塩酸チザニジン

出典: meddic

チザニジン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

チザニジン塩酸塩 製品例 : テルネリン錠1mg、テルネリン顆粒0.2% ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 鎮けい剤/その他/筋緊張緩和剤 PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」 概説 作用 特徴 注意 効能 用法 概説 作用 ...
塩酸チザニジン製剤で始まる薬の検索結果。アストネリン,エンチニン,ギボンズ,セブレチン,チザニジン,チザニン,チザネリン,チロルビット,テトリネン,テルザニン - goo薬検索では、約7000の薬剤の成分や効能(効果)、正しい服用法 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 筋緊張緩和剤

販売名

モトナリン錠1mg

組成

  • モトナリン錠1mgは、1錠中に (日局)チザニジン塩酸塩1.144mg (チザニジンとして1mg) を含有する。
  • 添加物として、カルメロース、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム、乳糖水和物、ヒドロキシプロピルセルロースを含有する。

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • フルボキサミン又はシプロフロキサシンを投与中の患者 (「相互作用」の項参照)
  • 重篤な肝障害のある患者

[本剤は主として肝で代謝される。また、肝機能の悪化が報告されている。]

効能または効果

下記疾患による筋緊張状態の改善

  • 頸肩腕症候群、腰痛症

下記疾患による痙性麻痺

  • 脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、脳性 (小児) 麻痺、外傷後遺症 (脊髄損傷、頭部外傷)、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症

筋緊張状態の改善の場合

  • 通常成人には、チザニジンとして3mg (3錠) を1日3回に分けて食後に経口投与する。

なお、年齢・症状により適宜増減する。

痙性麻痺の場合

  • 通常成人には、チザニジンとして1日3mg (3錠) より投与を始め、効果をみながら1日6〜9mg (6〜9錠) まで漸増し、1日3回に分けて食後に経口投与する。

なお、年齢・症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 肝障害のある患者

[本剤は主として肝で代謝される。また、肝機能の悪化が報告されている。]

  • 腎障害のある患者

[腎からの排泄が遅延し、高い血中濃度が持続するとの報告がある。]

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショック (血圧低下、徐脈、顔面蒼白、冷汗、呼吸困難、意識消失等) があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

急激な血圧低下

(頻度不明)

  • 投与開始初期に急激な血圧低下があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。特に高齢者及び降圧剤との併用例では注意すること。

心不全

(頻度不明)

  • 心不全 (心拡大、肺水腫等) があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

呼吸障害

(頻度不明)

  • 呼吸障害 (喘鳴、喘息発作、呼吸困難等) があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

肝炎、肝機能障害、黄疸

(頻度不明)

  • AST (GOT)、ALT (GPT) 等の著しい上昇、悪心・嘔吐、食欲不振、全身倦怠感等を伴う肝炎、肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • チザニジン塩酸塩 (Tizanidine Hydrochloride)

化学名:

  • 5-Chloro-N -(4, 5-dihydro-1H - imidazol-2-yl)-2, 1, 3-benzothiadiazole-4-amine monohydrochloride

分子式:

  • C9H8ClN5S・HCl

分子量:

  • 290.17
  • 約290℃ (分解)


★リンクテーブル★
リンク元tizanidine hydrochloride
関連記事チザニジン」「」「塩酸

tizanidine hydrochloride」

  [★]

  • 塩酸チザニジン
tizanidine


チザニジン」

  [★]

tizanidine
塩酸チザニジン tizanidine hydrochloride
エンチニンギボンズセブレチンチザニジンチザニンチザネリンチロルビットテトリネンテルザニンテルネリンメキタックモトナリンザンピークテルリラーク



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡