塩酸ジラゼプ

出典: meddic

dilazep dihydrochloride
ジラゼプ


和文文献

  • 8 糖尿病性腎症に対する塩酸ジラゼプの効果の再評価(I.一般演題,第36回新潟糖尿病談話会)
  • 8 糖尿病性腎症に対する塩酸ジラゼプの効果の再評価(I.一般演題,第36回新潟糖尿病談話会)
  • メニエール症候群の聴力改善治療 : 塩酸ジラゼプ, イソソルビドの使用経験

関連リンク

成分(一般名) : ジラゼプ塩酸塩水和物 製品例 : コメリアンコーワ錠50~100 ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 血管拡張剤/冠血管拡張剤/心・腎疾患治療剤
ジラゼプ塩酸塩錠50mg「トーワ」 販売名コード 2171005F1270 承認・許可番号 承認番号 21900AMX01525 商標名 DILAZEP HYDROCHLORIDE TABLETS 50mg “TOWA” 薬価基準収載年月 2007年12月 販売開始年月 1988年7月 貯法 ...

関連画像

ジラゼプ塩酸塩水和物錠ジルチアゼム塩酸塩Rカプセル コメリアンコーワ錠100│お薬事 製造販売元東京都中央区日本橋 コメリアンコーワ錠100(処方薬 全星 ジルチアゼム塩酸塩錠30mg

添付文書

薬効分類名

  • 心・腎疾患治療剤

販売名

  • ジラゼプ塩酸塩錠50mg「日新」

組成

有効成分・含量

  • ジラゼプ塩酸塩錠50mg「日新」は、1錠中に日本薬局方ジラゼプ塩酸塩水和物50mgを含有

添加物

  • 乳糖水和物、結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースカルシウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、マクロゴール、酸化チタン、タルク、カルナウバロウ

効能または効果

  • 狭心症、その他の虚血性心疾患(心筋梗塞を除く)
  • 下記疾患における尿蛋白減少
  • 腎機能障害軽度〜中等度のIgA腎症
  • 狭心症、その他の虚血性心疾患(心筋梗塞を除く)に用いる場合には、1回ジラゼプ塩酸塩水和物として50mgを1日3回経口投与する。
    腎疾患に用いる場合には、1回ジラゼプ塩酸塩水和物として100mgを1日3回経口投与する。
    年齢及び症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 重篤な肝機能障害のある患者[副作用として一過性のALT(GPT)上昇が報告されているため、肝機能障害を悪化させるおそれがある。]

薬効薬理

  • ジラゼプ塩酸塩水和物は冠血管拡張薬と呼ばれ、作用機序は複雑であるが、アデノシン増強作用が重視されている。すなわち、虚血心筋から遊離されるアデノシンの細胞内への再取込みを阻害することにより、アデノシンの血管拡張作用を増強して冠拡張作用をあらわす。2)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ジラゼプ塩酸塩水和物(Dilazep Hydrochloride Hydrate)

化学名

  • 3,3'-(1,4-Diazepane-1,4-diyl) dipropyl bis(3,4,5-trimethoxybenzoate) dihydrochloride monohydrate

分子式

  • 3144210・2HCl・H2

分子量

  • 695.63

性 状

  • 本品は白色の結晶性の粉末で、においはない。酢酸(100)又はクロロホルムに溶けやすく、水にやや溶けやすく、エタノール(95)又は無水酢酸に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。

融 点

  • 200〜204℃


★リンクテーブル★
リンク元dilazep dihydrochloride
関連記事ジラゼプ」「」「塩酸

dilazep dihydrochloride」

  [★]

  • 塩酸ジラゼプ
dilazep


ジラゼプ」

  [★]

dilazep
塩酸ジラゼプ ジラゼプ塩酸塩 dilazep dihydrochloride
コメリアンコロンメンジラゼプ塩酸塩スプランスミドルミンタンタリックトルクシール
  • 冠血管拡張薬;脳循環改善薬


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡