塩酸エペリゾン

出典: meddic

エペリゾン

和文文献

  • 症例報告 塩酸エペリゾン(ミオナール)による nonpigmenting fixed drug eruption
  • びまん性紅斑と血管浮腫を呈した塩酸エペリゾン(ミオナール[○!R])による薬疹1例
  • 病棟薬剤師に聞く 脳神経疾患ナースのためのくすりの知識(第46回)アフロクアロン,塩酸エペリゾン,塩酸チザニジン(筋弛緩薬)

関連リンク

成分(一般名) : エペリゾン塩酸塩 製品例 : ミオナール錠50mg、ミオナール顆粒10% ・・その他(ジェネリック) & 薬価 ... 概説 筋肉のコリをほぐし、痛みをやわらげるお薬です。 作用 筋肉を緊張させている神経をしずめる作用が ...
筋弛緩剤 塩酸エペリゾン(一般名) (eperisone hydrochloride) 商品名 「アキトナール」「アチネス」「エペソ」「エペナルド」「エペリッサー」「エペリナール」「エペル」「エボントン」「エンボイ」「キネオールE」「クレピスト ...

関連画像

神経変性疾患治療薬 識別コード(オモテ)エペリゾン塩酸塩錠50mg「NP 神経変性疾患治療薬 エペリゾン塩酸塩エペリゾン塩酸塩錠50mg

添付文書

薬効分類名

  • 筋緊張改善剤

販売名

※※ エペリゾン塩酸塩錠50mg「ツルハラ」

組成

組 成

  • エペリゾン塩酸塩錠50mg「ツルハラ」は1錠中エペリゾン塩酸塩50mgおよび添加物として乳糖水和物、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム、軽質無水ケイ酸、ヒプロメロース、マクロゴール6000、タルク、酸化チタン、ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート、カルナウバロウを含有する。

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

・下記疾患による筋緊張状態の改善

  •  頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、腰痛症

・下記疾患による痙性麻痺

  • 脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、筋萎縮性側索硬化症、脳性小児麻痺、脊髄小脳変性症、脊髄血管障害、スモン(SMON)、その他の脳脊髄疾患


通常成人には1日量として3錠(エペリゾン塩酸塩として150mg)を3回に分けて食後に経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

1)薬物過敏症の既往歴のある患者

2)肝障害のある患者

  • 〔肝機能を悪化させることがある。〕


重大な副作用

1.ショック、アナフィラキシー様症状:

         頻度不明
  • ショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い、発赤、そう痒感、蕁麻疹、顔面等の浮腫、呼吸困難等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

※ 2.中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群):

         頻度不明
  • 中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群等の重篤な皮膚障害を起こすことがあるので、観察を十分に行い、発熱、紅斑、水疱、そう痒感、眼充血、口内炎等の症状が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • ・ラットの Sherrington 型除脳固縮(γ‐固縮)と虚血性除脳固縮(α‐固縮)の両方を用量依存的に抑制する。
  • ・モルモット基底動脈平滑筋において膜電位依存性Caチャネルを阻害して血管を拡張することが報告されており3)、サルで血流増加作用が認められている4)


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • エペリゾン塩酸塩(Eperisone Hydrochloride)

化学名

  • (2RS )-1-(4‐Ethylphenyl)‐2‐methyl‐3‐piperidin-1-

ylpropan-1-one monohydrochloride

分子式

  • 1725NO・HCl

分子量

  • 295.85

融点

  • 約167℃(分解)

性状

  • 本品は白色の結晶性の粉末である。
    本品は水、メタノール又は酢酸(100)に溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けやすい。
    本品のメタノール溶液(1→100)は旋光性がない。


★リンクテーブル★
リンク元eperisone hydrochloride
関連記事エペリゾン」「」「塩酸

eperisone hydrochloride」

  [★]

  • 塩酸エペリゾン
eperisone


エペリゾン」

  [★]

eperisone
塩酸エペリゾン エペリゾン塩酸塩 eperisone hydrochloride
アチネスエペソエペナルドエペリッサーエペリナールエペルエボントンエンボイサンバゾンホマライトミオナールミオナベースミオペリゾンミオリラークリンプラール
筋弛緩薬中枢性筋弛緩薬
  • 脊髄レベルに作用して脊髄反射を抑制し、γ系に作用して筋紡錘の感度を緩和することにより、骨格筋緊張緩和作用を発揮する。
  • また、血管平滑筋に対するCaイオン拮抗作用および筋交感神経抑制作用により、血管を拡張して循環改善作用を示す。

適応疾患

  • 下記疾患による筋緊張状態の改善
  • 下記疾患による痙性麻痺
  • 脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、筋萎縮性側索硬化症、脳性小児麻痺、脊髄小脳変性症、脊髄血管障害、スモン(SMON)、その他の脳脊髄疾患



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡