塩酸タランピシリン

出典: meddic

talampicillin hydrochloride
タランピシリン


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

塩酸タランピシリン TAPC カプセル 250mg1カプセル アセオシリン 長生堂製薬 <類似の抗菌力を示す他の薬剤> アンピシリン、アモキシリン Ⅱ.用法・容量 通常成人には、1回250 mg(力価)1日3~4回経口投与する。小児の場合 は、1日15 ...
抗生物質で、細菌による感染症の治療薬「塩酸タランピシリン」の説明。成分名、製品名、作用・副作用、用法・注意点など。 ... 合成のペニシリン剤で、細菌を直接殺す作用がある。ブドウ球菌、レンサ球菌などの化膿菌だけでなく ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元アンピシリンフタリジル」「talampicillin hydrochloride
関連記事リン」「」「タランピシリン」「塩酸」「タラ

アンピシリンフタリジル」

  [★]

ampicillin phthalidyl
塩酸タランピシリン


talampicillin hydrochloride」

  [★]

  • 塩酸タランピシリン
talampicillin


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

タランピシリン」

  [★]

talampicillintalampicillin hydrochloride
塩酸タランピシリン


塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。


タラ」

  [★]

cod
タラ目




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡