈還流を治療上抑制している患者等に投与する場合、病態を悪化させるおそれがある。]

重篤な血管障害のある患者

  • [閉塞性動脈硬化症等の重篤な血管狭窄のある患者に投与する場合、病態を悪化させるおそれがある。]

重篤な腎障害のある患者

  • [消失半減期の延長により血中濃度が持続するので、投与間隔をあけて使用する。]

高血圧の患者

  • [基礎疾患として高血圧がある起立性低血圧患者に使用する場合、過度の血圧上昇が起こるおそれがある。]

前立腺肥大に伴う排尿困難のある患者

  • [本剤が膀胱頸部のα受容体に作用するため、排尿困難を悪化させるおそれがある。]

有効成分に関する理化学的知見

  • 約200℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元midodrine hydrochloride
関連記事リン」「ミドドリン」「」「塩酸

midodrine hydrochloride」

  [★] ミドドリン塩酸ミドドリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






ミドドリン」

  [★]

midodrine
塩酸ミドドリン, midodrine hydrochloride
アバルナートシュプレースナチルジンミドドリン塩酸塩メトドリンメトリジンメトリジンD
アドレナリン受容体血管収縮剤


  • 選択的α1アゴニスト。起立性低血圧の治療に用いられる。


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡