塩酸トラマゾリン

出典: meddic

トラマゾリン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • acoustic rhinometryを用いた鼻処理効果の評価-通年性鼻アレルギー症例と正常例の比較-
  • 竹野 幸夫,川本 浩子,平田 したう,福島 典之,夜陣 紘治
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 101(7), 900-907, 1998-07-20
  • 代表的な耳鼻咽喉科の保存的処置の一つであり,その効果が日常臨床において日々実感されている鼻処置の効果に関する客観的裏付けを目的にして,鼻腔容積の変化をacoustic rhinometryにより測定し,同時にアンケート調査により自覚症状の変化を調べた.対象は通年性鼻アレルギー患者30名(軽症群18名と重症群12名),および正常ボランティア6名である.鼻処置前の全鼻腔容積は,鼻アレルギー重症群は5. …
  • NAID 10005598313

関連リンク

2008年11月9日 ... 塩酸トラマゾリン - 添付文書 (一般用医薬品) · トラマゾリン - 安全性情報 (DSU他) · トラマゾリン - 副作用情報 · トラマゾリン - 相互作用のある薬剤 (逆向き検索, 一覧). トラマゾリン - 相互作用のある薬剤 (逆向き検索, 絞り込み) 成分名 または ...

関連画像

 マ トラマゾリン 包装写真トラ マゾ リン 本体 写真 トラ 有効成分に関する理化学的知見トラマゾリン点鼻液0.118%「AFP 塩酸トラマゾリン の意味 トラマゾリン点鼻液0.118%「AFP

添付文書

薬効分類名

  • 点鼻用血管収縮剤

販売名

  • トラマゾリン点鼻液0.118%「AFP」

組成

 成分・含量

  • 1mL中トラマゾリン塩酸塩1.18mg

 添加物

  • ベンザルコニウム塩化物、D?ソルビトール、クエン酸水和物、リン酸水素ナトリウム水和物、
    塩化ナトリウム

禁忌

本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

2歳未満の乳・幼児

  • [過量投与により発汗、徐脈等の全身症状が発現するおそれがある。]

モノアミン酸化酵素阻害剤投与中の患者

  • [急激な血圧上昇を起こすおそれがある。]

効能または効果

 諸種疾患による鼻充血・うっ血

  • 通常成人には1回2?3滴を1日数回点鼻するか、又は1日数回噴霧する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

冠動脈疾患のある患者

  • [症状を悪化させるおそれがある。]

高血圧症の患者

  • [血圧が上昇するおそれがある。]

甲状腺機能亢進症の患者

  • [症状を悪化させるおそれがある。]

糖尿病の患者

  • [症状を悪化させるおそれがある。]

薬効薬理

  • 局所血管収縮作用が認められている(イヌ4)、ウサギ5))。
  • 慢性副鼻腔炎患者において、鼻粘膜の充血、腫脹を除去することが認められている6)

有効成分に関する理化学的知見

 分子式

  • C13H17N3・HCl

 分子量

  • 251.76

 性 状

  • 白色?類白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく、味は苦い。
    メタノールに極めて溶けやすく、水、酢酸(100)、エタノール(99.5)、1?ブタノール又はクロロホルムに溶けやすく、無水酢酸にやや溶けにくく、無水ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    水溶液(1→10)のpHは4.0?6.5である。
    吸湿性である。

 融 点

  • 171?176℃(乾燥後)


★リンクテーブル★
リンク元tramazoline hydrochloride
関連記事リン」「トラマゾリン」「」「塩酸」「ラマ

tramazoline hydrochloride」

  [★] トラマゾリン塩酸トラマゾリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






トラマゾリン」

  [★]

tramazoline
塩酸トラマゾリン tramazoline hydrochloride
トーク
  • α1刺激薬;末梢血管収縮


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。


ラマ」

  [★]

llama
新世界ラクダ類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡