塩酸クレンブテロール

出典: meddic

クレンブテロール

和文文献

  • 前立腺全摘術後の尿失禁に対する理学療法士の関わり
  • 平野 正広,廣瀬 昇
  • 日本理学療法学術大会 2008(0), D3P1526-D3P1526, 2009
  • 【目的】骨盤底筋群の機能障害である尿失禁は腹圧性・切迫性・溢流性・反射性尿失禁など多岐にわたる.前立腺手術後には腹圧性尿失禁(以下、SUI)が生じるとされ、尿道抵抗の低下に起因する.尿道抵抗低下を引き起こす病態として尿道過可動性と内因性括約筋不全があり、前立腺手術では外尿道括約筋障害によってもSUIが生じる.理学療法分野において、前立腺手術後の尿失禁に対する理学療法の報告は少ない.そこで今回、当院 …
  • NAID 130004581069
  • 腹圧性尿失禁に対する保存療法 (焦点 女性の尿失禁:最新の治療とケア)
  • 関口 由紀,関口 麻紀
  • 看護技術 51(4), 294-296, 2005-04
  • NAID 40006683628
  • 塩酸クレンブテロールとアジスロマイシンが有効であったimmotile-dyskinetic cilia syndrome の1例
  • 伊藤 昌之,岸 厚次,中村 博幸,畑尾 英一,来生 研,須藤 晃彦,小林 克行,土田 文宏,足立 秀喜,柳生 久永,大石 修司,松岡 健
  • 日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society 40(7), 617-621, 2002-07-10
  • NAID 10010824003

関連リンク

成分(一般名) : クレンブテロール塩酸塩 製品例 : スピロペント錠10μg、スピロペント顆粒0.002% ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 気管支拡張剤・他/β刺激剤/持続性気管支拡張剤・腹圧性尿失禁治療剤
そこに登場したのが「痩肉精」だ。その正体は塩酸クレンブテロールという薬品。本来はぜんそくの治療薬として開発された。この薬品を出荷前の豚に投与すると、肉が赤身となり高値で売れる。 「北京を例にとると、60年代 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
リンク元clenbuterol hydrochloride
関連記事クレンブテロール」「」「塩酸

clenbuterol hydrochloride」

  [★]

  • 塩酸クレンブテロール
clenbuterol

クレンブテロール」

  [★]

clenbuterol
クレンブテロール塩酸塩 塩酸クレンブテロール clenbuterol hydrochloride
スピロペントトニール
気管支拡張剤



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡