塩酸セレギリン

出典: meddic

selegiline hydrochloride
デプレニルセレギリンセレギリン塩酸塩L-デプレニル


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 病棟薬剤師に聞く 脳神経疾患ナースのためのくすりの知識(第63回)塩酸セレギリン--パーキンソン病/症候群治療薬
  • 山室 蕗子,近藤 元三,前田 俊英 [他]
  • ブレインナーシング 24(7), 706-713, 2008-07
  • NAID 40016120496
  • 1-P1-11 高齢パーキンソン病患者に対して塩酸セレギリンが有効であった3症例 : 転倒傾向に対する効果を中心に(パーキンソン(2),ポスター,一般演題,リハビリテーション医学の進歩と実践,第43回日本リハビリテーション医学会学術集会)
  • 滝沢 義唯,山口 淳
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 43(Supplement), S196, 2006-05-18
  • NAID 110004873710

関連リンク

通常、成人にセレギリン塩酸塩として1日1回2.5mgを朝食後服用から始め、2週ごとに 1日量として2.5mgずつ増量し、最適投与量を定めて、維持量とする(標準維持量1日 7.5mg)。1日量はセレギリン塩酸塩として5.0mg以上の場合は朝食及び昼食後に分服 ...

関連画像

バスパー|ブスピロン塩酸塩 KEGG DRUG: D00785セレギリン塩酸塩錠2.5mg セルギン 5mg【塩酸セレギリン 東大病院など ALSの新たな原因  (塩酸セレギリン) 5mg

添付文書

薬効分類名

  • パーキンソン病治療剤

販売名

セレギリン塩酸塩錠2.5mg「タイヨー」

組成

  • 1錠中:セレギリン塩酸塩………………2.5mg
    〈添加物〉
    酒石酸、ステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、ヒドロキシプロピルセルロース、部分アルファー化デンプン

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • ペチジン塩酸塩、トラマドール塩酸塩を投与中の患者[高度の興奮、精神錯乱等の発現が報告されている]
  • 非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤(サフラジン塩酸塩)を投与中の患者[高度の起立性低血圧の発現が報告されている]
  • 統合失調症又はその既往歴のある患者[精神症状の悪化が報告されている]
  • 覚せい剤、コカイン等の中枢興奮薬の依存又はその既往歴のある患者
  • 三環系抗うつ剤(アミトリプチリン塩酸塩等)を投与中あるいは中止後14日間の患者 (「相互作用」の項参照)
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害剤(フルボキサミンマレイン酸塩等)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(ミルナシプラン塩酸塩等)、選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(アトモキセチン塩酸塩)又はノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ剤(ミルタザピン)を投与中の患者 (「相互作用」の項参照)

効能または効果

次の疾患に対するレボドパ含有製剤との併用療法

  • パーキンソン病(過去のレボドパ含有製剤治療において、十分な効果が得られていないもの:Yahr重症度ステージI〜IV)
  • 本剤は、レボドパ含有製剤と併用する。
    通常、成人にセレギリン塩酸塩として1日1回2.5mgを朝食後服用から始め、2週ごとに1日量として2.5mgずつ増量し、最適投与量を定めて、維持量とする(標準維持量1日7.5mg)。
    1日量はセレギリン塩酸塩として5.0mg以上の場合は朝食及び昼食後に分服する。ただし、7.5mgの場合は朝食後5.0mg及び昼食後2.5mgを服用する。
    なお、年齢、症状に応じて適宜増減するが1日10mgを超えないこととする。

慎重投与

  • 重篤な肝障害のある患者[本剤の代謝が抑制され、毒性が大幅に増強される可能性がある]
  • 重篤な腎障害のある患者[本剤の代謝物が蓄積され、その代謝物による中枢作用が生じる可能性がある]
  • 高用量のレボドパ投与を受けている患者[副作用発現率が高い]
  • 高齢者[起立性低血圧があらわれやすい](「高齢者への投与」の項参照)
  • 心・脳循環器系障害を有する患者[英国において、レボドパ単独群とセレギリン塩酸塩投与後にレボドパを併用投与した群を比較した試験1において、レボドパ単独群に対してセレギリン塩酸塩投与後にレボドパ併用投与した群に心・脳循環器系障害による死亡が多かったと報告されている](「重要な基本的注意」の項5.参照)
  • 狭心症のある患者[本剤により増悪する可能性がある]

重大な副作用

  • 幻覚、妄想、錯乱、せん妄 幻覚、妄想、錯乱、せん妄があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には、減量、休薬又は投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 狭心症 狭心症の発現又は増悪が報告されているので、狭心症患者では心電図をモニターするなど、特に注意すること。
  • 悪性症候群 本剤の急激な減量又は中止により、高熱、意識障害、高度の筋硬直、不随意運動、血清CK(CPK)上昇等があらわれることがある。このような場合には、再投与後、漸減するとともに、体冷却、水分補給等の適切な処置を行うこと。なお、投与継続中に同様の症状があらわれることがある。
  • 低血糖 低血糖があらわれることがあるので、低血糖症状(意識障害、昏睡等)があらわれた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 胃潰瘍 胃潰瘍があらわれることがあるので、このような場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • セレギリンは、モノアミン酸化酵素B(MAO-B)を選択的にかつ非可逆的に阻害し、ドパミンの代謝・分解抑制、さらには神経終末への再取り込み抑制によって抗パーキンソン病効果を発揮すると報告されている。7)

有効成分に関する理化学的知見


★リンクテーブル★
リンク元selegiline hydrochloride」「L-デプレニル
関連記事リン」「セレギリン」「」「塩酸

selegiline hydrochloride」

  [★]

deprenylL-deprenylselegiline


L-デプレニル」

  [★]

L-deprenyl
デプレニルセレギリン塩酸セレギリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





セレギリン」

  [★]

selegiline
塩酸セレギリン selegiline hydrochloride
デプレニール deprenyl


特徴

構造

作用機序

薬理作用

  • B型モノアミン酸化酵素阻害作用
  • ドパミン再取り込み阻害作用

動態

適応

注意

禁忌

副作用

相互作用

添付文書

  • セレギリン塩酸塩錠2.5mg「マイラン」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1169010F1058_1_03/1169010F1058_1_03?view=body



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡