塩酸ピプラドロール

出典: meddic

pipradrol hydrochloride
ピプラドロール

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 骨格筋活動におよぼす各種薬物の影響(畜産学)
  • 塩酸ピプラドロールの中枢作用
  • 夜尿症の塩酸ピプラドロール(カロパン)療法について

関連リンク

医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303] N 神経系 N06 精神賦活薬 N06B 神経刺激薬、注意欠陥多動性障害(ADHD)用薬と向知性薬 N06BX その他の神経刺激薬と向知性薬 N06BX15 ピプラドロール D01876 塩酸ピプラド ...
(塩酸ピプラドロール) 1960年 精神医学 上のカロパンのアッパーバージョンである。 トフラニール® (塩酸イミプラミン) 1960年 精神医学 1958年にスイスのガイギー社が開発した世界初の抗うつ薬。 トフラニール® (塩酸 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元pipradrol hydrochloride
関連記事」「ピプラドロール」「塩酸」「ラド

pipradrol hydrochloride」

  [★]

  • 塩酸ピプラドロール
pipradrol

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ピプラドロール」

  [★]

pipradrolpipradrol hydrochloride
塩酸ピプラドロール


塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。


ラド」

  [★]

rad
吸収線量 グレイ Gy




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡